前のページに戻る

      下にスライドして行って、見てくださいね。

 




      CB機 NEW COLT450【新・旧】 の調整用画像

       下記の画像は、デルタチューニングの付いている旧基板タイプです。

      


    新、旧 2種類の基板があります。

    同調コイルの配置などは、ほぼ同じです。 


    
受信の調整について。

    アンテナをつなぎ、雑音しか受信できない場合は、コイル・コアを回して、
    受信音(雑音)が、大きく聞こえる点に、コアを回して調整します。

    ローカル局などの電波を受信できる場合は、Sメーターの振れが、1番大きくなる点に
    コアを回して調整します。

    通常は、
RX1~RX3のコイルまで、順番に調整すればOKです。
    受信感度が悪かったり、コアを回した形跡がある場合は、
RX1~RX8まで、順番に調整してください。

               【 新 基板 】

    送信の調整について。

    ダミーロードか、終端型電力計を接続して、調整します。
 
    アンテナと通過型電力計(SWR&電力計)を接続して調整も出来ますが、
    他局に迷惑がかからないように、周波数などに十分配慮してください。
 
    マッチングの取れたアンテナがあれば、内蔵パワーメーターを見ながらの調整でもOKです。

    まず、ダミーロードかアンテナをつなぎ送信状態にしてみます。
    少しでも、パワー計が振れたらOKです。
    この時に、28MHzを受信できる無線機などで、送信周波数を確認して下さい。

    多少、ずれていても28MHzの電波が出ていれば良いです。


    次に、チャンネルを、主に使用する周波数の所に合わせます。

    28.305MHzで調整する場合は、必ずダミーロードを使用してください。
    それ以外の周波数で、アンテナを接続して調整する場合でも、
    他局への混信などに十分に配慮して下さい。

    送信状態のままで、
TX1~TX7コイルまで、パワーが最大になるように
    順番に調整してください。
    これで、送信回路のコイル調整は完了です。

    ※ TX8コイルは、空芯コイルです。


    ( 注意 )  最終的には、良くマッチングの取れた、28MHz帯のアンテナを接続して、
            各コイルを調整して下さい。

           ダミーロードの調整だけだと、28MHz帯以外も含む、スプリアスの
           出力MAXに調整してしまう可能性があります。

           出力も最大限に出したい所ですが、SWRが良好になるように、
           各コイルを調整して下さい。

           ダミーロードは、共振性の無い純粋な負荷です。
           出力に、どのような周波数が含まれていようとも、吸収してしまいます。

           アンテナは、特定の周波数に共振しますから、それ以外の周波数が
           含まれていた場合は、反射波となります。
           つまり、SWRが悪くなります。

           高価なスペクトラムアナライザーなどの測定器が無くても、アマチュア的な
           工夫で、少しでもスプリアスを減らすように調整しましょう。


                             【 旧 基板 】
  


    通常は、RX1~RX3のコイルまで、順番に調整すればOKです。
    受信感度が悪かったり、コアを回した形跡がある場合は、
RX1~RX7まで、順番に調整してください。

    送信状態のままで、TX1~TX7コイルまで、パワーが最大になるように
    順番に調整してください。

    ノイズブランカ用の NB1~NB4 コイルは、そのままでOKです。 

 

    送受信周波数の調整について。

    送受信周波数のズレが、1kHz位であれば、実用範囲だと考えて良いと思います。

    それ以上ズレている場合は、遠距離の交信時に感度が低下するので調整が必要です。

 

    送信の状態で、下記を確認します。

    ① 送信周波数を確認します。

    ② ずれていたら、親石(水晶)の発振周波数を調整して修正します。

 

          上記を参考にして、改造する場合、自己責任にてお願い致します。

     不明な点、間違いなどがあれば、ご連絡下さい。 

          
前のページに戻る