奥飛騨温泉郷オートキャンプ場
場所 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷 道の駅「奥飛騨温泉郷上宝」の中    公式HP         
料金 電源サイト 5,000円、電源なしサイト 4,000円、 川岸のサイト 3,500円。入場料:初日のみ大人500円、子供300円。ゴミ収集協力金300円/泊。ちなみに今回は電源なし2泊で10,200円。
施設 炊事棟には洗面所や生ゴミの捨て場もあり清潔。おしいのはお湯が出ないこと。トイレも和洋式水洗です。ただ、少し隅のサイトからは遠いかも。また、ホースがあり、タープなどを洗い流せます。売店・自販機も充実。ここの売りはなんといっても温泉旅館のような露天風呂。これまたおしいのは、風呂場では体をあらえず、まずシャワー室(8分200円と安い)で洗ってからはいるところ。各サイトにゴミ箱あり。川沿いには小さな温泉プールもあります。
サイト はいって右は木の少ないサイト。左は木陰のサイトにわかれています。どちらか事前に指定ができます。川岸のサイトはまったくの平地で木がありません。電源サイトは隣との仕切りの生垣があります。各々のサイトには盛り土がしてあり、水はけも良く、ペグも程よく打ち易いです。ただ、虻が多いので用意が必要だと思います。
環境 山間を流れる高原川に面しており、前も後ろも山が直ぐ近く。高原川は大きいですが、小さな川がキャンプ場の前を流れており、そこで、川遊びやマスのつかみ取りなどができます。道の駅に近い側は少し車の音が気になります。
その他 近くにはA−Coopやディスカウント酒屋があり、買出しには困りません。また、道の駅ではイワナの塩焼きや飛騨牛なども売られており、面倒だったら外食も可。
利用日 2005年8月14〜16日

さすがに有名なキャンプ場だけあって、すべてが良くできています。

キャンプ日誌
第1日(くもりときどき雨)
安房峠を越えてキャンプ場についたのは、4時近く。指定されたサイトはサイトIIの24番。ここは木立の中で、トイレと炊事棟の直ぐ横。トイレが臭わないので非常に便利なサイトです。大きさも十分。さすがに有名なキャンプ場だけあって、車のナンバーはいろいろなところのものがあります。一山越えたので、関西弁もかなり耳に飛び込んできます。設営していると雨が降ってきました。さらに、牛テールを家に忘れてきたのに気づき、カレーだけ食べてそうそうに寝ました。
第2日(雨のちくもり)
コールマンのエアマットがまた空気抜けで潰れ(これで2つ買ったのが両方直ぐだめに)、お父さんが酷い寝違えに(その後数週間後の現在も直っていません)。今日も雨。本来キャンプ場とその周辺で遊ぼうと思っていましたが、計画変更で、洗濯乾燥後、午後高山市内に出かけることにしました。高山市内はやはり混んでいて、本来なら45分程度で着くところ、車を駐車できたのはキャンプ場を出てから1時間半程度後でした。明日また来るので、飛騨牛朴葉焼定食などを食べ、和雑貨のお店を見てすぐ退散。それにしても山の中ではぐずついた天気も、こちらは晴天。帰りの158号線沿いにはA−Coopなどがあるので、買出しは問題ありませんでした。帰って、キャンプ場の中を歩きましたが、非常に良くできたキャンプ場です。小雨でさすがにプールやマスのつかみ取りをしている子は少しでしたが、結構場内で楽しめそうです。ところで、お母さんは入り放題のお風呂に夜中にも入りました。
第3日(くもりときどき晴れ)
今日は漸く薄日がさし、皆タープなどを干していました。片付けて、当初から計画していた高山市内へ。


川側から見たキャンプ場           仕切られた電源付きサイト             河川敷のサイト


トイレ手前と炊事棟                    電源なしのサイト               木の無いほうのサイト

これが電源なしサイト1つの大きさ            プール(温水)                 風呂の建物

アスレチック                         池には結構な魚影が               マスのつかみ取り

高原川本流                       横の小川では遊べます              道の駅にはいろいろなお店が

キャンプトップヘ