6th April, 2006  
STUDIO VIVID(東京・代々木)
出演者:天野浩成さん オクイシュージさん



FM FUJI『RADICAL LEAGUE』
オクイシュージのオレがカバやねん
公開生放送



 2006年4月6日(木)、天野さんの3回目の御登場(曜日&DJさん違いも含めると4回目)のFM FUJI『RADICAL LEAGUE〜オクイシュージのオレがカバやねん!』の公開生放送、行ってきました!
 天野さんはこれまでの2回よりやや早く、番組開始早々の21時5分頃にはスタジオに入られていたような。
 御登場まで1時間近く、何をなさっているんだろう…と思いましたが、ラジオを聴いたらちょっと、それがわかったような(笑)。




【にこにこ。天野さん御登場】

 22:00少し前、これから天野さん御登場の“オクイの十戒”コーナーというときになって、天野さん、ブースに入り。
 少し茶色がかった髪を、さらっと真っ直ぐに下ろした素直な髪型、黒のジャケットの内側に黒のVネックのセーター(?)、その下に白Tシャツ、ジーンズ。
 スタジオの中ではかれるグレーのスリッパが結構似合うスタイル(笑)。
 入ってこられたときから、天野さんはなんだかうれしそうににこにこ。
 観覧者に手を振ったり、おじぎをしたり。




【“しいたけ焼いたの食べるようにしてるし” お久しぶり & 野菜食べたほうがええでばなし】

 『コーヒー』が流れる中、コーナースタート。
 今回は新年度一発目(ちなみに、『RADICAL LEAGUE』、4時間から3時間になったとのこと。コーナーリニューアルや時間移動等かなりあったようですが、ゲストコーナーの時間は変わらずでした)とのこと、3度目の登場! と紹介されると、天野さん「こんばんわー、よろしくおねがいしまーす!」と元気に。表情にっこにこ!
 短いスパンでの登場ですが、とりあえずお久しぶりです、と挨拶しあったオクイさん「あいっかわらずかっこええな、もうかなんなあ。ちぃちゃい顔してもー」というオクイさんの“ちぃちゃい顔して”が、すごく実感こもってて、ツボでした(そしてそんなオクイさんに「なんでですか」などと尋ねている天野さん…)。
 「三度目ということで、もうこの番組もオレのことも」というオクイさんに「もう、バッチリ」と天野さん。
 男性で三度目は珍しいよね、というオクイさんに、ホントですか? うれしいですね、と天野さん。意外やな、と思ってというオクイさんへの天野さんの“ありがとうございます…”がまた可愛く。

 前回(【2005年12月15日_FM FUJI『RADICAL LEAGUE』公開生放送】)、オクイさんは天野さんにもっと野菜を食べるように言ったけれど、その後どうなの? という話から。
 「ちゃんと食べるようにしてるんですよ。あと、ジュースも飲むようにしてるし。
 焼き鳥行っても、しいたけ焼いたの食べるようにしてるし」
 最後のしいたけにはオクイさん、笑っちゃった後「しいたけはいいけど…栄養あるんやろけど…まあ、しいたけうまいもんね」。
 好き嫌いはあったんやっけ、というオクイさんに、ないっすないっすないっすないっす、と、軽やかに答える天野さん。
 単純に食べなかっただけ、最近は食べてます、という天野さんに「そういえば肌の色が良くなったような」とオクイさん。
 「日焼けした?」「日焼けしてないですよ。」「いい顔色してる。なんか、疲れてないというか」「ありがとうございます」と、初対面では絶対できない、三度目の登場ならではのフレンドリーなやりとりが。




【“…えっと、ちょっと茶色の” 不評な家具ばなし】

 資料に“天野くん、がっかりの巻”とタイトルがついていたらしい話。
 前回は引っ越してなかなか家に帰れないなんて話もしてましたけども、ということで、オクイさん「もう帰れるようになった?」と、優しく。
 「最近、やっと言ってた家具を買い出して」と天野さん。
 タンスとかテレビ台だそうで、時間をかけて御自分で選んだとのこと(『HERO VISION Vol.21』の椿隆之さんのインタビューにまで“この間も僕が天野くんちに行って、「天野くーん、お酒飲みたい〜」って言って、勝手に飲んでて、天野くんはその間メジャー持って、家具のサイズ測るのにウロウロしてたりして。”なんて話が出てましたよね…)。
 どんな部屋に? には「ホテルみたいな部屋」。
 オクイさん「ホテル?」天野さん「ホテル」
 オクイさん「ということは、無駄なものは何もないような部屋!」
 天野さん「何もないような部屋、なんですけど、そうしようと思って今、無駄なものばかりですね!」
 “ばかりですね!”のところに、思い切り力がこもってる天野さん!!
 どういうことですか? という当然の問いに、天野さん「収納しきれない…」。
 何がそんなにあるのかも「なんかわかんないですね」と、認識おぼろな天野さんですが「服とか?」。
 クローゼットはあるけれど、クローゼットはいっぱい。引き出し=チェストは買ったけれど…
 天野さん「買ったけど、なんか…なんか、中がね、木のにおいっていうか、塗装のにおいがすごいんですよ。
 だから、一回Tシャツ全部入れてたんですけど、においついて、全部出して、全部洗濯。
 で、今は、その中拭いて、乾かしてて、芳香剤みたいなにおい取るやつ入れて、その作業中なんで、今その中に何も入れれないですよ!」…収納しきれないのももっともです!
 できたてほやほやのチェスと買ったの? 木のにおいじゃないの? とオクイさんに聞かれても、よくわからない天野さん。
 でも、デザイン気に入って買ったんでしょ? と尋ねられると「これでいいのかな、って買ったけど、ちょっと不評なんですよね」。
 どういうこと? どういうの買ったの? と、オクイさん思いっきり不審顔。チェスト不評って、あまり言わへんで、というオクイさんのお言葉、その通りです!
 天野さん「旅館の、エアコンが吹き出してくるやつみたいって言われた。」
 その天野さんの説明で、混乱の渦に陥っていくオクイさん…
 「旅館のエアコンってどんなんや」「格子みたいのがついてるの」「え、和風のやつ?」「…自分では和風だと思ってないんですけど、和風だね、って言われました」
 天野さん「雑誌の取材をしたんですよ(5月22日発売の『私の部屋づくり』?)。部屋の写真撮ってきてくれって言われて、たくさん撮って、会社の人に出したら、それ見て、そうやって言われたんですよ」。
 オクイさん「洋風なんでしょ基本?」天野さん「洋風」オクイさん「何色?」天野さん「茶色に茶色?」
 オクイさんが笑い出したのをみて、天野さん「濃い茶色に薄い茶色…」と言い直したりしてますが…(笑)。
 オクイさんが「普通もうちょっとさあ…」と言いかけてるのに「ラジオ聴いてる人、ものすごくわかりづらいですよね」と天野さん。ラジオ聴いてる人に限らず、目の前のオクイさんにも超わかりづらいようですよ!!
 オクイさん「すっごいわかりづらい!」
 天野さん「濃い茶色に」オクイさん「焦げ茶色?」
 天野さん「こげ茶色に…えっと、ちょっと茶色の」オクイさん「薄茶?」
 天野さん「薄茶の…あのー、横に格子みたいの」
 オクイさん「全然わかれへん! なんやねんそれ!」…笑っちゃってますオクイさん…
 「写真もってくればよかった…」と、真面目に“伝えなきゃ!”と思っている風の天野さん。
 オクイさん「もっと赤とか真っ白とかのあるやん。なんでそんな茶色って、いうたら地味な色!
 なぜ選んだの? 普通新居に行ったら壁が白いからそれに合うようにとか選ぶじゃん。もともとそういうのすきなの?」
 天野さん「いや、ベッドをなにげに注文したんですよ、はじめに。一番はじめに寝るの、ベッドだから。
 ベッド、こげ茶だったんですよ。
 それに合わせるのを選んでたら、なかなか合う色がなくて、結局買ったらそれしかなかったの」
 …と、最初に“なにげに”ベッドを選んじゃったのが運のつきというカンジの、薄幸の天野さん…
 オクイさん「…そう。それが、写真みせたら、なーんやこれ、って」天野さん「うん」
 オクイさん「みんな盛り上がりもなく」
 天野さん「盛り上がりもなく。え、これ買うの、そんな時間かかったの?って。」
 オクイさん、また思わずというカンジで笑っちゃった後「天野くんって、そういうとこあるよね! そういう地味なのやるし、見た目はわりと爽やか系なのに、爽やかな感じで明るい派手なの好きなんかなあって思ったら、焼き鳥屋一人で行ったりとか、ねえ…そういうとこあるよねえ」
 ここで、ちょっとへこんだように「なんか…間違えてますよね」と、声が沈む天野さん(笑)。
 「間違えてない! 間違えてない。絶対そっちのほうがええやろ! そんな表面的な派手さとか、いらんよ!」と、力強く言ってくださるオクイさんに、ごにょごにょと「…ありがとうございます」な天野さん。あんまりごにょごにょなんで、オクイさん「しっくりこなかったの?」と尋ねてくださったりして、そしてそのまま二人で顔を見合わせて笑ったり(なかよしさん!)。

 それにしても、携帯公式サイトで早々と情報提供くださった雑誌『私の部屋づくり』…
 会社に提出した段階でそんなに不評って、暗雲たちこめ状態なんじゃあ!
 …発売、むちゃむちゃ楽しみになりました!
 そんな不評で、天野さんには洋風に見えて会社の人には和風に見えて、旅館のエアコンが吹き出してくるようなチェスト…いったいどんな!!




【“お湯わかしたことないですもん” 『おいしいプロポーズ』ばなし】

 TBS系4月23日スタートの『おいしいプロポーズ』にイタリアンシェフ役で出演決定! という紹介をオクイさんから。
 オクイさん「オレも番宣とかで何度か拝見してるけど、ホントにやらなあかんのでしょ?」
 天野さん「ホントにやってますね! 現場では、はい」
 結構できる? ときかれると「できる…あのね、スパゲティはひっくり返せるようになりました! ばんばん」と天野さん。
 やったことなかったの? には「あんまりやったことなかったですね…ひっくり返すってこと、あんまりやんなかった」。
 あれ、ほんとのシェフが教えてくれはるの? という『おいしいプロポーズ』番宣でクローズアップしてくれてもいいような質問に「ほんもののひとがきてくれて、ずーっと…」
 手許も映って、できていないとバレる人にはバレるので、真っ剣にやっているとのこと。
 天野さん「だから、シェフ3人いるんですけど(注:長谷川京子さん、天野さん、大東俊介さん)、みんな空き時間とかなにげに残って、他のシーンとか撮影してるときに、自分達で練習してたりするんですよ」。
 そういうのっていいやな! 一回練習したら身につくから! 演技以外での部分でも。いいね! と、親身なカンジで言ってくださるオクイさんに、「いいきっかけだなあと思って」と天野さん。
 包丁も使う、という話から、イタリアンシェフの使う包丁は家庭で使う包丁とは違うんでしょ? と聞かれて「1本、4〜5万、…3万円ぐらいする?」 
 味付けはやっていないそうです。天野さん「見た目勝負で」
 覚えたらやりたくなるよね、と言われると「今、結構家が…ガスコンロっていうんですか? あるし」と天野さん(…いままでなかったんですか…?)。
 そして、家で練習したりすれば、してるの? には…
 天野さん「オレ、フライパンもってないんですよ」
 と、驚きのお答えが!
 えーっ! 全然やれへんの? と驚くオクイさんに「ほんとやらないです。今、お湯わかしたことないですもん」と、さらに驚愕の回答を重ねる天野さん!
 オクイさん、心底不思議そうに「なんで? そんなひと、たまにおんねん! 基本、キライだったの?」 
 天野さん「基本、やらなかったです。家で」
 オクイさん「洗濯好きやって言うてたやん!」 天野さん「洗濯好きなんですよ!」
 オクイさん「洗剤分けて! そんなんやってるのにお湯わかしたことないの? 風呂はわかしたことあるの?」
 と、天野さん、ちょっと得意げに「風呂は、沸かせます」。
 「やったことないの!? おもろいでえ!」とすすめられると「そうですね。鍋とかやりたいなって。まあ、もう季節じゃないですけど…」。
 オクイさんに「鍋? 鍋、フライパンとは関係あれへんやん! フライパンの話してたのにいきなり鍋って」と言われると「ごめんなさい」とあやまる天野さん。オクイさん「かめへんけど。その飛び方大好きやけど」。そしてまた、笑い合うおふたり…。




(続きはのちほどUP!!)




■ 天野浩成さん CD関連イベント ■
■ 牧歌的天野浩成さん情報 ■