東京国際モンテッソーリ教師トレーニングセンター



 東京国際モンテッソーリ教師トレーニングセンターは、国際モンテッソーリ協会(AMI=Association Montessori International)から認可された、日本で最初の国際トレーニングセンターです。1975年10月19日に開所以来これまで2000名以上の国際レベルのモンテッソーリ教師の養成にあたっています。

コースでは、子どもの発達を心身両面から援助する方法を、マリア・モンテッソーリ博士の児童心理学、教育理論、および実践を通して探求していきます。

国際モンテッソーリ協会で定められた規定の全課程を履修し、卒業試験に合格すると、AMI会長の名においてモンテッソーリ教師国際ディプロマ(3歳‐6歳レベル)が授与されます。このディプロマは国内外のモンテッソーリ教育の場で教えることのできる国際資格です。
目的
 日本をはじめアジア諸国におけるモンテッソーリ教育の普及、及び平和な環境を整えることのできる、優れた資質のモンテッソーリ幼児教育者の養成を目的とします。
プログラム
 モンテッソーリ研究のカリキュラムは、理論科目と実技指導に大別されています。
理論科目では、モンテッソーリの幼児心理教育理論、実践理論を学び、実技指導では、モンテッソーリの教具を使っての実践方法、教育実習を行います。
実践分野ではは日常生活の練習、感覚教育、言語教育、数教育、生物、地理、歴史、宗教などが含まれます。
指導にはAMI公認トレーナー及び当トレーニングセンターが適任と認めたスタッフがあたります。
国際モンテッソーリ協会では常にプログラムが検討され、国際的に統一されたプログラムが随時提供されます。
資格授与
全課程を修了し筆記試験と国際試験官による実技試験に合格した者には、AMI 総裁の名においてAMI公認の国際ディプロマ(3〜6歳)が授与されます。


所長 --

松本静子(AMI公認 国際トレーナー)

トレーニングスタッフ

-- 三浦勢津子(AMI公認 准トレーナー)
講師 -- 江島正子(群馬医療福祉大学大学院教授)
前之園幸一郎(青山学院大学名誉教授)
野村緑(聖アンナこどもの家 副園長)


★モンテッソーリ教育とは
★講義日程
★出願要項および入学手続
★当センターのあゆみ
★現在のセンター
★インフォメーション
★国際モンテッソーリ協会(AMI)
★AMI友の会NIPPON
★同窓会
★当センター付属園のご案内 ★アクセス・地図
★日本モンテッソーリ協会(JAM)


東京国際モンテッソーリ教師トレーニングセンター
〒252-0301 神奈川県相模原市南区鵜野森2-20-2
         TEL 042-746-7933
         FAX 042-741-9495
E-MAIL ami_tokyojp@ybb.ne.jp