04/12

何てこったコンチクショウ!!
らいなです('A`)ウボァー

@niftyの姑息な陰謀で回線が繋がりませんよファキン!!
って事でこんなカンジに纏めて更新って事になっちまってますハイ(´・ω・`)

何かもうね。にふてぃー社員をブチ*してやりたい気分。
いやゴメン。迂闊な事書いて逮捕ktkr!! とかカンベンだからさ?

まぁ、諸悪の根源ってか全ての原因は・・・



 書 類 不 備



なんですけどねー('A`)
いきなり回線ブッチする前に書類とかで通知しろってんだ糞ガッ!!

お陰で04/01の祭りに乗れなかった上に俺様謹製の至高の、最高のネタが水泡と帰する羽目に・・・
至高のネタなんて考えてネェよヽ(`д´)ノ
ぶっちゃけ四月馬鹿ネタなど全く考えてなかったんだ。スマンな。
それにしても回線ぬるぽ。マジでぬるぽ。

にふちーファキン!!



で、ヒマだから日記代わりにダラダラとイロイロ書いてあるんで。
まぁ読め。ヒマなら。いや強要しないぜ? ってか寧ろ読むな。
ひぐらしやってた、ただソレだけだから。
そういやTVアニメのもやってたな。



つか、やっぱひぐらしの犯人。ワラキア様じゃないか?
目明し編までやったんだが、「祟りが起きても不思議じゃない土壌」だとか、
「○○が殺されても仕方ない状況」だとか、「村人への意識の蔓延」だとか。
実際起きた事で言えば、トミーの変死とか、雛見沢ガスとか。
そういやメルブラの某G妹ルートで、ワラキア様効果で琥珀さんが色々とパウワァアーップ!! してたな?
アレもほら、ひぐらしで言うと圭一がKOOLモード(笑)になった時の異様な能力とか、
或いは鬼モードな詩音・・・この場合魅音と言うべきか? 入れ替わりすぎだからヤヤコイな。
まぁ、要するに犯人の方な。 アレも死体運んだりする時異様なパウワァあったし。ワラキア様効果じゃね?

すげぇな。あの村にチョイと一人ワラキア様投下するだけで、全て解決するんだぜ?
もうそうとしか思えねぇよ。 チビりそうだ。

・ ・と、まぁアフォな事書 てみたワケだが。 鵜呑 にする よ?
概ねネ だし、実際居れ 全て解決だ も思 が。 流石にソ は無い ろ。
っ かそん オチだ たらミス リーと て終わ てる ゃな かw w  wっう ww w



そうそう、ここまで書いててアレだが、04/01の分の嘘を一つ忍ばせておいたんだ。
今更でスマンな。一つだけだ。些細な嘘を、な? 何となくだぜ?
っつーワケでだ、まぁバラしちまうと・・・



 高 ネ  んて え  ェ ヽ `   ノ
ぶ  ゃ 四    タな  く  て  っ  だ。ス   。
そ   て 回 ぬ  。マ   る く  け けけ
くけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけ!!!!

回線ブッチはガチだぜ、いやマジで

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
20/09/16/19 02/12/15/07の07:0A頁

どうにか纏まらない物か。

・全ての黒幕
 恐らくは鷹野さん。その配下が『山狗』だろう。
 では鷹野さんの動機は? イロイロ考えてみた。
 1.雛見沢で実験してたが、何らかの都合で邪魔になった。
  =世の中に露見しかけたとか、必要無くなったとかかな?
 2.同じく、実験してたが、証拠隠滅する必要が出てきた。
  =残しちゃマズいし、とりあえず根絶しようかな? っと。
 3.実はオヤシロ様信仰への好奇心と挑戦。
  =有りそうだ、彼女の異様なまでの好奇心なら。
 4.復讐。
  =私ぁコレが一番有力かな。 じゃあ誰の? ってなるけど。
   私の説はこうだ。 『彼女の祖父の復讐』
   そもそも雛見沢が発展したのは、魅音の祖父が軍から食料持ち帰って、
   それを闇市で売り払って財産にしたのが始まりらしい。
   その食料管理云々で、園崎祖父(名前知らん)の上司だった鷹野祖父に責任及んだ、とか。
   或いは目明しで詩音が言ってた人肉缶詰云々の話、葛西から聞いた話のアレンジらしいが。
   人肉云々の部分が事実で、園崎祖父の人肉缶詰を告白した人物が鷹野祖父とか。
   …後者なら、祖父の時点で園崎に恨み抱いてそうだが。 告白直後に消されたとかか?
 …と、まぁこんなもんか。

・富竹の素性と死因
 入江や鷹野をリサーチしに来てたんじゃなかろうか。 だから『リサさん=富竹』
 アシスタントをアシさん、マネージャーをマネさん。 そういう感覚で?
 だからカメラマンは偽りの姿、殺された理由は余計な事を知った、或いは報告する恐れアリ?
 喉を掻き毟る理由は不明。 掻き毟る行為自体も含めて考えると…
 1.中の何かを取り出したい。
  =何か入れられた? 死後残らないなら生物か?
   孵化寸前のウジ虫でも入れたら、キモいし動くから必死に掘り出そうとするかな?
   …死体発見までにハエになってちゃんと飛んでいくか怪しいが。 抜け殻残りそうだし。
 2.寒い。
  =掻いたんじゃなく摩擦で暖めようとしていた?
   …確かに、引っ掻いたら熱を持ったような痛みで、熱い錯覚はあるが…
   根本的解決にはならんなぁ。 発症してたなら、アリか…?
 3.異物感がある。
  =1と同じか、コレは。 喉に空気注射とかしたらどうなるんだろうか、と思っただけなんだが。
 4.痒い。
  =一番素直だが、じゃあ何で喉が痒いんだ? っていう。
   蚊如きじゃどうにもならんし。 痒くなる薬…?
   山芋塗りたくったとか!! …ねーなww
 …一番有り得そうなのは、一番有り得ない答えなんだが、未知の薬、じゃないか?
 梨花が持ってたのがワクチンか毒か知らんが、同じ類の薬物を用いたんじゃなかろうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
20/09/16/19 02/12/15/07の07:08頁

祟殺し編追記

・北条鉄平の所在
 ほぼ確実に死亡或いは失踪しているんじゃないか? と思うようになった。
 理由としては、翌日学校で、沙都子の件に『やけに冷たい反応の魅音とレナ』である。
 これは、『放っておいたら片付く』という発言からも見て取れる。
 真意としては、魅音もレナも、何らかの理由で『鉄平が消えた』のを知っており、
 しかし沙都子は叔父の呪縛から逃げられず、幻影に怯えている。
 つまり、時間が経てば解決するだろう、程度には安心しているんじゃないか?
 そうなると、やはり沙都子の妄想か。

・殺したのは…?
 圭一は北条鉄平を呼び出した。だが殺害したのが本当に『北条鉄平』なのかは不明。
 幾つかの可能性を挙げてみる。
  1.見間違え説
    圭一が殺したのは全くの他人。『オヤシロ病』状態だとしたら、見間違えはアリか。
    そのまま赤の他人殺害、遺棄。
  2.二つの死体説
    圭一が殴打し、殺したのが死体A。 その後穴を掘って埋めたのが死体Bだとしたら?
    有り得ない話じゃないんだが。その場合、後にどう言った違いが出るのかが不明。ボツか。
  3.本人説
    今はコレが一番有力かな、やっぱ。生きてるって話は沙都子の妄想。
    最後の雛見沢ガスでも死体出ず行方不明、恐らく警察署にも行ってないハズだし。

・死体は…?
 埋めた死体はどこに消えたのか、と言う話。
  1.誰かが動かした説
    魅音辺りが有力か。圭一の犯行と知り、大石が嗅ぎ回ってると気付く。
    危険と判断して場所を移動し、仲間達と圭一のアリバイを偽装する。
    或いは、大石が言うように『村ぐるみ』でアリバイを作ったのかも。
  2.二つの穴説
    圭一がここに埋めようと予定していた穴A。実際に埋めた穴B。
    掘り返す時、穴Aの場所を掘っていた? 可能性は低いか。
  3.二つの穴説+
    圭一が穴の場所を判断したのは『ランタンの位置』である。
    ならば誰かが穴を掘り、そのまま埋めて、ランタンをそこに置いた可能性は?
    穴の深さは、『圭一が掘ったより深く、刑事が掘った感じだと、掘り返す様だ』
    つまり誰かが、圭一のソレより深い穴を掘っていた、と言う事になる。

・纏めると?
 圭一は叔父を殺害、遺棄。 綿流しに圭一が居た、と言うのはアリバイ工作。
 叔父が帰ってきた、と言うのは妄言。 入江の死は自殺? 『山狗』?
 大石の失踪も恐らく『山狗』じゃないかと思う。 鷹野さん一人では無理か。
 梨花ちゃまの殺害は腸流しのソレ。 犯人は鷹野さんではないか?
 最後の大災害は不明。 鷹野さんならやりそうだが、問題は規模が大きすぎる事。
 手段は…国家ぐるみの情報操作? 実はガスなんて発生していない? 現実的に難しいか。
 ガスに関しては、硫黄の様な臭いと、大量の昆虫の死骸が存在していたし。
 となると圭一の生存理由は不明。 鷹野さんが撹乱の為に敢えて生かした?

・『オヤシロ病』と入江診療所
 恐らくだが、雛見沢には、珍しい病。或いは特有の病が存在してるんじゃないか? と思う。
 何度も書いた事ではあるが、症状は…
 『初期=人間不信・軽度の妄想』
 『中期=猜疑心・被害妄想・幻覚・幻聴』
 『末期=突発的な暴力行為・自傷行動』
 …と、言った所だろうか? とりあえず『オヤシロ病』と呼称。
 症状を『誘発させる薬』と『抑える薬』が存在している?
 伝染性の病で、潜在的に蔓延している? 何らかの決定的な発症理由がある筈。
 恐らく入江診療所はその病の研究機関。 『山狗』は有事の際の特殊部隊、
 鷹野さんは現地指揮、連絡員みたいなのは…定期的に雛見沢に来て、
 鷹野さんと親しい…トミーが定期連絡? 或いはスポンサーか。
 当然ながら入江は研究員。 入江は治療方法確立が目的?
 鷹野達は…悪用しそうだ。 利害の一致で手を組んでるのか。
 つまり、鷹野さんが『オヤシロ病』患者を疑心暗鬼にさせ、
 症状悪化を誘発し、『山狗』がそれを確保する。 と言う構造か?
 鷹野さんは入江には内緒でやってそうだ、反対されそうだし。
 まぁ、まだ謎が多すぎる。

・鬼隠し&目明し 梨花ちゃまの注射
 梨花ちゃんが持ってた注射は、判断が難しい所ではある。
 相手が魅音だと思ってて、ワクチンを持って行ったのか、
 相手が詩音だと気付いてて、毒性のを持って行ったのか。
 逆に自分に刺されて喉を掻き毟ったのは、毒性だった為?
 それともその日の自分の分のワクチンを、魅音に使おうとした?
 そして自分に打たれるも、本来の時間を過ぎててタイムアップ、とか?
 この辺はまだまだ謎か。梨花ちゃまが仲間思いなのは確定なんだが。
 詩音を仲間と見なすのか、邪魔なら詩音は殺してもいいと思ってるのか。
 一体どちらなんだろうかで随分変わると思うんだが。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
20/09/16/19 02/12/15/07の07:07頁

随分と時間が経ってしまった。
なので少し纏めてみようかと思う。



必ず発生する(と思われる)出来事及び考察。

1.議長(だったか?)の孫誘拐事件
  ・犯人は園崎以外。班分けのネーミングから察するに『山狗』と同系列か?
   目的は…何だろう? 何らかの理由で雛見沢を守りたかった?
   『山狗』自体が園崎以外の雛見沢の人間で構成?
2.祟りの1年目、ダム現場監督バラバラ殺人
  ・これに関しては不明。犯人の最後の一人は生存? 死?
   雛見沢と言う地域に何らかの病が蔓延しているのならば、
   『鬼隠し』圭一同様に錯乱して殺害した可能性もあるか?
3.祟りの2年目、反対派一家夫婦の転落事件
  ・沙都子の目の前で転落した、らしい。
   沙都子は妻の連れ子、夫との関係は険悪。虐待も有ったかも?
   柵が壊れる様にトラップを仕掛けた?
4.祟りの3年目、神主夫婦変死事件。
  ・梨花ちゃんの両親だが…梨花ちゃんは真相知ってるっぽい?
   夫は御三家だが、婿養子だった為肩身が狭かった。
   夫が何らかの理由で殺害され、妻が疑問に感じ嗅ぎ回った為消された?
   →夫の死から妻の失踪までの時間が到底足りない。
5.祟りの4年目、主婦撲殺事件、及び北条悟史失踪事件。
  ・犯人は悟史、と思われているが実際どうだろうか。少し疑問に思えて来た。
   単純に彼の性格、これは殺人が可能とは思えない。そして何より…
   『彼のロッカーにバットがあった』 つまり、バットは使用していない。
   何者かが主婦を撲殺し、第三者を覚醒剤漬け(元から薬中かも)にして身代わりにした?
   悟史は家出? それとも…?
6.祭具殿侵入
  ・これは推測の域を出ないが、毎回やってるんじゃ無かろうかと。
   神社で富竹と鷹野が待ち合わせしていたのは、この場所の下見では?
   と言う事は不確定なのは『圭一、或いは他の誰かが侵入を目撃』する事の方であり、
   発覚していない、或いは圭一が知らないだけで、侵入は不可避なのでは…?
7.祟りの5年目、富竹ジロウ変死事件
  ・方法は相変わらず不明だが、犯人は確実に鷹野さんだと思う。
   『祟殺し』で彼女の車にトミーの自転車があったのは、死体を捨てに行く途中だからか。
   この時点で富竹はトランクの中で気絶? 降ろされてから発狂死かと思われる。
   推測の理由としては、死後のトミーを降ろしたならトランク、衣服に血痕が残る為。
   そんなハイリスクなヘマはしない筈。
   不確定事項である『綿流し』の焼死体発見はミス? それとも警察への何らかの誘導?



全体での考察

1.富竹ジロウ(仮名)
  ・本名ではなくペンネームで、フリーのカメラマンで、毎回殺される不運の男。
   殺される理由は不明。鷹野の祟りの再現で殺害される?
   もしかしたら鷹野に纏わる何か余計な事を知って居た可能性は否定できない。
   ちなみに『祟殺し』から察するに、別の場所で複数人(山狗か?)に殴打され、
   生きたまま鷹野の車で自転車もろとも、例の舗装と砂利の境目まで運ばれたと思われる。
2.鷹野三四(本名?)
  ・入江診療所の看護婦。私の予想では、『山狗』サイドとも繋がりはある筈。
   後述でもあるが、入江の部下で、『山狗』の上司ではないかと。
   更に直属の上司及び部下にしか指揮伝達ができない組織であれば、
   入江の命令を鷹野は聞くが、『山狗』は聞かない、とか。そういうのもあるかと。
   また、後述の『祟り』絡みで発症しつつある、そういう人間の前に現れて、
   余計な知識を吹き込んで不安や不信を煽っているフシが多々ある。
   純粋に楽しんでいるだけなのか、重症患者を作り出そうとしているのかは不明だが。
   ちなみに彼女の死、失踪はほぼ間違いなく偽装工作である。
   その上で富竹、梨花等を殺害。 更に大石達を『鬼隠し』にしている?
   一人では無理そうな犯行が多すぎる為、やはり『山狗』を使うのは確定か。
3.古手梨花
  ・ループ説…かなぁ? やっぱり。
   時折未来予知するし、奇妙な言動するし、妙に裏表あるし。謎の注射も持ってるな。
   裏表は多重人格なのか普段が演技なのかが分からない。
   後、ループの裏づけと言えば、『暇潰し』に置ける赤坂へ送った言葉、
   「東京へ帰らないと不幸な事が起きる」と言う文面にも見出せる。
   『暇潰し』の世界を見るのは、彼女にとっては初見ではないんじゃないか? と言う話だ。
   つまり前にも1度、或いは何度か『暇潰し』の世界を体験している為、赤坂の出身や末路を知ってた?
   注射器に関しては、入江と繋がりがあると考える…しかないよな。
   毒性のモノだとしたら、こんな子供に持たせるか怪しいから、試作段階のワクチンか?
   だから他の人間の様にイカレた言動をしない? 詩音に襲い掛かったのは鎮静剤代わりにする為か?
   この時点で彼女が、目の前の対象を『魅音』と認識していた筈だから、やっぱ助けようとしたのか。
   余談だが、『ひぐらしのなく頃に』と言う作品に置ける分岐点、選択肢は、
   『前原圭一』や、或いはシナリオごとの主人公ではなく、『古手梨花』に委ねられて居るのでは?
4.雛見沢に潜む『モノ』
  ・圭一や詩音の豹変から察するに、精神的に不安定であるのは間違いないのだが、
   雛見沢そのものに、何らかの伝染性精神病が蔓延しているとすればどうだろうか?
   発症原因は…『不安、不満、不信、猜疑、悪意』とか、そういうネガティヴな感情だろうか?
   発症すると『被害妄想、情緒不安定、暴力行為、幻覚、幻聴』とか…かな?
   トミーの死因もコレ絡みだったら、『自傷』もアリかもしれん。 『鬼隠し』の圭一は発症していたが、
   死因がトミーのをフラッシュバックしたのか、病の作用で『自傷』に及んだのか不明。
   ひょっとしてこの病の事を、『オヤシロ様の祟り』と呼んでいる?
   住人全員が潜在的に感染している? それが発症したのが、雛見沢に伝わる『鬼』の伝承の正体か?
5.入江診療所
  ・内部に『山狗』が存在している。これはほぼ確定かと思う。
   問題は『山狗』も後述するが、行動原理・理由が不明。
   『鬼隠し』で圭一を捕獲するのに使おうとした事から察するに、普段は医療スタッフか?
   或いは圭一の様な『発症した人間』に何らかの目的があるのか? やはり被検体にでもするんだろうか。
   …って事は前述の『祟り』について研究している可能性は? 有り得そうだ、意外と。
   そうすると、入江医師個人の性格・意志はどうなんだろうか。
   A.実験動物扱いして、何か物騒な事企んでたりする。
     =どこの悪の秘密結社の科学者なんだ入江は…
      現実的に有り得ない予感。寧ろ鷹野さんっぽいぞそれ。
   B.治療したい、どうにか助けたいと純粋に思っているイイ医師。
     =キャラ的にコッチっぽいな。って事は自殺したのは後悔か何かか?
      色々と非人道的な事やってたのかも?
   後者だとした場合、入江個人の意思は、鷹野の言動とは対立するものになるんだが…
6.『山狗』
  ・最大の不確定要素。 入江診療所に居た。 常駐する様にはなっている?
   規模・目的共に不明。恐らく『鬼隠し』ラストに入江と共に圭一の家に来た?
   その前に圭一を気絶させたり、(クラクション鳴らしてたが)轢こうとしたのもこいつ等かも?
   鷹野との繋がりもある筈。思いっきり繋がっているかも。
   『祟殺し』大石の行方不明とかは恐らく『山狗』の仕業か。 鷹野一人では手に余るハズ。
   目的は…『祟り』『鬼隠し』の実行と隠蔽、及び『オヤシロ病』研究くらいしか思いつかない。
   鷹野同様、発症者の病状を加速させようともしている? そうすれば圭一の轢き逃げ未遂も…
   園崎とは関係が無い様に見られる。
7.追記
  ・最後まで書いてから思った事が一つあるんだが…
   入江と鷹野&『山狗』は、それぞれ『祟り』と発症者の研究をしたい、と思っていた。
   だが入江は治療方法の確立と言う、医師としての目的の為。
   鷹野、『山狗』は何らかの悪用の為。 …だとしたら、どうだろうか。
   私は今まで、診療所内の力関係を、 入江>鷹野>山狗 と捉えて居たが、
   実は 鷹野>入江>山狗 なのではないだろうか。 鷹野は入江のスポンサー、
   或いはスポンサーから送られたお目付け役か? 『山狗』は有事の為の兵隊だろう。
   入江としては、研究・予防・治療法の究明をしたいが、一人では限界がある。
   鷹野・山狗としては、研究・利用したいが、感染するリスクを犯す様な研究員が居ない。
   そこで利害の一致が発生し、入江としては多少以上に不服ではあるだろうが、手を組んだ、と。
   そうすると、『鬼隠し』に置ける圭一の捕獲作戦は、治療・研究の為。
   梨花が使用していた注射器は、彼女を被検体とした試作ワクチンを渡していた、とか。
   沙都子の心配をしていたのも、発症していた、そして『祟殺し』では発症しつつあるから。
   自殺したのは、治療・予防の確立も未だ出来ず、悪用に加担していた為、罪悪感からか?
   ある程度スジは通るが、カナリ妄想的な話になってきたから困る。



不確定な出来事の考察。

・鬼隠し

 1.冒頭の殺害シーンと「ごめんなさい」
   ・圭一がレナと魅音を殺害するシーン…だと思うんだが、
    圭一本人が覚えてないんじゃどうしようもない。
    ラストの殺害シーンとはちょっと矛盾してる所はあるのが現実。謎い。
    後者は全くの不明。ウトウトしながら近くのカップルの会話でも聞いたのか…?
 2.レナの変貌
   ・キーワードは嘘、若しくは裏切りか。
    過去に何かあったのは確実か。男子生徒傷害と硝子破壊に関係?
    前者の事件は、中学生だし…アレじゃね? 犯ろうとしたとか。
    硝子破壊はわからんな。鏡は割ったのかが疑問。
    鏡も割ったなら、『自分を映す』のが気に入らなかったとか。
    どっちみち理由は不明、『祟り』で自分や周囲に見える筈の無いモノでも見えた?
 3.行動が筒抜け
   ・大石車の時は見られただけ、飲食店の時はエンジェルモートだから。
    大石はエンジェルモートが園崎絡みだと知らなかったのか? 本当に?
    ワザとやってるんじゃないだろうな・・・
 4.裁縫針
   ・ソレは被害妄想としか思えん。 殺意アリならもっと確実なモノ入れるぞ。
    警告にしても、裁縫針て…
 5.ワゴン車
   ・轢くならクラクション鳴らさないと思うんだが、どうだろう。
    鷹野の指示で、圭一が抱く『狙われている』という危機感を煽った?
 6.看破するレナ
   ・両親の不在は、圭一の母から直接聞いている。
    カップラーメンは聞いたか偶然見かけたか。
    TIPSで圭一の回想で振り返ったら「ぎゃあぁぁ」は完全な夢か妄想。
    …仮に居たとして、絶叫する相手とは?
    レナは圭一の予想通りだから却下、他の皆は叫ぶ理由にならない。
    つまり、『見るも恐ろしい物』か『絶対に有り得ない物』を見た?
    『祟殺し』の綿流し時のアリバイと関わってくるが、もう一人の自分を見た?
    …妄想が一番妥当か。
 7.襲い掛かる二人組と追いかけてくるレナ
   ・共犯か? と思ったんだが、何かシックリ来ないな…
    二人組は『山狗』で何らかの目的で圭一を確保しようとした。
    気絶させたはいいが、人手不足なので援軍を呼びに行った。或いは車回収か。
    その間にレナが圭一を回収してっちゃった! とか、どうよ。
    でもそうすると『山狗』が圭一捕まえる理由が…精神異常者の強制回収?
 8.トミーと同じ目
   ・だからそれマジックだって言ってるじゃないか。
 9.殺害、及び監督
   ・状況からすれば殺ったのは圭一本人なんだが、何故記憶が飛んでるんだろう。
    やっぱり分裂病かね? とすれば分裂病を引き起こすウィルスが蔓延してるのか?
 10.メモの喪失
   ・注射器の記述と本体、現場監督の生存の記述。これを奪うメリットはあるんだが…
    本体がマジックで、監督はそもそも入江と勘違いしてたから妄想もいいとこ。
    これを奪うメリットは…園崎絡みの捜査続行の為に大石が奪った、くらいか?
    書いた人間が精神に異常アリとかだったら、動きにくそうだしな、警察


・綿流し/目明し

 1.1年前、沙都子の虐待?
   ・どの程度酷かったのかは不明だが、悟史が庇う必要がある程度には酷かった。
 2.1年前、悟史の変化。
   ・『鬼隠し』圭一と同じ症状が出ていた? とすればカギは不信・猜疑・不安とかか?
    理由はまぁ、助けてくれない仲間達に、だろうよ。確実に。
    特に園崎への不信は重傷っぽいな。圭一の時より酷い。鷹野さんや大石が何か吹き込んだか?
 3.1年前、消えたぬいぐるみ
   ・悟史は綿流しに参加せず、殺人もせずに、ただぬいぐるみを買いに行ったとしたら?
    殺害事件に全く関与せずに、消えてしまった事になるのだが。
    帰り際に何か見てはいけない物を見てしまい、消されてしまったとか。
    例えば…叔母を殺害する、薬中の殺人犯以外の存在とか。
    …まぁ、鷹野さんに煽られて殺った可能性も否定しきれないが。 と言うか一番高いんだが。
    恐らく、1年前の出来事全ては、全てのシナリオで発生していると思われる。
 4.祭具殿の音
   ・相変わらず不明。圭一や悟史が聞いた『足音』と同一の要因か? 物理的には難しい。 
    この時点でトミーは死亡フラグ、詩音も軽く発症していたと仮定してみよう。
    …とすれば、『病状』が悪化してる人間ほど聞き取り易い?
    前者二人が聞いた『足音』はカナリ重症時のハズだが。
 5.何故バレた?
   ・誰かが見ていたか、ウッカリ電気付けたのがマズかったのか…
    バレて、早々と情報が広まったのに、誰も何も言わないのも謎だが。
 6.レナは気付いた?
   ・エンジェルモートに行った時、反応からして、その時の詩音の正体が魅音だと気付いていた。
    では園崎邸で、魅音になりすましている詩音の事は…?
    …恐らく、気付いてないだろう。でなけりゃ違う反応したはずだし。
    魅音が演技ヘタなだけか。


・祟殺し

 1.冒頭で死んでるのは…
   ・それが北条鉄平の愛人か。問題は『誰が何の為に殺したか』と言う事。
    上納金に手を出したから園崎が手を下した。警察はそう睨んでいるが…さて?
    手にはビッシリ釘が、ってこれ腸流しの拷問じゃね? だとすると…? やりそうなのは…
    園崎最上部 or 鷹野三四 こうなるか。鷹野さんも平気でやりそうだし。
    報復で殺害したか、綿流しの予行練習か…どっちでもアリなカンジではあるか。
    ただ二人に繋がりが無さそうだから微妙なんだが。
 2.鉄平帰宅→虐待
   ・帰宅した理由は冒頭の死体、彼の愛人が殺害されたからだろう。行方不明って事になってたが。
    どの程度虐待していたんだろうか。 沙都子の虚言では無さそうだが…
    話を聞いたレナがキレてた事から察するに、性的虐待だったりするのかな?
 3.電話に出たのは…
   ・『綿流しに沙都子を連れて行ってくれ』と頼んだら泣き出された。
    『目明し』やったから断言出来るが、この電話に出たのは詩音だろう。
    情報伝達としては詩音→魅音→皆に説明→アリバイ工作 …だろうか?
 4.もう一人の圭一?
   ・『目明し』で詩音が魅音に吐き捨てた、悟史を救うアリバイ工作。
    それをそのまま使いまわした感があるな。
    つまり圭一はまだこの時点では正常?
    梨花のループ説関係になるが、圭一が殺害後別の雛見沢に飛んだ可能性…は、流石にネェか。
 5.入江診療所
   ・完全にキチガイ扱いされてるな、圭一。
    問題は入江の部下?が口にした『山狗』の存在だろうか。
    診療所に居て、入江が動かそうと思えば動かせる。そう言う存在だとすれば…
    可能性が高いのは、入江の部下or仲間?
    鷹野さんも関係しているだろうから、やっぱ仲間か。 って鷹野さんまさか裏切ったとか?
    『鬼隠し』で富竹の死体を目撃した入江が、有り得ないと口にしたのは犯人が鷹野さんと気付いた?
    或いは富竹と何らかの関わりがあった、とかか。
 6.誰を殺し、どこに埋めたか。
   ・叔父だと思って殺したのは別人だった…? 埋めた場所に死体が無い…?
    翌日も居たと言う沙都子。オカシイのは圭一か、沙都子か…?
    圭一が別人を殺した可能性もある。 叔父は警察に行ったのか?
    死体の移動は誰か仲間がやったんじゃないか? 多分魅音か詩音だが。
    理由は、プロから見たらバレやすそうだから?
 7.何故か穴の近くに居た大石
   ・圭一はマークされていたんだろうか…
    圭一が殺害に及んでいる間放置されていたバイクとか、誰かが目撃していた?
    目撃者が居るとか、或いは足跡がクッキリ残っていたとか。足跡は雨で流れそうか。
    何にせよ大石は、『圭一を尾行したら穴の場所に』ではなく、
    『最初から何らかの目的で穴の近くに』居たんだと思うんだが。
 8.大石の失踪と圭一の祟りパワー
   ・偶然だろうと思うんだが。
    鷹野の焼死は偽装工作、入江の自殺は…鷹野に殺られた? それとも何か計画が失敗したから?
    大石の失踪は…鷹野&『山狗』に消された、とか? 鷹野の単独犯じゃ無理だろうし。
    って事は『山狗』は鷹野直属の部下? で、入江は鷹野の上司だが、
    『山狗』を動かす権限があるのは鷹野のみ、とか。 これならある程度イケそうか。
    最後の火山ガスは後述。
 9.『リサ』さんも死に…
   ・誰だリサって。
    この時点で死亡情報が確定していて、既に死んでいるのは冒頭の死体…名前何だっけ?
    と、富竹である。 調査をリサーチと言うなら、調査員をリサーチャー?
    富竹調査員を略してリサさん、と言うのは有り得そうか。 って事は、トミー調査員だったのか。
 10.古手梨花の腸流し
   ・オヤシロ様信仰、そして雛見沢の象徴でもある、古手神社の梨花を殺害する。それも、腸流しで。
    これはオヤシロ様信仰に対する最大の冒涜じゃないか?
    例えば古手梨花が死ねば火山ガスが発生する、とか。そんなイカレた設定でも無い限りは、だ。
    誰かがオヤシロ様信仰を侮辱、冒涜する意味でやったとしか思えないんだが。
    腸流しを用いるという事は、同時に『祟りの具現』でもあるし。
    自分でも祟りは出来る、と証明したかった? 一番やりそうな可能性があるのは…
    …やっぱ、鷹野さんか。 他の住民は腸流しの知識無さそうだし、園崎か鷹野くらいしか。
 11.火山ガスによる災害
   ・これに関して疑問なのは、複数あるんだが…
    まず、第一に発生原因。偶然にしては出来過ぎだろう?
    次に沙都子の所在。何故彼女だけ『行方不明』なのか。 高確率で死んでるとは思うが…
    『山狗』が何らかの必要性があって彼女を鬼隠しにした?
    更に、圭一の生存。倒れて居た場所での生存は有り得ないらしい。
    つまり、沙都子に突き落とされた後、ガスで死んでいるハズなのだ。仮説としては…
    A.仮死状態になって呼吸も停止していた。
      =間違いなく脳細胞に後遺症残るから却下。
       長時間の呼吸や心停止は脳細胞ヤられるんだぜ…
       まぁ、終盤は発狂してたが。
    B.沙都子がガスの原因、圭一を助ける為に落とし、更に何らかの手を打った。
      =圭一が助かったのは偶然、奇跡的。転落死の可能性の方が高いから却下。
       でも、沙都子に限ってそんなヘマはしないか?
       ガス発生させるも、自分は絶対に逃げられない構造になっていたとか。
    C.鷹野が助けた。
      =何らかの利用価値があったのなら、可能性は否定は出来ない。
       ただし、コレは『ガス発生原因が鷹野或いは山狗』でない限り不可能か。
       リスク大きすぎるし。でも大石失踪と入江の死は、『自分の祟りだ』とか、
       電波な発言で自分から濡れ衣を被ってくれる点はメリットか。
    D.そもそもガスなんて発生していない。
      =…つまり鷹野さん含め国家的陰謀じゃないか、って言う。
       雛見沢は巨大な実験場だったんだよ!!!! Ω ΩΩ<な、なんだってー!!
       まぁ、要するに警察と自衛隊の捏造したガス災害。 報道は…騙されてるのかな?
       …うん、有り得ねぇ。
 12.俺如きに祟られるなよ?
   ・圭一が記者に送った祟り。 まぁ、偶然だろうよ。
    まさか記者が『山狗』に消されたなんて事は…よほど深入りしてない限り、無いだろうし。
    逆に考えれば記者が必要以上にマズい事を知っていたなら、圭一のテープを事前に入手し、
    事故に見せかけて殺害した、と言うのも有り得るが…記者の知識の描写が無いから、スルーか。
 13.知恵と亀田の『事故死』
   ・避難中に事故死らしい。あれ?何でだろう?
    圭一を見つけた自衛隊は、必死に、懸命に助けてくれたんだよな。
    じゃあ何故、避難中に、『事故死』してしまったんだろうか…?
    裏で暗躍している何者かを目撃し、殺害されたとか。 可能性が高いのは『山狗』か?
    実は前述の、ガス不発説だとしたら、二人は何かに気付いて脱出した、
    だがそれでは困る『山狗』或いは国家に消されてしまった、としたらどうだろう。
    ちょっぴり国家的陰謀テイストが漂ってきたかもしれない。 有り得ねぇ。



随分と長くなってしまったが、要約すると鷹野&山狗の陰謀、だろうか?
火山ガスはよくわからんが。

そろそろ『罪滅し』やってみるかな? …かな?

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
20/09/16/19 02/12/15/07の04:1A頁

TVアニメ版 ひぐらしのなく頃に〜鬼隠し編 其の四『歪』

〜前回のあらスジ沙都子〜

「あの、大石s『ピンポーン・・・ピンポピンポピンポーン・・・』」



( ゚д゚)・・・



( ゚д゚ )



・ドアが開きます

 開く勢いすげぇ。
 絶対惣菜届けに来た時の開け方じゃねぇよ。
 押し入る気満々だったのにチェーンかよキラ様め。的なオーラが出てた。
 で、いや今親居るよ?→嘘だよっ!!!!→(((;'A`)) ってな流れで。
 いやぶっちゃけこえぇよ。俺もKOOLだった。カクカク震えてたわ。

・ドアが閉まります

 帰れっ!! 帰れよっ!!!!
 (・∀・)カエレ!! (・∀・)カエレ!!
 ・・・指のあれは痛い。
 普通にドア閉めるとき一本挟んだだけで悶絶モノなのに。
 中学生とは言え、KOOLな男児のフルパウワァだぜ?
 見る見る内に指先が面白い色になると思うんだ? いやマジで。
 『悪ふざけがすぎたのは謝るよ!』
 ・・・翌日の悪ふざけのがヒドいぞ、うん。

・ごめんなさい

 ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめn

・魅ぃちゃんをいじめるな!

 嘘付いたのも隠したのも事実だからグゥの音も出ない魅ぃちゃんモエスww
 圭ちゃんの心無い言葉に傷付いて涙する魅ぃちゃんテラモエスwwwww
 『あのジジィ、ブチ殺しとくんだったなぁ・・・』魅ぃty・・・( ゚д゚ )

・鉈

 瞬間移動ktkr!!!!
 『圭一君、見ぃーつけたー』
 ホント悪ふざけは地獄だぜぇー

・あははry

 どうしてくれんだ。素で寒気したぞオイ。
 絶対アレはダメだって、子供泣くぞ。いやまず見ないか。そうか。

・あはは2nd

 ちょwww近いwwwwwキスシーン寸前wwwwwwww
 息掛かるしww圭ちゃん羨ましいぜwwwwwってオイ。待て。
 竜宮さん・・・? 眼が!! 眼が怖いよ!!
 なにそれ。 完全に向こうに逝っちゃってる眼じゃないか。
 やっべこのシーンやっべ。 そら圭ちゃんも突き飛ばすわ。

・謎の男達

 随分とまぁウホッ!ぽい服装ですね

・圭ちゃん背中ガラ空きでぬるぽ

 後頭部ガッ!! って、それ思いっきりやってねぇ?
 重傷だったらどうするつもりなんだか・・・

・起きたらレナと魅ぃちゃん

 注射器が。トミーの衣服にマジック落書きの伏線は抜きで、
 同じ目に発言も無し。圭ちゃんがトミーの死に様フラッシュバック。
 『やめろぉぉぉ!!』→ガッ!!
 わぉ。部屋が血塗れだ。真っ赤だ。貴方は赤い部屋が好きですか?
 すげぇや、さすが深夜枠だ、激しい虐殺シーンも何とも無いぜ。
 どう見てもR指定です、本当にありがとうございました。

・KOOL NOTE

 だからさ。レナと魅ぃちゃんが犯人とか白いワゴンとか。
 前回既に予知して書いてたじゃまいかwwwwwww

・原作との相違

 ハショられすぎ、としか。
 後はまぁ、トミーの扱いが更に悪いな。落書きすら無いし。
 ・・・いやまぁ、ヤツはそもそも・・・写真は外傷すら無かったがwww
 報道規制ではなかったな。今回色々と素晴らしかったし。

・感想

 これはいい。正直想像以上のクオリティに感動している。
 1〜2話ではどうかなーと思ってたが・・・だ。
 3〜4話のこの巻き返しっぷりと怖さは尋常じゃない。
 やべぇぜこれ、特に今回は。どう見てもR指定。
 笑い方がテラコワス。声優うめぇ。つかコレは酷い。俺寝れん。超KOOL。
 ・・・で、『鬼隠し』終わったんだが。やっぱ展開速いな。
 無茶しすぎだぜ、地獄だぜフゥハハハァ。
 でも『鬼隠し』が一番被害者少ないんだよな。まだ。
 残念ながら『暇潰し』は論外にしているが。
 ・・・やっべ『綿流し』とか超楽しそう。詩ぃちゃんwktk
 特に終盤のブッ壊れた詩ぃちゃんwktk
 むしろ『目明し』の詩ぃちゃんry
 ドSさん(〃▽〃) な、何だその釘はやめろ離せ俺の命だけは助けてくr

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
20/09/16/19 02/12/15/07の04:18頁

・心の病?

 『鬼隠し』の圭一は確実に何か精神的疾患。
 だとすればトミーとかも同じとして・・・?
 オヤシロ様の祟りの正体ってのは自分の精神疾患による、
 自己幻像か何かに殺される被害妄想的な〜・・・とか?
 主な症状は・・・足音と情緒不安定と被害妄想・・・あと記憶障害?
 最後の記憶障害ってのは圭一が殺害の瞬間覚えてなかったりのアレな。
 後、無関係な物破壊してる事もあったな、そう言えば。
 大抵エピローグなってから判明してたが。
 ・・・その辺か。
 例えばトミーが。
 ・数人に襲われた痕跡
 ・角材で抵抗したっぽいが当たってない
 ・喉を掻き毟った
 この三つの要素の上二つが、『同時に起きていない』としたらどうだろう。
 つまり数人にボコられて、そこから逃れるなり何なり、暫くして。
 タイムラグを挟んで角材を振り回して暴れたとすれば。
 無意味に下駄箱やら破壊した圭一の行動と重なるのではなかろうか。
 そう言えば詩音も何か破壊してなかったっけか。曖昧だが。
 端的に言えば、KOOLモード=オヤシロ様の祟り状態 と言う事か。
 まだ考えが纏まらないのには困った・・・。

・信じる? OR 信じない?

 『鬼隠し』は圭一がレナと魅音(主にレナ)を信じられなかった世界
 『綿流し』は圭一が魅音を信じられなかった世界
 『祟殺し』は沙都子が圭一を信じられなかった世界
 『暇潰し』は赤坂が梨花を信じられなかった世界

 『目明し』は詩音が自分自身を信じられなかった世界
 ・・・これは綿流しと同一ではあるが。

 こう、考える事は出来ないだろうか。

・複数の注射器

 魅音が持っていたのはマジックペン。
 梨花が持っていたのは注射器。
 大石は糖尿病のインスリン注射(だったか?)を疑った。
 入手経路は不明だが、可能性が最も高いのは入江。次点に園崎家。
 ・・・仮に、先述の『オヤシロ様=精神疾患説』だったとすれば。
 あの注射は殺害用の毒物等ではなく精神安定剤的な、
 逆の方向性の物だったのかも知れない。
 思い当たるフシはいくつかある。
 ・梨花が持っていたと言う事。
  彼女の二面性もKOOLのそれに近い。
  ワクチンにより安定化したKOOL症?
 ・毒薬でなくワクチンならば・・・
  入江が梨花に渡しておく可能性は、毒の時よりは高い。
 ・『鬼隠し』でレナと魅音は圭一を入江(監督)に見せようとした。
  外傷を与えたのは大人、監督到着時にはレナと魅音だけ、
  監督に電話したのはレナ。ならば大人達から引き継いだ可能性が高い。
  つまり、レナや魅音と圭一を襲った人間には繋がりがある。
  そして自分たちが加えた怪我を医者に見せる、なんて間抜けな話は無い。
  故に入江に診せたかったのは圭一の、『別の病気』である可能性大。
  その病気に対するワクチンなり特効薬的な何かは持っている可能性も。
 ・詩音に使おうとした。
  あの時の詩音は非常にKOOLだった。

・また梨花ちゃまか

 梨花ちゃまのあの二面性もKOOL、詩音の大暴れも、レナの嘘だっ!!も、
 悟史が態度悪くなったのも、本家本元の圭ちゃんも、揃いも揃ってKOOL
 ・・・つまり、全員が同じ精神疾患だとしたら。
 いやまぁ、片っ端から精神疾患ってのはどうかと思うからもう少し捻って。
 精神に影響を及ぼす伝染病、感染症等の類であれば。
 ・・・伝染に感染にでそりゃあもう皆KOOL。
 年齢的問題とか、発生しやすい条件もあれば尚更KOOLだろうか。
 で、ここまで盛大な仮説の上でのみ成り立つ話ではあるが。
 梨花ちゃまと入江がグル・・・と言うか、まぁ協力関係で。
 実験しつつワクチン開発中、とかどうだろう。梨花ちゃまがモルモットな。
 それなら被験者である梨花ちゃまがワクチン持ってても不思議は無いし、
 しかも他の皆とはKOOLっぷりが違うのも頷けるときた。素晴らしい。超KOOL。
 ・・・まぁ、真の問題は、そんな病があるのかと言う話で・・・所詮詭弁か。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
20/09/16/19 02/12/15/07の04:17頁

誤字から生まれた考えなので非常に遺憾なのだが。
友人とのメール(携帯)でサントスって打とうとして参と四(サントシ)って打ったんだ。

三と四 サトシ

似てなくない?

鷹野三四 と 北条悟史
間違いなく何らかの繋がりは有る様な感じが。
少なくとも年齢的に、女装した悟史ってのは有り得ないが。
つまり鷹野さんは悟史と出会ってから偽名を考えた?
あぁ・・・恋人か。 いや無いか。

現状じゃ情報提供以外の繋がりが思いつかないな。
鷹野さんは悟史の居所を知っていた。
が、園崎家である故詩音を疑っていたから教えなかった?
・・・いや、園崎でなくても、場所まで教えはしないか。
悟史は失踪或いは死んだ、と言う事にした方が今後の人生が都合いい・・・んだろうか?
それはそれで不便っぽいが、戸籍を抹消したかったのだろうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
20/09/16/19 02/12/15/07の04:15頁

ふと思い出した。
アニメ第参話の診療所で、老婆たちの会話。
『鷹野さんはシッカリ者だからやっていける』
みたいな話があった。
本編でもあったか? 確認してないが。
・・・つまり? 祟られないのか? 村を捨てても祟られない・・・?
祟られるんだったら、ソレっぽい発言があるよな?
老人達はオヤシロ様の信仰心が激しいんだろ?

じゃあレナは別の要因・・・?



まぁアニメ版をアテにするのもどうかと思うが。予知してたし。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
20/09/16/19 02/12/15/07の04:13頁

TVアニメ版 ひぐらしのなく頃に〜鬼隠し編 其の参『疑心』

今回は何だかイロイロ突っ込み所多かった。畜生め。
例によって適当に書き出すことに。

・大石チョイス

 案の定エンジェルモート。
 まぁ、やっぱりな。程度で。
 魅ぃちゃんの言及も、『渋いオジサマ』程度だった。
 自分で見たのなら大石だと言うだろうし、同僚から聞いたのだろう。
 会話で魅音と言う名前が出たり、ヒートアップしてれば目立つし。
 ・・・どうでもいいけど大石、圭ちゃん追い詰めすぎじゃないか。
 早くもKOOLモードになりそうなんですが。

・隙間魅ぃちゃん

 これは怖い。演出が怖い。
 閉じかけた扉がチョイと開いて魅ぃちゃんが・・・って怖い。
 魅ぃちゃん怖いけどかぁいいよ。

・おはぎと裁縫針

 何かモロに入ってましたね、裁縫針。そりゃあもうモロに。
 しかも一口目と来た。圭ちゃんよっぽどクジ運あるんだね。
 ・・・取りあえず、5個入りで作ったのは『4つは園崎お魎、1つはレナ』
 まぁ、相変わらずか。実際に入ってたと考えるなら確率論的には8割お魎の仕業だが。
 と言うかコレは圭一主観なのだろうか。我々から見たらモロに入っていたのだが・・・
 『圭一の目線で入っていた』と言うだけなら、信じるには値しない・・・か。
 仮に入ってたとしても、針ならば警告程度の意味だろうか。
 ・・・刺激物(ワサビ、タバスコ等)が入ってて、ソレ食って痛み感じて、
 吐いたら針が!! ・・・って言う幻覚。 と読んでるんだけどね、私は。

・圭ちゃんの手紙

 ・・・ミスか?
 何かこの直後に起きるハズの白いワゴンやら、監督云々の件やら、
 挙句に注射器貼り付け云々の件やらが全部書いてあるんだが。
 何これ? 予知? 圭ちゃんすげぇ。
 ・・・いや、普通にミスだよな、コレは。
 しかしコレは酷い。
 取りあえず、事件後に発見された分を撮影したのがコチラ!!
 と、言う展開だと考えておこう。前向きに。

・白いワゴン車

 ・・・圭一主観で、こう見えた、んだよな?
 実際にこの通りに起こってたんだとしたら、アレですね。
 どう見ても狙われてます。本当にありがとうございました。
 まぁ、きっと圭ちゃん目線で話が進んでるんだろうけど。針とか。
 あとクラクション無かったね。ハショられたのか? コレは酷い。

・梨花ちゃんの鞄

 バット持って洗顔中の圭ちゃんとのトークですが・・・
 沙都子の反応はイイね、兄妹関係及び鬼隠し以降の伏線になるワケだ。
 ・・・それはそうと。有りのまま起こった事を話すぜ。
 沙都子が立ち去る場面の一瞬だけ、黒いハズの梨花ちゃんの鞄が赤かったんだ。
 何を言ってるかワカンネーと思うg(以下破られていて読めない)
 またミスか。コレは酷い。

・おはぎ捜索

 ゴミ袋すら無いと来た。
 コレじゃワカランな。これはもうダメかもわからんね。
 ゴミ漁り→見つからない、ではなく、そもそもゴミすら無いワケで。
 後学校で宿題の答え聞かれる、ってのも無かったな。後日か・・・? いやまさか。

・ピンポーン・・・ピンポピンポピンポーン

 ktkr!!

・原作との相違

 アニメ製作過程での、原作者の監修ってのがどの程度なんだかワカランのだが。
 色々と食い違ってるのはどちらを信じればいいんだか。
 って多分原作の方でいいんだろうけど。
 テンポやたら速いし、結構ハデにハショってるよねぇ、やっぱり。
 と言うか1クールで終わらせるとしか思えん。
 『解』含めて2クールってのもアリか・・・?
 あと魅ぃちゃんがかぁいい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
20/09/16/19 02/12/15/07の04:10頁

今回はアニメでもやってるし、イロイロと考えてみよう。
って纏めるの難しいからgdgdになると思うけど

『鬼隠し』=完全に被害妄想な暴れん坊圭ちゃん。
『綿流し』=お姉様大暴走。

この二つは、イロイロ疑問残ってるけど概ね間違いないかなぁと。
特に後者は『目明し』でもそうだったし。相変わらず謎だらけだけど。
残る『祟殺し』が曲者か。
見つからない死体とか、そもそも本人なのかとか。
もう少し具体的に突き詰めると・・・



・掘っても出てこない死体

 実は生きていた。 ・・・って言うのは、個人的には除外か。
 圭一が殺害したのは間違いないと思うんだが。 相当殴ってたし。
 で、埋めたのも間違いナシ。 しかし掘り返しても発見されず。
 ・・・コレが謎なんだよね。
 一番可能性が高いのは、『誰かが掘り返して移動させた』と言う説。
 しかし、この説だとすれば。一人は居なくてはならないのだ。
 『圭一が殺人犯だと困る人物』が。 更に言うと圭一が捕まる事が困るのだろうか?
 コレを実行出来そうな、可能性が一番高いのは園崎家。
 悟史の事件の時、詩音が魅音に(本当は逆だが、割愛)対して責めた事がある。
 何故庇ってやれなかったのか、園崎次期頭首なら出来ただろう、と。
 確かに可能ではあるし、動機も十分なのだが・・・何か違う気がする。
 後述する『別人説』だった場合、更に園崎家の可能性は減少するだろうし。
 その次に私が考えたのは・・・鷹野さんだ。
 彼女が、元々『圭一だけは逃がす』と言うシナリオを立てていたら・・・?
 或いは『圭一に全ての罪を被せる』等か。 ・・・可能性が低いのは承知だが。
 そもそも彼女に圭一を助けるメリットが有るのか怪しいので除外したいが・・・
 何故だろう。捨てがたいのだ、彼女である説を。
 ・・・まぁ、何となく、と言うか勘なのだが。

・そもそも本人?

 圭一が殺したのは全く他人では?
 ・・・まぁ、在り来たりな説なのだが・・・事実、そうなのではなかろうか。
 沙都子曰く『普通に帰ってきた』らしいし。
 じゃあ誰を殺したんだ、って感じなのだが・・・普通に考えれば、叔父の仲間、か。
 圭一の電話に対しても、その仲間に向かわせたのか、或いは偶然通りかかったのか。
 恐らく本人ではないだろうな、と。

・圭一のオヤシロパワー?

 偶然だ。

・虐待の事実は?

 前も書いたと思うが、無いんじゃないかと。
 叔父を見る=叔母を思い出す=虐待される!? と言うフラッシュバックで自虐。
 ・・・としか思えないんだよなぁ、残念ながら。
 少なくともマトモな精神状態じゃなく、パニック状態或いはショック状態になってる。
 そもそも普段の沙都子なら、『目明し』では詩音に対し『にーにーに甘えすぎた』と。
 シッカリ認めていたし、気丈に振舞っても居たし、精神的に強くなる努力もしていたのだ。
 ならば、『実際に虐待された→必死に耐える、反発する』と言う動きを見せるのでは?
 寧ろ『叔父は何もしないが、存在自体が叔母を思い出して怖くなる』と言う事なのでは?
 警察です、と名乗った圭一に対し、迎えに行くっぽい発言もしていたし。

・圭一の利用価値?

 これは全て仮定の話であるが。
 鷹野さんが生きていて、圭一が埋めた死体を移動させたり、転落した圭一を助けた。
 ・・・と、仮定すれば。 彼女がそこまでして助ける理由は何だろうか。
 と言うのを逆に考えてみようと思う。 ・・・思ったのだが。
 残念ながら理由無いなぁ圭ちゃん。 そんな重要とは思えないんだよ。
 ・・・実は彼女のやった事は全て雛見沢への復讐で、対象は雛見沢住民。
 圭一は余所者だからこそ、逆に助けた・・・? じゃあトミーはどうなるんだか。

・即興で新説作ってみる。

 鷹野さんは過去(1〜3年目)の事件の被害者の縁者。
 尤も可能性が高いのは1年目のダム建設現場監督か。
 ・・・で、監督が殺害され、雛見沢の陰謀を調べ上げ、更に色々な事を知る。
 それは雛見沢、或いは鬼ヶ淵村の狂った習慣であり、暗い過去。
 様々な事を知った彼女は、雛見沢に復讐を決意する。
 そして4年目の事件、北条悟史を扇動し、『4年目の祟り』を起こさせる。
 コレは彼女にとって不透明な『復讐の対象』を見極める実験であり、
 この事件に対して何らかの動きを見せた者が、疑わしいと言う事になる。
 同時にこの事件は、『自分でも祟りを起こせる』と言う実験でもあった。
 そして事件に巻き込んだ悟史を遠くへ逃がし、新たな計画を練る事にした。
 4年目の祟りで彼女は、『不透明な犯人』が不透明な理由は村全体が結託しているから、
 そう判断し、全ての村人、或いはその象徴たる古手梨花を殺害する事を決める。

 ここからは三つの可能性を提示する。

 1.・・・となると、最大の問題は『自分の行動』である。
 実行中に、全てが終わる前に警察に捕まったのでは全く話にならない。
 そこで自らを殺害する事を決意、身代わりを用意し、『鷹野三四は死んだ』と偽装。

 2.同時期、彼女の動きを知った何者かが妨害を企てる。
 つまるところ、彼女の命を狙いだしたのだ。
 このままでは計画云々以前に殺されてしまう為、先に手を打つ必要がある。
 そこで身代わりを用意し、以下1と同様。

 3.2同様、彼女は命を狙われた。
 そして、犯行グループは殺害に成功する。『鷹野三四』の。
 だが彼女の名は偽名で、同名の無関係な人間が殺害されると言う結果になったのだった。

 更に同時に、今度は二つの可能性である。

 A.彼女の計画の一環で、死を祟りに偽装する必要があり、もう一人必要だった。
 そこで雛見沢に頻繁に出入りしていたトミーを殺害、祟りの被害者に仕立て上げた。

 B.彼女と交流のあったトミーは、犯行グループから疑われた。
 つまり、『彼女と共犯なのでは無いか』と言う事である。そして先手を打たれ、殺害された。

 1の説なら、Aだろう。
 2の説ならAとBどちらでも有り得るか。実際トミーと共犯だったとしても。
 3の説なら、Bしか無いだろう。同姓同名の別人が偶然殺害された、と言うのなら。

 上記のどれであろうと、彼女は自分の所為で無関係な人間が死んだ事に怒りを感じる。
 そして、同様の無関係な犠牲者は出さず、雛見沢の人間だけを殺そう、と決意する。
 ・・・いや、無関係な人間は元々巻き込むつもりは無かったのだろうか。
 つまり、圭一に対し危険を知らせてみたり、である。
 『目明し』詩音に対しては、彼女にも危険を知らせるつもりだったのか、
 或いは何らかの事件を起こさせる意図があったのかも知れない。

 <B>何となく思いついただけで、こんな説有り得ないだろうと思っている私が居るワケだが。</B>

・纏めると?

 『祟殺し』=圭ちゃん兄ごっこ、叔父リターン、沙都子自虐開始。
       →虐待と勘違い、圭ちゃんが誰か別人を殺害、遺棄。
        →それを知った、或いは見た誰かが掘り起こして移動させる。
         →皆で圭ちゃんを庇う。
          →沙都子に対し圭ちゃん自白、叔父とは明言せず。
           →梨花が腸流しで殺害、沙都子は圭一を疑う、突き落とす。
            →雛見沢ガスで全滅、圭一のみ生存。



ガス発生原因がわからん。いやマジで。
後、圭ちゃんを助けたのも。情報に限界が・・・
そろそろ『罪滅し』もやるべきだろうか・・・? 無関係だったら笑えるが。
そう言えばコンプエースで連載してる『鬼曝し』は、
『祟殺し』の後の、村長の家系の話らしいんだが。買ってねぇからワカランわ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
20/09/16/19 02/12/15/07の04:0E頁

眠れない。
理由は知らない、けれど眠れない。
なので横になりつつ考えてたら思いついた事を書こうと思う。



『古手梨花ループ説』

・・・まぁ、よく聞くよね。この説。
知るはずの無い未来を知ってたり、
『今回は』ダメだった、みたいな発言あったり。
まるで何度も何度も同じ世界を見た様な発言、とか。

そこで私は考えた、と言うか思いついた事を突き詰めてみたんだが。
・・・03:19頁の大前提を否定する形になるのが残念ではあるのだが。

このひぐらしは『大前提』が間違えているのではないだろうか。
まず我々はプレイヤー、そして主人公『前原圭一』として雛見沢に居る。
普通に考えるならばそうだろう。
だが、その考え自体が間違えているのであれば。どうだろうか。
まずこのひぐらしが、他のサウンドノベルと致命的に異なる点が一つある。
つまり『選択肢が存在しない』と言う事だ。
これはある意味画期的で、一本道の中から答えを探す。と言う新たなシステム・・・
しかし、それが、その事自体が罠だとしたら?

私の考えはこうだ。
プレイヤーは『前原圭一』として雛見沢に存在する。だが『主人公』では無い。
・・・真の主人公であり、『選択肢』を持つ人物、或いは『分岐点』に立つ人物。
それが『古手梨花』だとしたら。
つまり、『前原圭一』は重要人物であるが中心人物ではない、と言う事だ。
更に言うと、『古手梨花』を操作する別の人物、『プレイヤー』が居る、だろうか。
そう考えると、彼女が知るはずの無い未来を知っているのは、何周もしているから。
彼女が今回はダメ、次はどうだろう、みたいな発言をするのも、同様の理由。
ひぐらしの世界の分岐点、事件の全ての分かれ目。
それが彼女、『古手梨花』と言う名の『プレイヤー』なのでは無いだろうか。
或いは彼女の別人格、通称では『フレデリカ』が『プレイヤー』なのかも知れないが。

誰だってやるだろう。某かまいたちの様なサウンドノベルでも。
某〜、と例え様の無いほど多数ある、恋愛SLGの類でも。
つまるところ、『ルート埋め』みたいな事である。
選択を間違えたら望んだ結末にならない、或いはBAD ENDすら有り得る。
だから、何度もセーブ・ロードを繰り返してやり直す。
彼女にとってのBAD ENDは間違いなく、自らの死だろうが。
或いは仲間の死も該当するのだろうか。
この作品の中で我々が見る世界は、幾つもの選択肢の組み合わせの中の僅かな一部。
つまりそういう事なのだろう、と私は思う。

無論、仮説に過ぎないし、彼女の二面性の説明には些か以上に弱いのも事実だ。
私自身、最初考え付いた時点では馬鹿な話だと思った。 ・・・だが、
意外にもある程度、彼女の周囲の事象は説明出来るワケで。
『暇潰し編』でも、彼女に纏わるTIPSの一つに、赤と青の選択、と言うのがあったし。
考えを深めれば深めるほど、私の中では有り得ない説では無くなったのだ。


<B>通常のゲームの言う所の選択肢を選ぶのは他の、誰かの分身である古手梨花で、
我々の分身である前原圭一は、割と重要と言う程度の、登場人物の内の一人。</B>
と言う、『変則的ループ説』或いは『古手梨花主人公説』を唱えてみる。
・・・誰一人として同じ事を考えた人間は居ないと信じて、祈って。
流石に『自分以外に主人公が居る』なんて考える人間は居ないと思うが。


そう考えると、また世界が違う様に見えてくるのでは無いだろうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
20/09/16/19 02/12/15/07の04:0C頁

TVアニメ版 ひぐらしのなく頃に〜鬼隠し編 其の弐『隠しごと』

今回は忘れなかった。今回は間違えなかった。
始まって早々に、鉈持ったレナが背後に。鉄の板を踏み鳴らすのはイイ演出だ。
・・・でも、振り向いた直後の圭ちゃんの顔は早くも作画崩壊かと思うほど、
すごい・・・表情です・・・。

で、今回は早くも綿流し祭りなのだが。
五凶爆闘ktkr!! ・・・ってトミー!?
何カメラマンに専念してるの? ねぇトミー?
部活参加してないよね? ねぇトミー?
大事な伏線忘れてないか? ねぇトミー?
・・・私の思い過ごしかな? ・・・かな? ねぇトミー?


<B>って、死んだぁぁぁあああーーーっ!!!?</B>


・・・なぁ、トミー。君が部活に参加して、ついつい負けちゃって、
罰ゲームとして服にマジックで落書きされてくれないと・・・
圭ちゃんがレナと魅音殺害に至る伏線が減るんだが・・・どう思う、トミー?

へんじがない。 まるでしかばねのようだ・・・

トミィィィイイイ!!!!

つまりアレか?
マジックの件は関係無くて、圭ちゃんが注射器を幻視する事も無くて、
挙句に時計の裏に貼り付ける事も無い、と?
これらの事件にあのマジックは関係無いと? ・・・いや確かに関係無かったが。
圭ちゃんのKOOLフラグが減っちゃったよ。

どうでもいいが、大石の手帳からチラッと見えたトミーの現場の写真。
全く血が無いし喉も無傷だったワケだが(笑) ・・・報道規制か?
無傷で大の字に死んでるトミーとか逆にシュールだったぜ・・・

そうそう、関係無いが次回予告の文字見づらいな。
何度も再生しないと読み取れないよ・・・

『裁縫針』
『学校休んじゃ"いや"だよ?』
『圭一君は・・・しないよね・・・? 転校・・・』

( ゚д゚)・・・



( ゚д゚ )



流れはえぇ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
20/09/16/19 02/12/15/07の04:0A頁

私は専ら、『鷹野さん黒幕説』な人なんだが。
『1〜3年目の祟り』は村人(園崎家以外?)
『4年目の祟り』は鷹野さんに扇動された北条悟史、犯行後逃亡?殺害?
『5年目の祟り』は鷹野さんによるトミー殺害。
圭一の周囲で起きるのは『祟り』とは全く関係無い、しかし何らかの犯行。
『鬼隠し』では圭一が魅音、レナを殺害→トミーの死に様を思い出しトレース、自殺。
『綿流し』は『目明し』参照。
・・・じゃあ『祟殺し』は? っていう。相変わらず謎が残る結果で。
少なくとも圭一の生存は完全な偶然じゃないし、古手梨花は仲間以外に殺されている。
私はそう思っている。
問題は、『誰が圭一を助けたか』と、『誰が梨花を殺害したか』だ。

圭一を助ける事が出来たのは、可能性的に沙都子と鷹野さん。
だが沙都子の場合、助かるかどうかは完全に運任せな気がする為除外か。
つまり突き落とされた時点で圭一が助かったのは単なる偶然。
その後、ガスを回避出来たのは・・・?
少なくとも、圭一が目覚めたのは突き落とされた場所とは違う場所だと思う。
でなければ、沙都子が突き落とす理由が無い。 適当に気絶させればいいのだ。
死ぬかもしれない高さから突き落とすなんて、そんなハイリスクな手段は選ばないハズだ。
突き落とした後、冷静になった沙都子が圭一の生存に気付き、ガスを避けれる場所まで運んだ?
・・・いや、体格的にそれは無理だろう。 ならば可能性として高いのは鷹野さんなのだが・・・
彼女が圭一を助ける事に何のメリットが有るのだろうか・・・?
『真実を勘違いした雛見沢の生存者』が欲しかったのだろうか。自分が逃げ延びる可能性を上げる為に。

そしてもう一つの問題点、古手梨花殺害。
この殺害方法・・・腹部開腹、生きたまま内臓を取り出し、辺りにブチ撒ける。
これは、どう見ても・・・綿流しの殺し方ではなかろうか?
ではこの綿流しの手法を知っている人間は誰か。答えは簡単。
園崎家の人間、或いはそれに近い御三家の上位・・・
そして、それを調べていた人間、鷹野さんも可能性が高い。
ならばやはり、トミーの死と共に失踪したと見せかけて生きていた、
鷹野さんによる犯行だろうか。

相変わらずガスの原因は不明ですが。
鬼ヶ淵沼と園崎トンネルの井戸の中の液体が怪しいくらいか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
20/09/16/19 02/12/15/07の04:09頁

TVアニメ版 ひぐらしのなく頃に〜鬼隠し編 其の壱『はじまり』

録画したのを完全に忘れてた。ので、視た。
うわ、OPから雰囲気作りすぎだなオイ。・・・で、一通り見終わったんだが。
うん・・・まぁ、何かな。ま、いいんじゃない? って程度。
作画は・・・まぁ、何だ。ノーコメ。
何せ展開が速い、って言うか無理矢理詰め込みすぎじゃないだろうか。

部活シーンのギャグっぽさはイイな。ああいうノリ、私は大好きだ。
声優は何かこう、レナに違和感。梨花ちゃんはまぁ合ってるか。沙都子ワロス
某テイルズシリーズのホウキの人を思い出してニヤニヤしちまったぜ。
圭ちゃんは ま た キ ラ 様 か 。
・・・と、思ったらノリがリッド君でしたね、某TOEの。
またテイルズか。お前らは。

・・・で。本題だが。
魅ぃちゃんカワイイな、オイ(〃▽〃)
声とかギャグパートの動きとかが何かこう、何だ。
魅ぃちゃんカワイイよ魅ぃちゃん(〃▽〃)

まぁ魅ぃちゃんはOP前に思いっきりブッ殺されてましたけどねー('A`)

内容は・・・まぁ、早いのはともかく。

圭一『日常たんのすぃー♪』
レナ『ケンタ君おもおもお持ち帰り〜!』
圭一『バラバラ死体確認中じゃね?』
トミー『ヤな事件だったね』
圭一『( ゚д゚)・・・』
トミー『んじゃグッバイ少年』
レナ『遅くなったぜHAHAHA』
圭一『( ゚д゚ )』
レナ『こっちみんなwwwww』

・・・いやマジごめん。
内容語れとか俺に要求するんじゃねぇよド畜生が。鬼かお前ら。これが鬼ヶ淵クオリティか。
強いて言うなら・・・だ。トミー渋い。超渋い。

あとトランプ云々の件、圭ちゃんが『キズで分かるんじゃないよな?』って言った時の、
皆でニタァ〜っと笑った瞬間がツボった。 ・・・お前ら(笑)
罰ゲームの時もか、お前ら(笑) 魅ぃちゃんこえぇ。眼とか動きこえぇ。
圭ちゃんの絶叫の時だけ、キラ様が脳裏を過ぎったぜ。華麗にスルーしたが。

まぁ、今後の流れにwktkしつつも流れが早すぎる。1クールで纏めるつもりかしらん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
20/09/16/19 02/12/15/07の04:08頁

以前に、下記の

『暇潰し』━┳━『鬼隠し』
      ┣━『綿流し』━『目明し』
      ┗━『祟殺し』

と言う構図を書いたんだが。よくよく考えれば、だ。
暇潰しのラストに雛見沢ガス事件が書かれてるんだから・・・

『???』┳『目明し前半』┳『鬼隠し』
     ┃       ┗『綿流し』=『目明し後半』
     ┗『暇潰し』━『目明し前半』━『祟殺し』━『暇潰しEP』

こういう構図か。
『目明し前半』は『綿流し』にしか繋がってない可能性もあるが。

今回も大したネタは無いからまた『目明し』で判明した事を。
些細な物事を書き並べてみよう。

・『祟殺し』における圭一の偽アリバイ

 コレ、皆がグルで綿流しの祭りに居た、って事にしたヤツ。
 『目明し』で詩音が魅音に対して言った、悟史を庇う事が出来る方法の例。
 まるっきりそのままじゃないか。インスパイヤじゃないか。
 つまり、悟史の犯行の時はこの手法を本気で思いつかなかったんだろう。魅音は。
 (ちなみに姉妹の区別が面倒だから圭一と同じ呼称をしている)
 魅音がこの手段に及んだのは、やはり目明し前半での出来事は全編共通だったのだろうか。

・梨花の注射 其の弐

 そういや詩音に襲い掛かった時に彼女が持っていたのは、
 ノドカキムシール(仮)で間違い無いのか? 
 未知の薬品、と言う事はミステリー等の法則上、有り得ない無いが、
 毒物かどうかは兎も角、何らかの薬物であるのは事実か。
 発汗、顔面蒼白、平衡感覚の喪失、これらは中身の効果に間違いないだろう。
 何せリスクを犯して襲い掛かり、しかも目的が注入する事だけ、なのだから。
 危険な、それでいて刺されば確実に優位になれる、即効性の薬物。或いは毒物。
 その可能性が極めて高いと思う・・・否、思っていたのだが。
 ・・・注射ってドコに刺しても効果あるのだろうか?
 場所によっては効きが悪いとか、何らかのデメリットが有りそうなのだが。
 適当に刺したら血管ですら無さそうだし。
 とすれば、麻酔や鎮静剤の類か? 流石に筋弛緩剤は有り得ないと思うが。
 だが刺された梨花は喉を掻き毟ったんだっけか・・・幻覚効果が有るとしても、
 トミーと同じ幻覚を視たって事は無いだろうし。喉掻き毟る時点で絶命していた?
 直接の死因は裂傷による失血性ショックだった?
 ・・・そもそも、梨花の遺体が井戸から上がった時、薬物反応は無かったのだろうか。
 単純に私がそんな薬物が存在するのを知らないだけか? その可能性が一番高いのだが。

・入江の立ち位置

 園崎お魎は入江医師を信用してなかった、と言う事実が判明。
 ならばグルと言う事は無いだろう。
 ここで怪しいのは梨花との関係である。
 鷹野さんがトミーを殺害した時に使用した薬物が、
 梨花が詩音に襲い掛かる時使用した薬物と同一ならば。
 浮かび上がる疑問は、何の薬物か? と言う事と入手手段は? と言う事になる。
 以下、下記。

・梨花の注射 其の参

 鷹野さんは、看護婦と言う立場上、どうとでもなりそうであるが。
 梨花はどうやったて入手したのだろうか。 幾つか仮説が出てくる。
 1.誰でも用意に入手出来る物を使用していた。
 2.鷹野さんから貰った。
 3.入江から貰った。
 4.村の老人、或いは村長から貰った。
 5.病院から持ち出した。

 ハイとりあえず3と4は却下。 有り得ない。
 実は普通の医薬品で、『自分で使う』と言ったとしたら。まず年齢的に危険だし、
 そもそも患者に『自分で注射しろ』等と言う医者も聞いた事が無い。
 老人にしたってそうだ。間違いなく医者に行けと勧めるだろう。
 同様に、『魅音を止めるのに使う』と言ったにしても。絶対止めるだろう。
 老人達は関わらない。或いは『自分がやる』とか言うかも知れないが、入江辺りは止めるだろう。
 で、可能性として残るのは1と2と5だが、恐らく、5は難しいだろうと思う。
 オヤシロ様の使いだ、とか何とか言ったところで、子供が病院に一人で忍び込むなんて。
 入江の病院管理はそこまでいい加減なのか? ・・・と。
 ならば1と2だが・・・俺が鷹野さんと同じ立場なら、圭一や悟史は利用しても。
 古手梨花を利用しようとは思わない。年齢的にアテにならない。
 残るは1か・・・或いは『古手家に元々あった物』か。 どちらかと言う事になる。
 せめて中の液体の色が分かれば、台所周りの物かどうかは特定出来るのだが。
 洗剤なんかを人体に注入したらどうなるのかも気になる所ではあるが、
 間違いなく検死で引っ掛かるだろう。

・『鬼隠し』圭一の死は『ノドカキムシール(仮)』?

 答えはNoだと思う。
 圭一は魅音とレナを殺害後、監督の気配を感じ、逃亡。
 その後日が暮れてから大石に電話、直後に死亡。
 この電話中、既に喉を掻き毟っていたのだ。
 ノドカキムシール(仮)に、幻覚や妄想などを引き起こす効果が無ければ、
 圭一は『祟りは実在するかも・・・』では無く、『××に妙な注射を・・・』
 ・・・と、言い残すのが普通である。
 ならば圭一は、日常が狂ったのも、二人を殺してしまったのも、何もかもが祟りの所為だ、
 そう考え、同時に祟りで死んだ富竹を思い出し、その死に様が脳裏にフラッシュバック。
 自分も同じ死に方をするのでは? と考え、自己暗示状態になり、同じ方法で自殺。
 ・・・まぁ、あくまで予想に過ぎないのだが。なんか無理がある気がするし。
 ちなみに、薬に幻覚作用が無いのは、『目明し』の詩音と梨花の格闘で何となく判断出来る。
 ・・・尤も、梨花は自害した為、幻覚作用が出る前に絶命してしまったのかも知れないが。


・『綿流し』『目明し』の井戸の中の液体

 コールタール状の液体、だったか。 タールコールか? いや違うか。
 アレは何だろう、と。 私の記憶では、黒っぽい、ドロドロした液体、だった気がする。
 つまりその時点で『ただの汚れた水』では無いのだ。
 人間の死体が白骨化する過程で色々流れ出て水と混ざって変質したのか、とも考えれるが・・・
 それなら警察だって、タール状の液体、等とは言わない・・・かと思ったが、圭一相手だしなぁ。
 流石に何で構成されてるか説明する必要も無いと言えば無い。グロいし。だがしかし。
 何か、妙に引っ掛かる言い回しではある。 『祟殺し』の雛見沢ガスと関係があるのだろうか?
 或いは鬼ヶ淵沼と直通か? それなら水質を調べれば分かるか・・・?
 色々溶け出しているのは事実だろうから、その所為で水質調査が困難そうではあるが。
 水に何らかの薬品を、故意に混ぜてある可能性も否めない。

・園崎トンネル

 上記の井戸繋がりではあるが、警察が発見に苦労する程のトンネル、と言うのは・・・?
 一体どういう事だろう。余程の人手不足で無い限り、数十、或いは百人規模で警察は動く。
 それも、園崎家は半崩壊状態であるから、今までより格段に動き易かっただろう。
 それでも発見に日数を要したとなると、相当複雑だったのだろうか。
 なら見つけてスグ井戸に行けた詩音はスゲェな。勘か運かオヤシロパワーか(笑)
 ・・・と言うか、そもそも。
 年代物の白骨や、数日経過した遺体が沢山詰められた井戸があるのだ。
 いくらタール状の液体の中に沈めたとしても、何も異臭がしない物だろうか?
 想像するのもおぞましい程の異臭、腐敗臭がしそうな物である。それこそトラウマ物の。
 とすれば・・・やはり、タール状の液体は何らかの薬品だったのだろうか。
 そしてその薬品に別の何かを大量に混入すれば、雛見沢ガスの出来上がり・・・と。
 ・・・流石にそれは無さそうな気がするが。 『祟殺し』では火山性ガスと言っていたし。

・感染する狂気

 地下牢から救出され、病院送りとなった『園崎詩音』(中身は姉・魅音だが)は、
 重度の精神疾患を演じていた、が。演技だったハズの狂気に蝕まれ、
 挙句の果てに自分が殺した詩音の幻影に苛まれる日々。
 ・・・さて。演技である人格に、本当の人格が蝕まれる。
 これが何かの伏線に思えて仕方が無いのだが。特に梨花の豹変とか。
 古手梨花の豹変には、理由・・・と言うか、『鍵が無い』んだよな。
 母親相手には冷たい目線だったらしいが。被害妄想か・・・?
 あの、『みぃ〜☆』の方は演技な気がしてならない。

・悟史の行方

 『犯人は鷹野さん説』で通すならば、だ。
 彼女にとって、悟史が生きているのは割と不都合なハズなのだが・・・
 どうなのだろうか。消したのか、逃げたのか。
 人形を買ったのは悟史、これは事実だろう。多分、だが。
 鷹野さんが、『悟史は沙都子の誕生日に、輿宮の玩具屋で売ってる、
 割と高額な、大きな人形をプレゼントしてやる為に必死でバイトしている。』
 ・・・知っていたら、流石に情報通と言うか細かすぎる気がする。
 本人から聞いて、買って帰ろうとしている悟史に声を掛け、
 資金を援助し、彼の逃亡の手助けをした・・・?
 『人形は私が沙都子ちゃんに渡しておくわ』とでも言えば、
 人が良く、騙され易そうな悟史は、信じてしまったのだろうか・・・?
 もし、鷹野さんが吹き込んだ、と言うのが事実ならば。
 悟史にとって鷹野さんは、『真実を教えてくれた人』になる。
 ならば、人形を手渡しに行こうとした所に声を掛けられ、
 先の様な内容の話をすれば。
 人形を彼女に託し、姿を消す事も有り得ないとは言い切れないのではないだろうか。
 ・・・まぁ、鷹野さんに殺された線もあるんだが。

・記憶力

 駅員が、悟史らしき人物を見た。
 髪型とか云々もそうだが・・・ひぐらしにおける『髪の色』は何も関係ないのだろうか。
 魅音やレナの髪色が有り得ないのも事実だし、そもそも昭和に金髪もどうかと思うが。
 金髪に赤眼なんて、どこぞの真祖みたいな特徴してるんだから、普通気付くだろ駅員(笑)
 まぁ、全く無関係だと思うが。

・遺失物

 上記の様に悟史らしき人物が、財布無くしたと慌てて駅員に言ったらしい。
 では想像してみよう。これから長旅だ。故郷も家も妹も捨てて、家出だ。
 しかも戻ればきっと自分は逮捕される。時効まで15年間は逃げなければならない。
 ・・・で、財布を無くした。 どうするよコレ。 お終いじゃないか。
 10代半ばでホームレスか? それとも鷹野さんが家を手配しててくれたのか?
 確か未成年は家借りたりするのに保護者か保証人かなんか必要だったよな。
 そして事情を鷹野さんに説明・・・? 助けてー><。 ってか?
 ・・・普通、逃亡生活する人間って、誰とも連絡なんか取らないよな・・・?
 って事は鷹野さんと連絡取れるワケも無し。 未成年がホームレス化したら警察に補導されるし。
 やっぱ鷹野さんに殺されたと考えるべきか・・・



・・・うわ、長いな。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
20/09/16/19 02/12/15/07の04:07頁

『目明し』終了、っと。
詩音と魅音の関係、概ね当たってたのが恐怖。
・・・だが、もし詩音が言った様に、園崎家が関わってないとしたら・・・
また謎が残ったワケだが。

そう言えば途中で気付いたんだが。
魅音が殺したのは、順にお魎、村長、梨花、沙都子、詩音・・・ってトコか?
で、全てが彼女の犯行であったとすれば・・・だ。
この年に起こった祟り=トミーと鷹野さん、って事になるんだが。
トミー殺害は鷹野さんが犯人だろう、と思ってるんだ。私はな。
つまりこの年は・・・祟りが、起きなかった。
そう考えても良いんじゃないか? つまり、どういう事だろう。
1〜4年目は祟りの対象が居た。明確に、居た。
なら5年目はどうだろうか。
鷹野さんがトミーを殺害した。 だから今年は見送った?
・・・ンな馬鹿な。
だったら誰が『綿流し当日に鷹野さんがトミーを殺した』と言う事を知っていたんだ。
だってそうだろ? 事前に知っているか、目撃しているか。どちらかの要素が無ければ。
知るはずが無いのだから、別の祟りの被害者が発生しているハズなのだ。

・・・と、言う事で仮説だ。
本来の祟りの被害者、つまり村の仇敵は・・・
1〜3年目、つまり『ダム工事現場監督』『古手夫妻』『北条夫妻』の三者。
これらだけで良かったのではないだろうか。
4年目は誰も殺す必要は無かった、しかし祟りは起きてしまった。
4年目のみが別の犯人が居た。 つまるところ私の予想では・・・
鷹野さんに吹き込まれて犯行に及んだ、北条悟史。
5年目はついに、鷹野さん本人が動いて、トミーを殺害。
動機はやっぱ好奇心か、猟奇趣味か、その辺りで。

コレじゃないとしたら、他に怪しいのは入江医師か古手梨花か園崎姉妹の両親、つまりヤの方々。
その程度しか残らないんだよな・・・俺の脳内では。

疲れたから続きはまた次回。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
20/09/16/19 02/12/15/07の04:04頁

今日はまだ触れてはいない。

ただ、気になったが些細な為、
あんまり関係無いだろうとに流してしまった事を。
書いてみようかと思う。

・色盲?

 沙都子ですら、具体的な年齢は不明だが、問題だと思う。
 それを兄の悟史ですら同じミスをするのだから、これは・・・と。
 つまるところ、『ブロッコリーとカリフラワーの区別』である。
 兄妹共に揃って色盲、と言うのもどうかと思うが。
 遺伝、或いは心因性だとすれば。ほぼ同じ環境下に居た二人なら。
 全く有り得ないとも言い切れないか。
 ・・・だが、これが事実として、作中にどう関係していたかは不明である。

・温度差?

 沙都子と悟史にとって叔母に当たる人物、北条玉枝。
 彼女は村人から疎外感を感じていた、らしい。
 そして悟史は村人達から、評判が良かったらしい。
 北条家は過去のダム建設の折、賛成派だった為、嫌われているのは分かる。
 だが、玉枝が感じていた程の物では無かった、つまり被害妄想ではなかろうか?
 ちなみに今回は関係無いが、虐待をしていたのは概ね叔母だったらしい。
 つまり『祟殺し』で叔父は沙都子をコキ使ってはいたかも知れないが、
 虐待まではしていなかったのではないだろうか・・・?

・二重人格? 分裂病?

 レナ・・・・・恐らく、嘘というキーワードに反応・・・? 過去の出来事に起因。
      体験したオヤシロ様の祟り、或いは硝子破壊等の学生生活に関係か。
 魅音・・・・・『頭首モード』とかその辺か?『鬼隠し』終盤で圭一が感じたのは妄想。
      推察通りなら、大して問題は無い。公私の分別、真面目モード、程度。
 沙都子・・・『鬱モード』としか言い様無いな、いやマジで。過去の事を思い出すと発症?
      何事にも過剰に無く? 自虐? 苛められている、という事を周囲に演出しているのか?
 梨花・・・・・何だろう。『暇潰し』には顕著だった。冒頭の詩の『フレデリカ』? 基準は不明。特に害は無い?
      母親に対しては『フレデリカ』だった? なら家族関係に起因? 赤坂に妻の危険を予告。
 詩音・・・・・推察通りなら、『鬼モード』・・・か。原因は不明。恐らく魅音との関係、或いは悟史失踪に起因。
      そういやクールになれ、って言ってた。笑い方が怖い。ぐげげ。間に合った、げげげげげ。
 圭一・・・・・間違いなく『KOOLモード』 クールになれ、っていうのは自己暗示?
      自己暗示掛けすぎて大暴走、って有り得るのか・・・?

 これらをある程度分別してみるとどうなるか。
 レナ・・・・・精神分裂病に近いが、形容し難い為、割愛。
 魅音・・・・・営業もーど♪(笑)
 沙都子・・・過去の記憶のフラッシュバック症状? 正式な症状名不明。虐待被害者に見られる傾向。
 梨花・・・・・二重人格? 普段の性格は演技?
 詩音・・・・・自己暗示、精神分裂病等、他未確認多数。
 圭一・・・・・現実逃避、被害妄想、幻覚、自己暗示、精神分裂病等。

 ・・・名称がわからん、自分の知識の浅さを呪うぞ。
 とりあえず、精神分裂病の広義は・・・
 確か、被虐待者等が、『虐待されているのは自分以外の可哀想な子』みたいな感じに、
 自分以外の自分、分身を作り心の痛みを軽減する。自己投影だか何か、そんな風だったと記憶している。
 ならば圭一やレナが過去に聞いた、背後の気配や足音は、ソレではないか? とも考えられるが。
 追記:悟史もこの症状に当てはまる。となるとやはり彼も・・・?

・梨花の注射?

 『綿流し』EDで大石が言っていた、井戸から上がった梨花の遺体の、ポケットの注射器。
 大石は糖尿を疑ったが、そんな描写は無かった為違うだろう。
 薬を打たれて殺害されたとするなら、ポケットの中にわざわざ残す必要も無い。
 と言う事は、殺される前に自分が使おうとした? とすれば自分に? 相手に?
 何らかの毒物であった可能性も存分にありえる。
 噂のノドカキムシールか!?(えー

・トミーが殺される理由

 ・・・何で? トミー何か悪い事したのん?
 もし予想通り鷹野さんが犯人だとすれば・・・とばっちりじゃないか。トミー哀れ。
 そう言えば彼は自称カメラマンだが、実際は違うのではなかろうか。
 富竹ジロウ、と言う名の人は居ない、偽名。だとしても。
 警察が雑誌社などに問い合わせてすら分からない、となると、存在すらしない可能性がある。
 余談だがコミック版鬼隠し編では『フリーのカメラマン』と紹介された際、微妙な反応が。
 売れてないから言い淀んだ、というだけなのだろうか? 本当に? 嘘だとしたら?
 年に2、3回という微妙な回数、カメラで撮影、そして立場を隠す=やましい所がある。
 ・・・と言う所から察するに。
 1.祟りを暴きに来たジャーナリスト
 2.国から送られたダム工事関係の人間

 2の方が説得力はあるし、祟りの対象としても完璧なのだが、
 それだと警察が素性を掴めないワケが無いので。恐らく除外かなぁ、と。
 1の方は何か微妙な感じ。もう少し他に、何か無いのだろうか。
 あまりに深入りしすぎて・・・となれば、鷹野さんに殺される理由にはなるが。



流石に長いしネタ尽きそうなので、以下はいずれ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
20/09/16/19 02/12/15/07の04:03頁

私は眺める、空を眺める。
私は眺める、澄んだ蒼い空を。
私は眺める、果てしなく広い空を。
私は眺める、何一つ無い無限の空を。
あぁ、空はどこまでも。
澄みきっているのだろうか?

私は眺める、空を眺める。
私は眺める、傲慢な色の空を。
私は眺める、歪な石塊に蝕まれた空を。
私は眺める、冷たい線に切り取られた空を。
あぁ、空はどこまでも。
穢れきっているのだろうか?

それでも私は眺める、移り往く空を。



何が言いたいのかと言いますと、今年は花粉症来ないなぁ、と。
昨日、『目明し』やろうとしたら謎の頭痛が。
風邪でもなく、肩凝りという事もなく。
完全に原因不明な、頭痛が。
私はついに、抑止力と言う物を見たのだった。

それはさて置き、少しだけ『目明し』やってみた。
圭一が訪れる1年前の世界、園崎詩音が主人公。
で、北条悟史失踪の秘密に迫る。ってトコでしょうか。

とりあえず、悟史失踪→一年後。 の移り変わりくらいまでは進めたが、
現時点で『綿流し』の真犯人に関わる重大ヒントは無し・・・無かった、と思う。
代わりにそれ以前の、4年目の祟りに関しては随分掘り下げた感じだが。
相変わらず確信した事を考察してみよう。

・03:1D頁 北条悟史の犯行か否か。

 さて、これはいよいよ真に迫ってきたと思う。
 (私がプレイした範囲での)最後の方で、詩音と大石の会話で出た説。
 『誰かが悟史に犯行を扇動した』と言うこの説。
 これはほぼ確実じゃないだろうか。
 普段の彼の言動が、演技でなければ。素であるなら。
 彼は、北条悟史は。殺人を考え付く性格ではないだろう。

 ならば彼を扇動し、『4年目の祟り』のシステムに組み込んだ人物が居る。
 これは間違い無い事だろう。
 今までの、過去の事件も同様かどうか、となるとやはり情報不足な為何とも云えないが。
 強いて言うなら怪しいのは・・・やはり園崎家だろうか。
 だが彼の態度と、その急変っぷりから察するに、園崎に関わる情報を・・・
 それもそう、何か、穏やかじゃない情報を与えられたという事か。
 ならば大石か? だが、彼は警官で、しかも悟史を探す側の人間だった。

 ・・・あ・・・れ?

 本当に寒気がする瞬間、と言うのは、確かに存在するのだろう。
 敢えて言おう、寒気がした。書いてる途中で寒気が。

 居たじゃないか。一人。
 詩音が図書館で調べ、悟史の行方を考えている時に。
 一年後、綿流しの後や病院、時には祭具殿の中で。前原圭一に対して。
 ・・・それらの時と同様に、彼に、北条悟史に、話したのだろう。
 嬉々としながら。不気味な笑みを浮かべながら。
 雛見沢の、否。鬼ヶ淵村の異常な風習、文化、歴史、それらの、『裏』を。

 鷹野三四、彼女が。

 彼女こそが、北条悟史に、全てを話した人物。
 それこそゴシップ程度の話から、実在した物、或いは自身が調べ上げた物まで。
 詩音の時と同様に。疑心暗鬼になる様に。
 圭一の時と同様に。人間不信になる様に。
 悟史にも・・・?
 ・・・彼女なら、確かにやりかねないと思う。
 彼女は一応、雛見沢の人間・・・になるのだろうか?
 少なくともある程度、ご近所の噂話程度の情報は知っているハズだ。
 ならば、北条悟史の家庭の事情なども熟知しているだろう。
 そして綿流しの日が迫るある時、ストレスで体調不良を訴える彼に。
 『叔母を殺して遠くに逃げれば? 綿流しの日なら、祟りという事にされるから。
  警察も深く追っては来ないし、完全に姿を眩ませる事が出来る。』
 ・・・そういった内容の話を持ちかけるのだろうか。

 そして悟史は叔母を殺害し・・・その後は・・・?
 やはり姿を隠し、新幹線で遠くへ・・・?
 それとも、自供を恐れた鷹野さんが、彼を・・・?

・・・彼女の存在は、以前記した以上に、重要なのでは・・・?

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
20/09/16/19 02/12/15/07の04:01頁

私は嘘吐きでした。
私は嘘吐きであるべきでした。
私は嘘吐きであろうとしました。
私は嘘吐きである事を望まれていました。

誰もが嘘吐きでした。
誰もが嘘吐きであるべきでした。
誰もが嘘吐きであろうとしました。
誰もが嘘吐きである事を望まれていました。



私は嘘吐きではいられませんでした。

     私だけが嘘吐きではいられませんでした。



−四月馬鹿 〜 閑話休題−
(ここからは部活の1シーン等のBGMを想像しつつ、お楽しみ下さい。)



畜生。エイプリルフールをオフラインで過ごしちまったよ。
四月馬鹿ネタを構想したり、人のネタをニヤニヤしながら楽しんだり・・・
と言う年に一度の俺の楽しみが台無しです。もう泣きそうだ。
ある意味正月とかより楽しみだったのにな。もう泣きそうだ。
クリスマスより〜とか思ったヤツ、貴方を負け組です。泣けよ。

でも四月一日って怖いよな。新聞広告とかで、近所のスーパーが新春大安売り!!
・・・とか書いてても、心のどこかで「嘘じゃね?」とか思ってしまうんだ。
ってか思うよな? 普通疑うよな? 思うだろ?
私だけか、そうか。

そうそう、日記とひぐらしだけでオフラインを満喫してる私ですが・・・
ついに20歳です、ハタチです、成人です、三十路でs・・・いや違う。

うはwww10代オワタwwwww南無wwwwwwwっうぇwww

・・・泣きそうです。笑えよベジータ。
残念な事に20歳になってもメリットって皆無なんですよ、私。
タバコは吸えないし。
酒はまぁ、飲めなくは無いんだが、普段から飲もうと思わないし。
祝い事とか限定、みたいな?

ブラックのコーヒーがあれば万事OK、って感じか。
友人曰く飲酒喫煙の代わりにコーヒーだなお前は、って感じらしいが。
カフェイン中毒か。 末期だな、ボスケテ。

「tu-kaてめぇタバコやめろよ、前もやめるとか言って三日坊主だったろ。金の無駄だ、やめちまえ。」
「じゃあお前さん、コーヒー飲むなと言われて耐えれるか?」
「だが断る」
「つまりムリスwwwか。把握した。」
「おk」

何だかもう戻れないよ私orz
ほっといたら1日5杯以上は流し込むね。お陰で我が家のコーヒー消耗早sg

そういや先日、安かったから実験がてらブレンディ買ってみた。コーヒーな。
いつもはネスカフェなんだが。挑んでみた。

結論:クソマズイ!!

もうね('A`)



そろそろ『目明し』に手を出してみるか・・・

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
20/09/16/19 02/12/15/07の03:1F頁

03:19頁で記述した様に、物語の分岐点は前原圭一の行動、だと思う。
古手梨花の言動・行動が不鮮明かつ不明で、或いはそちらの可能性も拭えないが。

つまり物語は、

『暇潰し』━┳━『鬼隠し』
      ┣━『綿流し』━『目明し』
      ┗━『祟殺し』

・・・と、言う事なのだろうか。
暇潰し〜三編への流れは不変なのだろうか。
この間の、『〜』の部分にバラバラ殺人や北条夫妻の死、
古手神社神主夫妻の死、北条悟史の失踪、と言った事件があるが、
これは完全に不動にして不変の出来事なのだろうか。

今まで私がやってきた全編に言えるのは、
『〜』の部分、そしてその部分の情報の不足である。
作中での大石、鷹野、富竹、そして時には詩音。
そういった一部の人物以外からの情報は極端に少なすぎる。と思う。
更に情報を持つ人間が限られる、と言う事は。
その人間が持つイメージ、偏見。それらの影響を多分に受けているのだ。
全てを鵜呑みにするのは早計すぎるだろう。

やはり、これらもいずれ語られるのだろうか・・・?

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
20/09/16/19 02/12/15/07の03:1D頁

更に前回の続き、北条悟史の件について。

・4年目の祟りは北条悟史の犯行?

 ・・・と、考察しようと思ったが。
 そもそも5年目以前の事件に関しては、情報が少ない。
 現状ではどうしようもないので後回しにしよう。



で、唐突ではあるが、私は超常現象を信じない。唐突ではあるが。
私は超常現象が存在しない、とは断言しない。出来ない。
人は全てを理解出来る、等と言うほど傲慢ではない。
ただ他人から与えられる情報で、それを超常現象だ、と言われて、
鵜呑みにしてやる程、私は真っ直ぐな人間ではない。ただそれだけ。



前回同様、『綿流し』の考察、と言ってももう真実に近付くネタは無いが。

とりあえず祭具殿でのシーンを考察してみよう、と思う。
鷹野さんが圭一に雛見沢の昔話を、若干怖がらせながら、していた。
圭一はそれを聞き、少なからず友人や、村そのものに不信感を抱いた。
鷹野さんの話が、盛大にゴシップの記事なども含んでいると思われるので、
嘘半分程度に考えるべきだろう。

だが。

私が考えるのはその事ではない。これが、『鬼隠し』の様に、
前原圭一が明確に誰かを殺害するならまだしも。

そう。

私が疑問に抱いたのは、
子供が飛び跳ねる様な、
詩音と富竹さんが耳にした、
この、音。───。ドタンバタン。

逆に考えれば、圭一と鷹野さんは全く耳にしていない事になる。
これもある程度可能性を考えてみた。
 1.そんな音は存在していない為、詩音と富竹さんにだけ何かが聞こえた。
 2.その音は実際に存在していたが、圭一と鷹野さんには聞こえなかった。
 3.そもそも詩音と富竹さんが聞いたのは違う音。
 4.<B>いた。</B>

まず4は除外。 私ぁ信じない、信じないぞー?
3だという可能性もあるが、それにしても1か2か、どちらかが3と同時に起こってる必要性がある。
つまり1か2かは確実に選ぶ必要がある。
1は、様々な可能性がある。空耳、窓などの位置による聞き間違い、何か物が動いた音、等。
逆に2だとすれば、特殊な技法が必要になる。
全く同じ音量を、全く同じ距離で、遮蔽物等の条件も全く同じで、逆側からぶつければ。
完全な中心点だけは、音が聞こえない。 そういう理論だったと思う。

○がスピーカー、A〜Dが人とした時、

     A
      B
        C
 ○         ○
      D
      
こういう位置関係だとして、スピーカーから全く同じ音量、周波数の音を同時に流せば、
互いの音波を完全に打ち消し、AとCにだけ聞こえてBとDには聞こえない、と言う理論。

実践した験しが無いし、あくまで理論なので実際にどうなるかは私にはわからないが。
こういう理論は実際に存在する。私自身が何故か知っていたし、トリックか何かでもやってたし。

だがこれは致命的問題が発生する。
仮に、圭一と鷹野さんがBとDの様に、聞こえない位置に居たとしよう。
しかし彼らは中を見学していたのだ。全く動かなかったワケでは無い。
更に建物の中は音が反響する為、この理論は用いにくいと思う。
まして祭具(拷問道具だったが)でゴチャゴチャしている建物だ。この理論が通用するとは思えない。

ならば、彼らが聞いた音は何だろう。
富竹さんに関してなら、いくつか可能性がある。
鷹野さんが祭具殿に入る時、富竹さんの後ろに何か仕掛けて行った場合。
・・・そんなお茶目な人とも思えないので却下。
冗談はさておき。
梨花ちゃんの舞が終わり、魅音達との会話で、
『あんなのは失敗に入らない』と言っていた。
つまり梨花ちゃんは失敗し、その時何か大きな音が。
それが祭具殿の扉の前に居る富竹さんの耳に入り、中からの音に聞こえた。

ガレージとかなら良く分かるだろう。中に入り、入り口の方に向いて。
外から聞こえる音は、後ろや周囲の壁に反響し、時折後ろから聞こえた様にすら思える。

ただこれはカナリの無理があると思うが。
ある程度奥行きが無いと、中と外の音を聞き間違える程は反響しないだろう、と思う。
ただ梨花ちゃんの失敗による音、や。
或いは梨花ちゃんの舞で歩いた振動が伝わって聞こえた、という可能性は完全に否定は出来ないと思う。
祭具殿と本殿との距離、ドタンバタンの頻度。これが問題だろうか・・・

ただしコレは、あくまで富竹さんに限った話である。
詩音の場合、祭具殿に窓、或いは隙間があり、その近くに居た。
そういうケースでなければ説明は付かない。



相変わらず分からない事ばかりだ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
20/09/16/19 02/12/15/07の03:1A頁

私は手を伸ばさなかった。
私は手を伸ばせなかった。

新しい世界に触れれば、新たな世界を知る事が出来る。
新しい世界に触れれば、今ある世界は確実に狭くなる。

知る事で答えに近付き、
知る事で可能性を磨り減らす。

知る事で可能性を塗り潰し、
知る事で新たな可能性を見る。

私はそれが怖かった。
今ある可能性を失うのが怖かった。

私は手を伸ばさなかった。
私は手を伸ばせなかった。



先日の続き、私の中では確定している事項を書いてみようと思う。

・トミーと鷹野さんの変死

 5年目の祟りか、と言う話だが。
 トミーは何らかの方法で殺害されている、コレは周知の事実だろう。
 だから逆に、鷹野さんについて考えてみようと思う。
 『鬼隠し』や『祟殺し』では死体が発見されない為、鬼隠しに遭った。
 ・・・そう処理された為、5年目の祟りの犠牲者もまた二人だった。
 だが、『綿流し』では鷹野さんの死体が発見された。発見されてしまった、と言うべきか。
 つまり、彼女が綿流しの日に『殺された』事によって、鬼隠しに遭う人数が二人になった?
 それが前原圭一と園崎詩音、となるわけだが・・・
 さて。
 私は鷹野さんが死んではいないのではないか、と思っている。
 彼女は雛見沢の文化、風習に異常なまでに興味を示しており、
 その知識はゴシップの類も含め、相当深いと思える。
 ・・・ならば、トミーを殺害し、『自分自身を鬼隠し』にする事で、
 完全に自由に動ける様に仕組んだのではないだろうか?
 鷹野三四という人物は存在して、だが圭一達が知る彼女では無い。
 つまりはそういう事だろう。
 圭一自身、大石から富竹の写真は見せられたが、鷹野さんの写真は一切見せられていないんじゃ?
 ならば彼女が『鷹野三四』を殺害し、山中にて焼いた。という事か。
 そう言えば最後に大石が、死亡推定時刻が合わないとも言っていたし。
 ただ単に『トミーと一緒に居た女性』と『鷹野三四が焼死体で発見』と言う、
 二つのキーワードを勝手に結びつけ、勘違いしただけなのではなかろうか。
 もしそうなら、圭一達どころか警察まで騙していたという事になる。

 今回の事件で、鷹野さんは大きく関わったワケではない、と思う。
 だが、これが『鬼隠し』や『祟殺し』でも同様の手段で、
 しかも遺体が発見されない、完全な祟りの成立だとすれば。
 自由に動き回れる人物が一人出来上がる事になる。
 念の為に殺しておけば、発見されたとしても『鷹野三四』は死んだ、という事になる。
 つまり自分には追っ手が掛からない・・・という算段だろう。
 彼女一人が自由に動き回れる、と言うのは非常に大きな問題になるだろう。
 何せ我々、考える側が全く見落とした位置に、一人。
 猟奇嗜好で好奇心旺盛、しかも『祟殺し』ではトミーの自転車を車に積んでいた、
 そんな妖しい人間が、誰にも気付かれず、自由に動き回っているのだ。
 端的に言えば、『鬼隠し』のラスト、『綿流し』をプレイしていない為、
 完全に未知の人物である、監督が出てきた。
 その程度に状況を混乱させると考えていいだろう。
 しかし彼女は恐らく、今回の『綿流し』には関与していないのでは無かろうか。
 祭具殿に入った=殺される危険性がある為、スケープゴートを用意・・・か。
 遺体が発見されたのは偶然か、それとも彼女が意図したのか・・・。
 後者だとするならば、何故か。
 『鬼隠し編』、『祟殺し編』では『鬼隠し』に遭ったという事にして、自由に動く必要が。
 『綿流し編』では『祟りで殺された』という事にして、逃げる必要が・・・?
 上記二つと下記一つの致命的な違いは、祭具殿に入ったか否か、である。
 描写が無いだけで、全てで入った可能性も有り得るが。

 トミー殺害、及び『鷹野三四』殺害の動機に関しては不明。
 『自分の手でオヤシロ様の祟りを起こしてみたかった』
 とか、そんな異常な理由かもしれないが。

 未だ謎は残る。だが・・・

 鷹野三四、と名乗った彼女は、カナリ核心に近い人物ではなかろうか・・・



『目明し』まで後数日。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
20/09/16/19 02/12/15/07の03:19頁

現時点での疑問、そして確定済の事を書こう。

・物語の『分岐点』は前原圭一の行動、或いは周囲の何らかの要因である。
 これはほぼ、確定。
・トミーの殺害方法、これに関しては疑問が残る。『鬼隠し』ラストの圭一の死因も同様か。
・『鬼隠し編』には詩音は登場しない=関わってすらない

と、ここまで書いて思い出す。これから手を触れようとしている『目明し』は、
確か『綿流し』の裏・・・と言うか、まぁ確実にソレ絡みの話だったハズだ。
ならば焦点を『綿流し』に絞ってみよう。

前に一通りやってから随分時間が開いてしまった。
まずは記憶を元に考えてみよう。 もう一度触れるのは後にしよう。怖いし。
また最初の様に疑問と確定を書き出そう。
とりあえず今日はコレから。

・詩音と魅音の入れ替わり

 大前提として、間違いなく入れ替わりは発生している。
 これは圭一も達していた結論だが、何かが違う。正確な時期、動機は不明。
 時期に関しては、
  1.最初から、出会った時から。
  2.物語の途中、大して描かれては居ない所?
  3.くけけ電話の時
  4.園崎家に踏み込んだ時点

 可能性としてはこの程度か。
 作中の流れからして、二人が共犯で無い限り4は除外。
 そして共犯説は除外。片方(大石は魅音と言っていた)が井戸で死んだのは、
 もう一方に殺されたと考えている為だ。
 3も、くけけ以前の電話も入れ替わっていた、圭一同様そう考えるならば除外か。
 可能性として残ったのは1と2だが、この時点では判断は難しい。

 『くけけ電話』の時、既に考えはかなり固まりつつあった。あったのだが・・・
 園崎家地下の場面で、具体的内容は覚えていないが、『魅音』が『詩音』を、
 自分より『上の立場として目障り』つまり眼の上の瘤の様な言い回しで罵ったシーンがあった。ハズだ。
 何だったか。確か『積年の恨み辛み』とかそういう言い回しだったと思う。多分。
 だとすれば、だ。本家の後継者として認められている『魅音』が。『詩音』に対して恨みを抱く、など。
 過去に余程大きな事が無ければ、まず有り得ないだろう。逆ならばまだしも。
 これはどういう事だろう?
 またいくつか可能性が出てくる。
  A.入れ替わりなど無く、ただ魅音より詩音の方が能力的に優れていた
  B.両者共に芝居で、牢の中に居たのが魅音、犯人は詩音
  C.実はかなり昔から入れ替わっていた為、魅音と詩音は常に逆だった

 ・・・このくらいか。Aは恐らく、有り得ないと思う。
 確かに魅音は詩音に苦手意識を持っていたし、詩音の方が一枚上手な感はある。
 だが、仮にも魅音は園崎家次期頭首であり、立場は詩音より上。
 ならば、この説は除外していいだろう。
 BかCの二つだが、これは前者の選択との組み合わせになる。
 つまり、前者の選択の答えが1であれば、後者はCとなる。
 逆に前者が2なら、後者はBとなる。 恐らくだが。

 つまり纏めると、
 甲.1-C:カナリ昔、圭一やレナと出会う以前から二人は入れ替わっていた。
      正確な時期、原因は不明。親族が知っていたかどうかも不明。
      (詩音、魅音ではややこしいので)妹の方が極端に優れていたなら、親族の所為かも。
      その為、妹・詩音が頭首・魅音として、姉・魅音は詩音として育ったのではないだろうか。

 乙.2-B:大した描写も無く、誰も気付きもしない間に入れ替わりや一人二役を演じていた。
      牢の中でのシーンも芝居。二人は共犯、或いは牢のシーン前にどちらかが打ち明け、
      もう片方がその犯行を庇おうとして口裏合せをした。が、一方が裏切り、
      犯人=『魅音』=井戸で死亡。と言う形で、隠れ蓑にしようとした。

 どちらだろうか。まず入れ替わり、そして牢の中に居たのは、圭一達から見れば魅音、
 これは確実だと思う。
 そもそもが不自然なのだ。出会って間もない詩音が、牢の中から、必死に、
 『私を殺してもいいから、圭ちゃんを殺さないで』
 ・・・有り得る話だろうか? たかが数日しか会った事も話した事も無いのに?
 ならば、1ヶ月程度と言え、友人として過ごした魅音が言ったと考える方が自然だろう。
 恋心を抱くにしても同様。数日一緒に居た詩音よりは、魅音の方が説得力はある。
 そう考えると、そもそもあの地下の場面は、芝居ではなく・・・
 『牢の中の魅音が、圭一を殺そうとしている詩音に、言った言葉』なのではないか?
 牢の中からの叫びが、『お姉ぇ』や『魅音お姉様』なのが引っかかるが、
 甲の説、つまり本来は両者が逆だった、と考えれば、
 極端なパニック状態、或いは危機的状況、その状況での立場的優劣関係、など異常性を考えれば、
 相手の機嫌を取る為にも、本来の関係で話すのは完全に有り得ない話ではない。

 そして最後に。地下の井戸で転落死したのは・・・間違いなく、牢に居た方、だと思う。
 圭一が気絶させられ、警官が踏み込むまでのタイムラグは不明だが、
 即座に行動し、圭一同様、スタンガンで気絶させ、服を代え、井戸の中に投げ落とし、牢に戻る。
 あちこちにカギを掛けて時間を稼いだなら、不可能な話ではないと思う。
 私の読みが当たっているのなら、圭一達の親友で、園崎魅音として育てられた、詩音・・・となるか?

 つまり、綿流し以降の全ての犯行が、ほぼ直接的に。何らかの事情で詩音として育てられた、
 姉であり、本来の『園崎魅音』が犯人、と言う事か。

 まぁ、圭一を殺さなかった理由とか、トミー殺害とか、園崎家がどの程度関わったかとか、
 EDでの奇行・・・は、恐らく演技か? とか、最後に圭一を刺しに来た理由とか、
 魅音しか分からない筈の人形のエピソードとか・・・ベランダからの転落死とか。
 不明な点は多すぎるが、EDでの奇行が、全て演技じゃなく、
 ある程度、或いは全て素だとしたら。
 ・・・祭具殿で聞いた、ドタンバタンという、子供が飛び跳ねる様な、音。
 彼女が狂う理由は、確かに存在していると思う。
 だとすれば、圭一を刺しに来たのは精神的にアレだからで、
 転落死は自殺、とも考えられるか・・・?



だが所詮は机上の空論に過ぎない。
全ては『目明し』で語られるのだろうか・・・?

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
20/09/16/19 02/12/15/07の03:18頁

ひぐらしをやろう、と唐突に思った。
それがどういう意味かは分かっていた。
それがどういう結末になるかは・・・

とりあえずタイトルは私にしか分からぬ様、暗号にしてみた。
容易な上にシンプルそのものではあるが。

現時点で、『鬼隠し』『綿流し』『祟殺し』『暇潰し』
ここまでは進行してある。
少し眠い。残りはまた明日にでも書こう・・・