費用 個別サイト 5,250円、 フリーサイト 3,150円 (通常料金)、キャンプ大会参加費 800円/サイト、 温泉 400円(大人) 200円(小学生) 幼児無料。
サイト 個別サイトには電源がある。(コンセント2口) となりとの遮蔽物は無いが、とにかく広くて隣は気にならない。下は芝でペグ打ちも楽。
その他 キャンプ大会のせいか、とにかくスタッフが大勢いる。普通の私設のキャンプ場ではありえない人数。相変わらず施設も綺麗に整備されている。公園内には、フォレスパ大子(温泉プール)や長い滑り台のある公園、テニスコートなどもあり、楽しめる。
利用日 05年11月19日〜20日
第1日
7時前に東久留米の家を出て、常磐道経由キャンプ場に着いたのは、11時少し前。キャンプ大会の日は普段より早く入れるようです。今回は下の子の幼稚園の同級生一家といっしょです。設営しましたが、個別サイトは広すぎて、すきすきでタープとテントの距離があるという感じで驚きました。
1時からいよいよ秋のキャンプ大会の始まり。まず、出店でポップコーンやトン汁、甘酒などが無料でふるまわれました。我が家はすぐ横にテーブルを持ち出して、メイン会場の横に陣取り、その後もスモークした鶏、チーズ、ハムなどをGETしました。しかし、前回の時と違い、天ぷらもなければ、ダッチオーブンを使ったピザもなく、全然物足りませんでした。イベントとしては、りんご早むき大会やタープの達人(早く正確に設営を競う)などをやっていました。
夕食はブイヤベースを作って食べ、6時からはキャンプ大会のメインイベント。簡単なゲームのあと、ビンゴ大会。ビンゴは結局全員があたるし、はやくビンゴになっても商品は抽選なので、早いことは関係なしです。うちの子は例によって、自分の分が終わると、人のビンゴがどうだと話しかけて、おじさんから景品をもらったりして、本当に恥ずかしい。終わったあとは、管理棟の温泉に入り、あったまって寝ました。
第2日
昨晩は以前の春のキャンプ大会ほど寒くありませんでした。電源があるので、セラミックファンヒーターを使ったおかげもあったようです。それでも、朝起きると一面真っ白に霜がはっていて、テントも凍りついてバリバリでした。
横の公園で遊んで、帰りは東北道へ。道の駅で野菜を買って、いつもの佐野ICでおりました。で、いつものように「万里」でラーメンを食べて、アウトレットへ。佐野のアウトレットは来春(06年)に拡張するらしく、以前の駐車場が潰され、遠くなっていました。5時ごろ佐野をあとにして、7時ごろには東久留米に戻れました。それにしても、今回は同級生が一緒で、子ども達は楽しかったようです。
今回は途中でカメラが壊れて、写真は少なく、ほんの一部しか紹介できないのが、残念です。

広大なサイト。                        みんなに配られるキャンプ大会の記念撮影。
大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ その2
キャンプ感想TOPへ
詳しいキャンプ場情報は前のページでも
大子広域公園オートキャンプ場の1へ