乗り継ぎ荷物

 

Tom  2005年 3月 6日

 

 

 とも様が例として挙げられているシカゴ空港、実は私が初めて海外旅行したときにトランジットで降り立った空港です。JAL便で到着し、通関した後セキュリティエリアを出る前にAAの乗り継ぎカウンターがあり、そこでトロント行きの荷物を預け、手荷物は機内持ち込み用のバックだけで北米線ターミナルに移動したことを思い出しました。

 何分、最初だったのであれがスタンダードだと思っていたのですが、その後海外でも(コペンハーゲンやパリ・CDG)日本同様ガラガラとスーツケースを引っ張っていかなくてはならないことがあり、決してスタンダードではないようです。

 ただ、セントレアの場合、仮にも新しい空港で、かつサービス向上を掲げているわけなのだから、他空港の良い例を取り入れていくこともできたのでは、と思うと少々残念ではあります。垂直乗換えなら楽だろう、と思うのは壮健な健常者の考えで、利用者には障害者や老人・子供連れなどいろいろな層の方がいるのを忘れてはならないと思います。

 トヨタ生産方式では「なぜ(という自問自答)を五回繰り返して先に進め」という原則がありますが、国内・海外乗継に関しては本当に「何故を五回繰り返したのか」疑問の残るところではあります。

 

 

 

 

※ブラウザの「戻る」ボタンでお戻りください