バイクカスタム、自作パソコン、各種DIY、フィギュア、プラモなどオタク文化の垂れ流し『生きている間くらい、好きな事をして生きる』

ユウクの垂れ流し日記mixiお問合せメール関係者宅?

バイク部屋 〜ホンネで話すカテゴリ〜

独断と偏見です。
一言で言うと、バイクの性能は用途による。
一台きりで全部は無理
メガスポーツ
メーカーのプライド
大排気量、大出力の高性能マシン
フラグシップとして産声を上げたメーカー製のモンスター
最高時速300km/hに達する超高速ツアラー
ありあまるトルク、どこまでも回るエンジン
脳がズレる加速と絶大な安定感を味わうことの出来る至高のジャンル

@本音
すでにブームは過ぎ去り過去の栄光
結局YAMAHAは参戦せず、有名どころはCBR1100XXとハヤブサ、ZZR1400のみ
上記の3バカのおかげで300km規制が出来た。
大出力だが超重量
タンデムで200km/hクルーズは伊達ではないが、当然道交法違反なので国内で真価を発揮する事はない。
スーパースポーツ
サーキットを走るレーサーからフィードバックされる最新技術をふんだんに盛り込まれたメーカーが威信をかけて販売するフラグシップ
「速さ」に特化したバイクである為、ポジションは前傾姿勢
楽に逃げる事を許してはくれない、選ばれた人の為のバイク
高性能エンジンの怒涛の加速は凄まじく、一度体感すると他のバイクに戻れなくなる。不快な振動もなく、ライダーに求められるのは「つい」の速度超過をなくす自制心。気付けば大台に突入する安心感は流石の一言。
シート高は高いが車重がとても軽い為、意外と取り回しもしやすく初心者でも乗れる。
カウルのおかげで意外とツーリングにも向いている。


@本音
メーカーの技術の結晶は毎年変わる。
モデルチェンジの激しいジャンルなので、購入したらすぐに型遅れ。
バーハンドルに変更する為のキットも販売されており、楽に逃げる人多数
「盆栽ライダー」率高し
“意外と”取り回ししやすい
“意外と”ツーリングにも向いてる
冬でもあったか激熱の廃熱、フレームで太ももこげる。
ツアラー
長距離を楽に、そして速く移動するのを目的に開発されたバイク。
アップライトなポジションに無理のないステップ位置
防風効果絶大のスクリーン
タンデマーの事まで考えたマシン造り
積載しやすいフラットなシート
タンデムバーや荷掛けフックなど細やかな気配りがにくい。

@本音
重い、デカい。
ツーリング用途に向いているが、その他の用途全般に向いていない。
ツーリングだけが目的のバイク乗りがはたしで如何ほどに存在するのだろうか…
ネイキッド
ネイキッド(裸)と呼ばれるバイク
比較的乗車姿勢は楽チン
アップハンドルにゆとりのあるシート、
無理のないステップ位置
街乗り、ツーリング、ワインディング、サーキット、タンデム走行。なんでもこなすマルチプレーヤー
バイクのスタンダードはネイキッドだと思う。

@本音
平凡なバイク、大体において可もなく不可もない。
なんでもこなすがどれも一番ではない。
とりたてて個性のない軍団
レトロ
クラシカルな外観をした落ち着いた印象のバイク
ゆったりと流すように走る楽しさを知っている、大人のバイク

昔ながらのスポークホイールにドラムブレーキ、キックオンリーのバイクもあり、こだわりぬかれたそのポリシーに惹きつけられる。
空冷エンジンのデザインも秀逸でゆるやかなエンジン特性は初心者にも向いている。


@本音
古臭いバイク
メッキパーツ多数装着のバイクは小まめなメンテを怠るとすぐにくすむ
スポークが錆びるととても面倒
空冷でパンチがなく、まったく回らないエンジン
馬力もなく、特別軽いワケでもない。
大体同じようにカスタムされ、“落ち着いた大人”っぽくはない
今時キックオンリーはありえない(SR)
トラッカー(ストリート)
ダートなどの悪路を走破するのに特化したバイク
バルーンタイヤを装着し最低地上高が高く、サスストロークも長く取られているので大体の悪路はへっちゃら
幅広ハンドルはコントロールしやすく、細く軽い車体と言う事もあり初心者にもオススメ
もちろんオンロードでも扱いやすく、街乗りもしやすい。
カスタムパーツも豊富なため、自分だけの一台を作りやすい。


@本音
街乗りしやすくツーリングに向かないバイク
単気筒エンジンは振動多く速度伸びない。高速道路はモロ鬼門
実はオフ車と同じエンジンだったり
幅の広いハンドルは細い路地が苦手
カスタムパーツは多いが、大体の人はみんなと同じ“自分だけのバイク”になってる。
アメリカン(クルーザー)
ロー&ロングで大きな車体はインパクト抜群
そのデザインから男女共に根強いファンが多い。
ロングホイールベースとキャスター角のおかげで直進安定性に優れ、ゆったりまったりの長距離ツーリングに向いている。
粘り強くトルクもあるため初心者にも運転しやすいエンジン特性。さらにシート高が全ジャンル1低いので女性にも安心してオススメできる。
有名なハーレーもこのジャンルが多い

@本音
リッタークラスと中型クラスがほぼ同じ車格な為
中型クラスでは非力さが否めない、250ccクラスになると車体が小柄になるが、小柄なアメリカンの存在意義は正直……
直進安定性……逆に言えば曲がらないバイク
アメリカのような広大な一本道をゆったり走るのに適したこのバイクは、とどのつまり曲がりくねった日本の道にはそぐわないバイク
シート高は低いので、身長低い人でも地面に足がつくだろうが、ステップ位置がエンジン前方部な為、乗っている時に足がつっぱってる人をよく見かける。
足を投げ出すフォワードコントロール車は低速での走行が苦手
根強いファンもいるが、にわかファンはもっと多い

ハーレー乗りは「アメリカン」と「ハーレー」を区別する。
オフロード(トレール)
未舗装路を走る事に特化したバイク
モトクロスバイクとも呼ばれるが、モトクロッサー(レーサー)とトレール(市販車)は別物。

ギャップを物ともしない大きな前輪とブロックタイヤ
長いサスストローク、高い車高(最低地上高)、アップマフラー
そのどれもが障害物の走破を想定しての物。
Fフェンダーがタイヤにくっついていないのは、枯れ枝などを巻き込んだ時に割れない為の工夫。

シート高が高いので敬遠されがちだが、ものすごく軽く細いので
一度乗り出せば苦にならず、低速トルクがとても強いので初心者にもおすすめできるバイク。
ヒラヒラと走る感覚は体感すると止められない。

@本音
まず見かけで賛否両論
ツーリングなんてもってのほかな居住性
単気筒は速度伸びず振動すごい、シートは座る事より動きやすさを求めているので長時間の運転でケツが割れる。
モタード(デュアルパーパス)
オフロードの車体にオンロードのタイヤを組み込んだバイク
オフ車ほどの走破性はもたないが、それでもオフ車の基本性能を踏襲している為、他のバイクよりも走る場所を選ばない。

オフ車の軽い車体でオンロードに喰いついて走る。
オフ乗りが一度は考える夢を実現させてくれる奇跡のバイク
街乗り通勤最速車が欲しいならコレ


@本音
どっちつかずのコウモリバイク
オンロードならネイキッド、オフロードならトレールに適わない。
快適とは言えない居住性もオフ車ゆずり、山での乗り心地は許せるが
街乗りでその振動は耐えがたい。
スクーター
快適な居住性とゆとりある積載性を兼ね揃えたジャンル
日本が生んだ新たなバイクの形の一つ。

直進安定性に優れ、楽に長距離を走る事ができ
もちろん膨大な積載スペースを活かした通勤・通学にも適している。

@本音
バイクに非ず
最近はエセMTを楽しめるヤツもあるが、あえてエセMTじゃなくていい
居住性や積載能力を求めるのなら、最初からバイクは候補外
買うのなら原付まででいい
長いホイールベースは、そうしないと直進安定性が得られなかっただけの負の遺産。重い車重のおかげで街中での取り回しは辛い。
小回りも低速も苦手
バイク用品から中古バイクまで バイク総合情報 【Web!ke ウェビック】