edit Edix  〜 Edixをいじる 
   

LEDチューン ポジション灯を交換!!

 取付 07.05.03 

 更にLEDチューン!

 ポジション灯は日亜の
NSPW500BSがまだ余っているので作る・・・・・・・気力がなく、偶然ヤフオクで見かけたバルブを自爆。¥1,600-

 Kingbright Fluxledが片側9個ついている。

 なので、そのままポン付けする。
 取り付ける前、電球の状態
 ボンネットを空けて、LEDに交換・・・・・・。

 と思いきや、手が入らない(−−;
最近の車はなんでこんなに手が入らないんでしょうね〜。
自動車設計のCAD化のせいか?

 しょうがないので、上からドライバーを入れてポジション灯のソケットを回す。ボディには傷がつかないようにウエスを当てた。
 LED交換後。

 純白というよりも青白い。
 いかも、サイドにLEDがあるので前方よりも全体に光る感じ。

 HIDには丁度いいかも。
 取付 07.07.18 

 その後やはり市販品にでは納得いかず(拡散光が強い為、更には青いため)、やはり自作に踏み切った(阿呆)

 材料はいつもお世話になっているしまりす堂さんにて注文。
5Φ3チップのSHD−HBWZP3とポジション用のT10 ウエッジベースを購入。
SHD−HBWZP3は初めて使う。
 5Φ3チップのSHD−HBWZP3の明るさを確かめるべく、日亜のNSPW500BSと比較。
3vにて点灯させた。

流石にNSPW500BSは光角15度と狭いので比較にならないかもしれませんが、明るさは断然SHD−HBWZP3の方が上。

しかし、3vでも暖かくなってきます>SHD−HBWZP3
 でいきなり完成(笑)

 片側にSHD−HBWZP3直列で4個。
ウエッジベースにはシリコンを詰めてLEDを固定しています。
 正面から見ると、何だか複眼の出目金みらたいだ。
製作時間、約45分。
シリコンの乾燥に1日。
 取りにくいポジション球をやっとのことで外して交換。
 写真では判りにくいが市販品よりも横への拡散が抑えられている。
しかも、明るい。
ポジション用ならSHD−HBWZP3 単発で十分かも。
 やはり自作が一番か。

 その後、1週間で両方とも切れました。
外しいて調べると、チップが焦げている箇所が何箇所か。
やはり定格とはいえオーバーロード気味だったようで、分解し手元にあった100Ωの抵抗を入れた。
その後、LED切れは発生していない。
 update 08.09.07 

 その後、両方とも調子がおかしくなり修正。

 LEDライセンスマーカーと同じ回路を組む。
ただし、こちらは4球なので、同じ回路を2個入れないといけない。
T10バルブケースに苦労して2個、317LZと抵抗を入れましたよ。
 入れるとやはりちょこっと飛び出した。
 それでも普通のT10ウェッジ球と同じくらいないので問題ないだろう。
 LEDとケース周りを白の接着剤で固める。
 旧バルブとの比較
LED半個分ほど長い。

 取り付けてみると、以前よりも明るい気がする。
2mぐらい先は、ポジションだけで十分な明るいさである。

忙しいのに、疲れた・・・・