千葉県九十九里浜 海の見える焼きはまぐりのお店「浜茶屋網元」店内の生け簀フォト

    HOME.お食事処 > 生け簀フォト> 貝の焼き方 蛤うんちく

 

店内に入りますと、すぐに生け簀があります。海水の入った水槽の中でごちそうが泳いでる、といった感じでしょうか・・・

 

 はまぐりは、国産天然物です。入荷は天候、漁獲の関係で増減いたしますが、漁師さんのご協力もあって、いつご来店 いただいても本はまぐりがお楽しみ頂ける様、大きな生け簀に置いています。 大きさは大中小とあります。写真の下角にある貝は「ゼンナ」というハマグリの子どもです。毎年春から夏頃まで出回る九十九里で獲れる大変美味な貝です(^^)  

 ※ネット情報上で、ゼンナ=朝鮮ハマグリ という記事をみましたが、ゼンナは国産ハマグリの子どもの名称です

 

   

築地の通称名は「白はま」、船橋辺りでは「大あさり」などと呼ばれています。大はまぐりほどある大きさのものもあります。 もともとは北米の重要な食用貝とされその美味しさには定評があった様ですが、今は立派な国産として漁獲されています。身はぷっくりとしていてミルキーな味。美味しくて評判なので、ご紹介いたしました。

 

 

 

 

 >このページの TOP

 

 

 


個人情報のお取り扱いについて

    HOME.> お食事処 >生け簀フォト> 貝の焼き方 > 蛤うんちく