CQ-STARM基板 ダウンロードのページ

 「CQ-STARM基板をいじる」に関するファイルのダウンロードはこのページから行います。

2008/04/18(Fri) (初回)公開
Hex2DFU.EXE バイナリ・ソース Hex2DFU.LZH 約39KB
    公開するのは最初から Ver.0.2 です。
    何をするプログラムなのか? や使い方といったことは 親ページ と Hex2DFU.EXE を実行して 表示されるヘルプや添付のソースを見てください。
    Hex2DFU.EXE はコマンドライン(DOS窓)用のプログラムです。 意味の分からない人には使えません。

2008/04/18(Fri) (初回)公開
実験サンプル 傾きマウス バイナリ(DFU)・ソース cqstarm1.LZH 約83KB
 Keil開発環境 / CQ-STARM基板 専用
    作業ディレクトリを作って、そこに展開してください。
    スペースが入るようなパスやディレクトリ名は使わないように!
    漢字を使うなんてもっての他です。


    (インストールしてないので)IAR開発環境のことは全く考えていません。
    私は Keil開発環境のインストール先を "E:\Dtool\" に変更しているので 一部ファイルパスを変更する必要があります(自分のインストール先から  STM32F10xD.LIB を探してください)。 理解している人ならば JoyStickMouse.Uv2 をテキストエディタで書き換える方が 早いです。念のため、ビルド前に各種設定を確認してください。
    また、DFUファイル変換用に Hex2DFU.EXE を呼び出すようになっています。

    面倒ならビルド済の CQjm.DFU を使えばいいです。

    ファイルの日付が 2008年4月以降のファイルが改造の為に書き換えた分です。 それより日付が前のファイルはオリジナルから手を加えていません。

2008/05/03(Sat) 公開
加速度ロガー(Tiny Logger) バイナリ(DFU)・ソース cqstarm2.LZH 約94KB

 諸注意は上に同じ。バイナリは TinyLog.DFU です。


積極的なサポートをするつもりは毛頭ないので Do it yourself. の精神でお願いします。

「CQ-STARM基板をいじる」に戻る