早春の花
福寿草

井上浩芳・和子
Kazuko & Hiro Inoue
 

On Mar.8 , 2005


福寿草といえば、お正月の盆栽飾りで、梅の下の添え物としておなじみであるが、咲くには時期が早く、殆ど蕾の時の印象しかない。しかし、 この花、陽があたると、太陽に向かってパラボラアンテナのように開く。 その様子、同じキンポウゲ科 (ウマノアシガタ科) の栽培種・アネモネや、NZでの自生種・ Mt. Cook Buttercup と同じである。
赤色と青色のアネモネに福寿草の黄色の遺伝子を移植すれば、赤・青・黄色と3色揃った花ができあがるのだが...。
奈良県・西吉野村は、福寿草自生地の南限と言われていて、道路沿いの民有地の斜面に見ることが出来る。


大きめの画面をご覧の方は、各画面をクリックして下さい。
Click any thumbnail to view larger size image
.

- - -

- --


Return To