燃料電池も種類はいろいろ



Tom  2007年10月30日





 次世代の自動車の動力として脚光を浴びている燃料電池も、用途によっていろいろな種類があります。それこそ、発電所の小型版とでもいうべき、一軒家に備え付け送電線を不要にする住宅や山小屋向けのものから、自動車用、更に小型になればノートPCや携帯電池用といろいろな使われ方があります。また、燃料として想定されているものも、自動車ですらガソリンと水素の2方式がありますし、ノートPC用はアルコールが研究されてもいます。

 ハイブリットについても、自動車用途ですらトヨタのようにモーターの位置づけをより大きくし、発進はほとんどモーターとし、周辺機器もそれに見合った設計をしているもの、およびホンダのようにモーターは明確に補助と位置づけ、エンジンはいつも回っているものもあります。また、今回のモーターショーではダイムラーがベンツSクラス用として、ディーゼルハイブリッドを展示しているようですが、どのような方式を取っているのか興味深いです。

 技術の揺籃期はメカ好きには面白い機構が次々に出てきて楽しいですね。





※ブラウザの「戻る」ボタンでお戻りください