前のページに戻る
 
       
下にスライドして行って、見てくださいね。


          27MHz帯を使用した、古い(玩具) トランシーバーの

       画像と、未入手機種の参考画像です。  2017.01.21 更新あり



        最下段に、(注意事項) を追加しています。 2016.08.15 更新


     ※  未入手機種の画像は、ネット検索でヒットした物を使用しています。
        問題がある場合は、ご連絡をお願い致します。

 

        所有しているトランシーバーは、学研の「 ラジホーン 」と、無電テレビ工業の「 MUDEN 」
        丸善の「 MASCOT 」、その他です。

        学研のラジホーンは、昭和37年生まれの自分が、小学生の時に無線と初めて出会った、
        
思い出のあるトランシーバーです。

        2016年09月現在で、27MHz帯を使用している ラジホーンシリーズ としては、
        31機種の存在を確認しています。 ( まだ未確認の機種があると思われます。)


        受信で使われている、超再生検波回路ですが、スプリアス発生の問題などがあり
        現在では、受信回路として、ほとんど使用されていません。
        最低限の部品数&回路で動作する無線機として、たいへん興味深いです。  


        各メーカー別に、画像を分けて記載するようにしました。 2016.08.15
        随時追加して行く予定です。


                        とりあえず、並べてみた画像です。
      

 

 

            各メーカーの トランシーバー まとめページ

 

                    MUDEN シリーズ トランシーバー

                    HINODE と MASCOT トランシーバー   2017.01.21 更新あり

                    TOMY と tact と NIKKO トランシーバー 

                    Bandai と TAKARA トランシーバー  2017.01.21 更新あり

                    ASAHI トランシーバー 2017.01.21 更新あり

                    YONEZAWA TOYS トランシーバー 2017.01.21 追加

                     アオシン トランシーバー 2017.01.21 追加

                    宮部光学 トランシーバー 2017.01.22 追加

                    FAIRMATE トランシーバー 2017.01.24 追加

                    スタンダード トランシーバー 2017.01.24 追加

                    メーカー等不明 トランシーバー  2017.01.21 更新あり

 

       学研 ラジホーン シリーズは、このまま下にスクロールして下さい。

 

 

                製造時期の大まかな見分け方

        発売初期に製造された物と、それ以降の物を区別する、簡単な見分け方があります。

        フタを開けて、基板に実装されているトランジスタが缶タイプの物は、古い機種です。

        また、抵抗の足(リード線)が、横方向に出ている物も古い機種です。

 

    トランジスタが、プラスチック成型品の物で、抵抗の足(リード線)が真上に出ている物は、後期型です。

    ※ 部品の切り替え時期により、新旧の部品が、混在して使用されている場合もあります。

 

 

 

   更新中      ラジホーン シリーズ (初期型と思われる)

 

    広告カタログ、使用されている部品などを参考にして、発売年代の古いと思われる順序から掲載してみました。
    学研品名番号が、発売順序に合致しているのかなどは、調べていません。
    順序を
間違えている可能性も大ですから、ご了承下さい。

 

         カタログを掲載しているブログ ⇒ あほじらす 様。

         カタログを掲載しているブログ ⇒ 覆面える 様。(その1)

         カタログを掲載しているブログ ⇒ 覆面える 様。(その2)

         ラジホーンのテレビCM You Tube ⇒ 【懐かCM】年代不明 学研 ラジホーン 

 

    同時期に併売されていて、かなり分かりづらいのですが、製品に付いているエンブレムを見ると
    下記の 4〜5シリーズ があったと思われます。 (実際に、シリーズ化されていたのかは不明です。)
    この頃は、CQ1〜CQ6 などのように、正式なシリーズ名と、通し番号が付けられていません。
    その為なのか、同一の名称を付けられた機種が存在しています。

 

                   クリック ⇒ ラジホーン シリーズ 取説      2017.01.23 更新あり

                   クリック ⇒ ラジホーン シリーズ 箱画像  2017.01.22 更新あり

 

 

         コール ラジホーン  学研品名番号81139   ( TX水晶発振式 3Transistor )  

         相手に、呼び出し音(ブザー音)を送ることが出来ます。 ボリューム調整付き。
         発売・販売時期による違いか、同一機種名が存在しています。
         PTT-SW が、正面右側についています。 ( 輸出仕様 ? )

       

 

 

 

                            シグナル ラジホーン

               未入手です。 ( 下記はネット検索で拾った参考画像です。)
               PTT-SW が、正面右側についています。
( 輸出仕様 ?

                          

 

 

 

 

 

      ニューコール ラジホーン   ( TX水晶発振式 3Transistor )

      相手に、呼び出し音(ブザー音)を送ることが出来ます。 ボリューム調整付き。  
     

 

 

 

 

    ミニ ラジホーン  学研品名番号81367   ( TX自励発振式 3Transistor )

 ON-OFF のスイッチだけで、ボリューム調整はありません。 発売・販売時期による違いか、同一機種名が存在しています。
 外観が同じで、PTT-SW の色が赤い、エコーラジホーン と言う機種があるようです。
 オークションの画像で確認した所、内部の基板は別物で、トランジスタも缶タイプではないようです。

 

 

 

                                  ラジホーン ジュニア

                      未入手です。 ( 下記はネット検索で拾った参考画像です。)
                画像を見ると、
トランジスタは、缶タイプ3石で、ボリューム調整はないようです。

 

 

 

 

     ニューシグナル ラジホーン  学研品名番号81081   ( TX水晶発振式 4Transistor )

     相手に、呼び出し音(ブザー音)を送ることが出来ます。 ボリューム調整付き。
     SIGNAL 表示ランプ付きです。

     新・旧タイプの部品が混在して使用されている物もあるようです。   
     画像は、 ハママツHM21/JI2CIY  様のブログをご参照願います。

   

 

 

 

     ニュー ラジホーン6  学研品名番号81082   ( TX水晶発振式 6Transistor )

     同時期に発売されていた中で、最上位となる機種です。 ボリューム調整付き。
     新・旧タイプの部品が混在して使用されています。
  

   

 

 

 


 

           ジュニア ラジホーン  学研品名番号81100   ( TX自励発振式 3Transistor )

   左側にあるボリュームのように見えるツマミは、ON-OFF スイッチです。 ボリューム調整はありません。

 

 

 

      ミニ ラジホーン   ( TX自励発振式 3Transistor )

      ボリューム調整付き。  発売・販売時期による違いか、同一機種名が存在しています。

       


 

 

                             コール ラジホーン  学研品名番号81102   

              未入手です。 ( 下記はネット検索で拾った参考画像です。)
              発売・販売時期による違いか、同一機種名が存在しています。

 

 

 

                                エコー ラジホーン

            未入手です。 ( 下記はネット検索で拾った参考画像です。)
            外観は、ミニ ラジホーン と同じと思われます。 違う部分は、PTT-SW の色が赤です。
            基板を見ると、別物である事が分かります。  トランジスタも缶タイプではないようです。

 

 

 

 

                ラジホーン GXシリーズ

 

                        クリック ⇒ ラジホーン GXシリーズ 取説


 

                            ラジホーン GX-エコー      ( TX自励発振式 3Transistor )

     正式名称が不明でしたが、掲示板に書き込んで頂いた情報により、機種名が判明致しました。 (2016.08.28 判明)
     ON-OFF のスイッチだけで、ボリューム調整はありません。

 

 

 

                       ラジホーン GX-3  学研品名番号81110   ( TX自励発振式 3Transistor )

           ON-OFF のスイッチだけで、ボリューム調整はありません。

 

 

 

 

         ラジホーン GX-3D  学研品名番号81111   ( TX自励発振式 3Transistor )

         上記の機種に、ボリューム調整付きなので、GX-3D の D は、Deluxe ?
       

 

 

 

                                                         ラジホーン GX-4

            未入手です。 ( 下記はネット検索で拾った参考画像です。)
          

 

 

 

                        ラジホーン GX-5  学研品名番号81113   ( TX水晶発振式 5Transistor )

              相手に、呼び出し音(ブザー音)を送ることが出来ます。 ボリューム調整付き。

 

 

 

                  ラジホーン GX-6  学研品名番号81114   ( TX水晶発振式 6Transistor )

        相手に、呼び出し音(ブザー音)を送ることが出来ます。 ボリューム調整付き。

          

 

 

 

      ラジホーン GX-7  学研品名番号81119   ( TX水晶発振式 5Transistor )

      受信時に、チューニングツマミで、CB無線の1〜40チャンネルまで、受信できる仕様です。
      ボリューム調整付き。  GXシリーズの最上位機種となります。
      CQ6 と、同じ物です。 GX-7 のリネーム品が、CQ6 と思われます。

      内部画像追加ページへ  

 

 

 

      

               ラジホーン CQシリーズ

 

                      クリック ⇒ ラジホーン CQシリーズ 取説

 

               ラジホーン CQ1  学研品名番号81061   ( TX自励発振式 3Transistor )

     相手に、呼び出し音(ブザー音)を送ることが出来ます。 ボリューム調整はありません。  
       

 

 

 

                ラジホーン CQ2  学研品名番号81062   ( TX自励発振式 3Transistor )

       相手に、呼び出し音(ブザー音)を送ることが出来ます。 ボリューム調整付き。  

 

 

 

                     ラジホーン CQ3  学研品名番号81063   ( TX自励発振式 3Transistor )

            相手に、呼び出し音(ブザー音)を送ることが出来ます。 ボリューム調整付き。  

 

 

 

                         ラジホーン CQ4  学研品名番号81064   ( TX水晶発振式 7Transistor )

           相手に、呼び出し音(ブザー音)を送ることが出来ます。 ボリューム調整付き。
                           内部画像追加ページへ    

 

 

 

      ラジホーン CQ5  学研品名番号81065   ( TX水晶発振式 ラジオ有 10Transistor、 無 9Transistor )

      アンテナ部が、折りたためる仕様です。 1台には、AMラジオ機能が付いています。
      相手に、呼び出し音(ブザー音)を送ることが出来ます。 ボリューム調整付き。
                                        内部画像追加ページへ    


 

 


      ラジホーン CQ6 (GX-7)  学研品名番号81066   ( TX水晶発振式 5Transistor )

      受信時に、チューニングツマミで、CB無線の1〜40チャンネルまで、受信できる仕様です。
      ボリューム調整付き。
  CQシリーズの最上位機種となります。 GX-7 と、同じ物です。

      プラスチックの裏フタには、MANUFACTURED FOR  COLECO INDUSTRIES, INC  AMSTERDAM   NEW YORK
             MADE IN JAPAN
と文字があります。 COLECO社から、学研が製品の供給を受けたと言う事でしょうか。
                               内部画像追加ページへ  

       



 

 


                ラジホーン GTシリーズ ( 最終型と思われる )

 

                         クリック ⇒ ラジホーン GTシリーズ 取説


              ラジホーン GT-01  学研品名番号81131   ( TX自励発振式 3Transistor )

      相手に、呼び出し音(ブザー音)を送ることが出来ます。 ボリューム調整はありません。
                                   
 内部画像追加ページへ  



 

 

                  ラジホーン GT-02  学研品名番号81132   ( TX自励発振式 3Transistor )

        相手に、呼び出し音(ブザー音)を送ることが出来ます。 ボリューム調整付き。
                            内部画像追加ページへ   

 

 

                  ラジホーン GT-03  学研品名番号81133   ( TX自励発振式 5Transistor )

        相手に、呼び出し音(ブザー音)を送ることが出来ます。 ボリューム調整付き。  
                              内部画像追加ページへ  

 


 

                  ラジホーン GT-04  学研品名番号81134   ( TX水晶発振式 5Transistor )

        相手に、呼び出し音(ブザー音)を送ることが出来ます。 ボリューム調整付き。
                               内部画像追加ページへ    



 


                  ラジホーン GT-05  学研品名番号81135   ( TX水晶発振式 1-IC  3Transistor )

        相手に、呼び出し音(ブザー音)を送ることが出来ます。 ボリューム調整付き。
        受信は、シングルスーパーヘテロダイン方式 ( IF段フィルターなし ) です。
        この機種は、スピーカー兼用マイクではなく、コンデンサマイクを使用しています。
  
                      



 

                   (未入手) ラジホーン GT-06    学研品名番号81136   ( TX水晶発振式 2-IC  3Transistor )

    ラジホーンの中で、最上位機種となります。
    合法CBの技術基準適合機ですが、
技適シールの 有り ・ 無しの2種類が存在しています
    技適シールが貼ってある個体は、現在でも使用可能です。
( 2016年09月 記載の時点にて

    内部の詳細は、こちらをクリックして、ご覧下さい。 ⇒ 
学研 CB-300 画像資料

    右の画像で、青い部分が、技術基準適合証明シールです。 (これがあれば、現在でも使用できます。)

                        ( 下記はネット検索で拾った参考画像です。)

 

 

 

                ラジホーン CB-300  学研品名番号81137   ( TX水晶発振式 2-IC  3Transistor )

    ラジホーンの、全シリーズを通して、最終版となります。
    GTシリーズとは違っている
、CB-300 と言う型番となっています。
    合法CBの技術基準適合機ですが、
技適シールの付いている個体を、自分は
見たことがありません。
    技適シールが貼ってある物は、現在でも使用可能です。
( 2016年09月 記載の時点にて )
    GT-06 と、CB-300 は、名称が違うだけで同じものと思われます。

    内部の詳細は、こちらをクリックして、ご覧下さい。 ⇒  学研 CB-300 画像資料
    GT-06 と違って、ボディー全体が、黒系の色になっています。

 

 

 

   ( 注意事項 )  上記トランシーバーが製造・販売されていた時期に適用されていた

            電波法のレギュレーションと、現在の内容では相違があります。

            送信時に、免許が不要で使用できる微弱電波の規格や、

            受信時など静的動作時における不要輻射などの規格を見ると

            ここで紹介したトランシーバーのほとんどは、

            現在、使用できない可能性が高いと思われます。

            連絡用途などで、実際に使用される場合は、自己責任にてお願い致します。

            詳しくは、こちらをご覧下さい。 ⇒ 総務省 微弱無線局の規定

                                 ⇒ たくさん使われている微弱無線局                                              

          ※ 受信回路が超再生方式の場合、受信しているだけでも、

             アンテナから、不要な電波(スプリアス)を発射してしまいます。

 

 

                                            ( その他 )

 

           上記トランシーバーが販売されていた当時、無許可で使用できる周波数は、
            27.125MHzに統一されていました。 (GT-06、CB-300 を除く)
            従って、違うメーカーのトランシーバー同士でも、交信することが出来ました。
            ※ 一部の機種では、周波数が違う物もあったようです。(輸出仕様かもしれません。)

          ◆TX(送信)の、自励発振式は、コスト的に安く出来ますが、送信する周波数が安定しません。
            シリーズの下位にあたる、安い価格帯の機種で、採用されている事が多いようです。
            水晶発振式は、決められた周波数の 27.125MHz を安定して送信する事が出来ます。
            到達距離も伸びる事から、上位の機種で採用されています。

           どの機種も、回路的には大差はありません。 (GT-05、GT-06、CB-300、MUDEN MT008 を除く)
            上位機種で、トランジスタが多く使われているのは、低周波増幅段で利得を稼ぐ為です。

          ぁ/緇夙振式の場合、水晶を交換する事により、合法CB機の周波数や、違法CB機の周波数でも
            使用する事が出来ました。  当時、実験した人は、結構いたのではないでしょうか。

          ァ/緇夙振式で、水晶が白いプラスチックモールドの物である場合、
            経年劣化により、周波数が下側にずれていたり、発振不良となっている場合が多いです。
            ハンダ付けができるなら、新品と交換すると言う選択肢もあります。
            27.125MHz の水晶発振子は、200円位から販売されています。
            水晶は、サトー電気などで通信販売しています。 ⇒ サトー電気のサイト

          Α〇匐,虜△蓮◆ アンテナを長くすれば、より遠くまで届く。 」 と、思ったのは、
            自分だけではない ? はずです。
            実際には、リード線や針金などのアンテナを付け足して、かなり長くしても、
            思ったほどの効果は無かったと思われます。 

            送信が自励発振式だと、アンテナ負荷の変動により、送信周波数がズレてしまったはずです。
            また、受信の超再生方式も、ロッドアンテナの長さで、最良の感度に調整されている為、
            感度が低下したり、同調周波数がズレた可能性があります。
            「 俺が改造したんだ 。」 と言う、思い込み効果が大きいチューンUPですよね。

          Аヽ惴Δ離薀献曄璽鵑任垢、まだ自分が入手していない機種がたくさんあります。
            どれだけの機種が存在したのか、はっきりとは分かりません。
            また、
日本国内で、かなりの販売台数だと思います。
            収集当初は、すぐにコンプリート出来ると思っていましたが、なかなか大変です。

          ─\渋で代の特定についてですが、使用されている部品や、スピーカーに
            記載されているメーカー名などにより、
ある程度分かるかもしれません。

           螢レタパブリッシングが、刊行している雑誌 「昭和40年男」  2016年09月10日発売の
            
Vol.39号に、学研ラジホーンの開発担当者の話しが掲載されています。
            http://www.crete.co.jp/magazine/

            http://www.s40otoko.com/archives/42014

             
           不定期ではありますが、続きをUPして行きたいと思っています。

           記載間違い等がありましたら、ご連絡をお願い致します。


           前のページに戻る