前回と比べキャンプ場の変わった所や新たに気付いた所 トイレに虫がいなくて、洋式でウォシュレットがついているので、それを娘が大絶賛で、キャンプ場でこんなきれいな今までなかったと言っている。ちょっと褒めすぎでは。キャンプ場の公式HP
利用日 2010年5月1日〜5日

キャンプ日誌
第1日
 今年もGWはここへやってきました。お昼近くなると富士山周辺は一歩も進めないくらいの大渋滞になるので、早めにキャンプ場へ行きましたが、先客がいないので、サイトにいれてもらえました。でも、おなじみのご家族はいなくて、子供たちは近所のサイトのお子さんとキャンプの間なにかと遊んでいました。例によって目の前の川へ。今回もカジカや沢蟹を掴まえてたのしみましたが、前より少なくなったような気が。夜はDOで手羽やじゃがなどをロースト。
第2日
 今日は何回もこの近辺にきているにもかかわらず、1回もいっていなかった富士山にいってみることに。メインの入り口は河口湖側ですが、近い富士の宮口の五合目に。こちらは駐車場もわずかで申し訳程度。降りてちょっと行ってみると雪もすぐ近くに残っていて、さすがに寒く、頂上方向は霧がかかっていて見えず、そうそうに退散してきました。でも、野生の鹿が草をはんでいるのも見られ、まあ一度は行ってみるものという印象。スーパーで買い物をしてキャンプ場にもどりました。
第3日
 一日キャンプ場でのんびりすることに。昼は近くのお好み焼き屋に行こうと思いましが、月曜でお休み。また、川など遊び、親は本を読んだりして、のんびり。
第4日
今日は富士宮に下りて、富士山本宮浅間大社の流鏑馬祭りへ。まずジャスコに車を止めて、まず富士宮近辺の名産をかわった料理にするという「ママン」という店へ。ここで猪の頭でも養殖されている虹鱒の生の身とたまご(いくらのよう)をのせた虹鱒の一生丼をおいしくいただきました。ここは富士宮の牛乳を使ったマリリンメンローという名物ラーメンもありましたが、これは食べませんでした。浅間大社のお祭りは4日はまだ流鏑馬はやりませんが、神社の参道はすごい数の出店が出ていて、行ったことのあるお祭りでも最大規模でした。
第5日
 最終日は早々にかたずけて、今回ははじめて早い時間に御殿場のアウトレットへ。11時には魚河岸鮨のアウトレット店へ。もうちょっと遅かったらもう凄い行列になるところで、うまいこと並ぶことができましたが、いつも行く魚河岸鮨の支店だけあって、回転寿司といえどおいしくて満足。あとはいつものようにナイキなどで買い物をして帰宅。今回はずっと良い天気で本当に恵まれたゴールデンウイークでした。

 
キャンプ感想へ

キャンプ場の基本情報は1ページ目をご覧下さい。

猪の頭1回目


キャンプ場から見える富士山。              となりのペンギン村キャンプ場付近の川。       今回の収穫。

富士山五合目から頂上方向を見る。          ミニ鱒の一生丼。                     浅間大社流鏑馬祭。

猪の頭2回目

猪の頭3回目
猪の頭オートキャンプ場 5回目
猪の頭4回目