LEGACY|ALIEN|ALIENS|ALIEN3|ALIEN:RESURRECTION|AVP|OTHER
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
OTHER
TOPLEGACYデータベースエイリアン・データドッグ・エイリアン
ドッグ・エイリアン/DOG ALIEN (ニュー・エイリアン/NEW ALIEN)



犬に寄生したため3のエイリアンはとても特殊な生体である。
誕生してからは3段階に分けられ、
誕生して、脱皮するまでは「ドッグ・チェストバスター」。
排気口のシーンで一瞬だけ登場したのが「ドッグ・エイリアン」。
その後、リプリーの前に姿を現してからは「ニュー・エイリアン」
と呼ばれる(ニュー・クリーチャーとも呼ばれることがある)。
これら3つを一般的に第2段階の名を取って「ドッグ・エイリアン」と呼ぶ。
だが、当分析レポートでは三つを一つとして記載させていただく。

チェストバスターから既に他のエイリアンとは違う性質を持っている。
他のチェストバスターよりはるかに大きく、
寄生していた犬とほぼ同じ大きさである。

成体への成長過程の中間地点であるドッグ・エイリアンは
成体であるニュー・エイリアンと変わらない能力を身につけている。
ただ、この段階ではまだ、二本足で立つことは出来ない。

成長したニュー・エイリアンは犬の能力を身につけたため、
他のエイリアンよりも素早く行動することが出来る。
移動するさえには犬の名残で四本足で移動する。
その素早さが故に走っているときは重力も物ともせず、
天井を走ることも出来る。
人間に寄生した他のエイリアンよりも劣っている点は
知能と言われているが、幸い3では知能は
あまり必要ではなかったため、「最強」の存在であった。

細かい点は「エイリアン」とほぼ同じである。

※エイリアン3<完全版>では名前が変わる。
  ドッグ・チェストバスター→バンビ・バスター
■エイリアンデザインの特徴
・脚が逆関節である。
・後脚が発達している。
・鋭く尖った尻尾。
・背中の突起物を取り除いた。
・指が長い。
■解説
とてもシャープなエイリアンですね。
囚人達を全滅に追いやっただけのことはあり、
確かに他のエイリアンより強そうです。
流石は「ダークな美学の鬼才」である
フィンチャー監督とギーガーの合作です。
エイリアン視線の画像を見れば分かるとおりズバリ「速いです」
疾走感溢れていて人間よりもコイツを応援したくなるのは
私だけでしょうか?