主な捕獲場所
更新日 2005.1.10

場所 捕獲できる魚種・海生生物 (容易:網で捕獲可能;普通:釣りで時々かかる;稀:めったにお目にかからない) その他の特徴

滑石漁港 セイゴ(普通) カレイ狙いで行ったのですが........

横島漁港 アサリ
タイラギ
サルボウガイ
漁港北側の潮干狩り場で採取可能です

塩屋漁港 スズキ(普通)
クロダイ(稀)
ボラ(普通)
ロウニンアジ(稀)
マハゼ(普通)
グチ(稀)
サッパ(普通)
外波止は大物狙い.内波止は小物のみ.大潮の満潮前後しかまともに釣りができません.

百貫港 ヒイラギ(容易)
ボラ(容易)
トビハゼ(容易)
外波止は大物狙い.内波止は小物のみ.大潮の満潮前後しかまともに釣りができません.坪井河の河口にあたり,汽水域の魚がいろいろいます.

小島漁港 スズキ(普通)
トビハゼ(容易)
ウロハゼ(普通)
マハゼ(普通)
クチゾコ(普通)
クロダイ(稀)
ヒイラギ(期間限定)
ヒラ(稀)
ハゼグチ(期間限定)
ボラ(普通)
外波止は大物狙い.内波止は小物のみ.大潮の満潮前後しかまともに釣りができません.坪井河の河口にあたり,汽水域の魚がいろいろいます.

熊本新港 鯔 (容易)
白魚 (容易)
メダイ (稀)
はくら (普通)
クロダイ (稀)
ガザミ (稀)
ヒイカ (普通)
バリ (稀)
イダテンギンポ (容易)
トサカギンポ (容易)
イガイ (容易)
イボニシ (容易)
磯ガニ (容易)
イソギンチャク (容易)
牡蛎 (容易)
コノシロ (普通)
サヨリ (容易)
キビレ(普通)
ヒイラギ(普通)
シリヤケイカ(期間限定)
コウイカ(期間限定)
コショウダイ(稀)
ショウキハゼ(稀)
太刀魚(期間限定)(容易)
タツノオトシゴ(稀)
ヨウジウオ(容易)
カマス(稀)
オキザヨリ(稀)
ダツ(普通)
グチ(普通)
キス(普通)
マゴチ(稀)
ギュギュ(普通)
テナガダコ(稀)
サッパ(普通)
熊本市内から最も近い採取場で、しばしば牡蛎や蟹を取りにいっています。海水は、泥交じりで匂いも強く、水槽には使っていません。

干潮になると浮き桟橋と階段の間に、牡蛎がびっしり現れます。この蠣殻の中にギンポや蟹が住んでいます。目を凝らしてみると、しばしば白魚を見つけることができます。南側の浮き桟橋と波止場の間の水路には、鯔の子供が群れを成して泳いでいます。網による捕獲も比較的容易なところです。この場所では、1kg前後のクロダイがたてつづけに二枚釣れたこともあるそうです。


網田海岸 ヤマトオサガニ(容易)
オサガニ(普通)
マメコブシガニ(容易)
シオフキ(容易)
ハマグリ(稀)
ツメタガイ(容易)
マテガイ(容易)
コメツキガニ(容易)
スナイソギンチャク(容易)
キンセンガニ(稀)
ヤドカリ(容易)
アゴハゼ(容易)
ゴカイ(容易)
ユムシ(稀)
シマハゼ
アゴハゼ
ここでは、魚というよりも、甲殻類などの採取にはもってこいです。魚とは違った楽しみがそこにはあります。大潮の潮位差が4mを越す有明海ならではの楽しみです。北部の干潟と違って、南部の干潟は砂質でありどんろん子にならずにすみます。
満潮時
干潮時
シオフキやハマグリは、わりと手前側にいて、マテガイは
灯台よりも沖側にいるようです。マテガイの死骸(殻)はいたるところに散乱しています。惑わされないようにしましょう。

地元の漁師さん。話しかけても、寡黙にマテガイを針金で引っ掛けていました。



岩谷口 アジ (普通)
メジナ (普通)
メバル (普通)
アミメハギ (容易)
キヌバリ (普通)
スズキ (稀)
キス (稀)
ハゼ (普通)
クロダイ (稀)
ヒイラギ (稀)
ハタテダイ (稀)
コウイカ
ヒイカ
熊本からだと、一号橋を渡ってすぐのところにある波止です。車で、約一時間といったところでしょう。数年前までは、アジゴ釣りの人が金曜の夜にたくさんいた波止です。
最近は、護岸工事のせいか諫早湾干拓のせいか、あまり釣れなくなりました。
でも、飼育用の稚魚(メジナやメバル)やアミメハギを容易に採取できるところです。



七つ割漁港 アイナメ
マコガレイ
キス
クロダイ
スズキ
ダイナンギンポ
メバル
イイダコ
外側に砂地広がります.あまり良く釣れるは波止ではないようです.



鳩の釜 メジナ (普通)
アミメハギ (容易)
ガラカブ (稀)
シマハゼ (稀)
クロダイ (稀)
マダイ (稀)
ハオコゼ (普通)
アイナメ (稀)
カワハギ (普通)
アジ (普通)
鰯 (普通)
鯔 (普通)
べラ (普通)
ウミタナガ (普通)
メバル (普通)
クサフグ (普通)
アユ (稀)
ヒラメ (稀)
クラカケトラギス (普通)
ウミケムシ (普通)
モミジガイ (普通)
バリ (普通)
アオリイカ (稀)
コクチフサカサゴ
魚種も豊富で、そこそこ釣りを楽しませてくれる波止です。熊本からだと、約一時間半で行けます。海水は、主にこの波止で汲んでいます。特に、満潮時には比較的透明度のいい海水が汲めます。
 発電機持参のアジゴ釣りの常連さんが、夜な夜な徘徊する波止です。


蔵々港 カサゴ
アジ
ヒイラギ
クロダイ
むかしは,アジがいっぱい釣れましたが,今は......



樋ノ島港 アミメハギ (容易)
アゴハゼ (容易)
クラゲ (容易)
バリ (普通)
メジナ (普通)
アジ (普通)
鰯 (普通)
マダイ (稀)
アオリイカ (稀)
スズキ (稀)
イイダコ (稀)
キス (稀)
アラカブ (稀)
ゴンズイ (普通)
ヒラメ (稀)
2号橋を渡って、右折したところにある波止場です。熊本市内からだと、1時間45分くらいかかります。ここも、昔はアジゴ釣りのメッカだったのですが、今はそんなにあがりません。海水は、比較的透明度が良く、稀にここで海水を汲む事があります。



牟田港 アジ (普通)
アラカブ (普通)
マダイ (普通)
メジナ (普通)
マダコ (稀)
鯔 (普通)
クサフグ (普通)
マゴチ (稀)
クロダイ (稀)
スズキ (稀)
カワハギ (普通)
熊本からですと約2時間の波止場です。八代海側に面しています。波止場に小さな川が流れ込むので、そこにチヌがやってきます。すごいときは、前日の晩から場所取りをする人が出るくらいの波止場でした。クロダイのポイントはきわめて狭く、沈み根の近傍2mぐらいがスイートスポットのようです。ここ数年行っていないので状況はわかりません。
この波止の北側には、キスのA級ポイントがあります。波止場が一般に高いので、網を使っての捕獲はきわめて困難です。



宮田港 メバル
カサゴ
ホシササノハベラ
オヤビッチャ
マダイ
メジナ
バリ
波止の外側に波,テトラが入っていて,急深になっています.竿2本以上の水深で,チヌ師達がこぞって夢を釣っています.また冬場は,テトラ周りをルアーでカサゴゲームをしている人が沢山います.



倉岳港 マダイ
チダイ
メジナ
カサゴ
オヤビッチャ
アジ
カワハギ
バリ
基本的には外波止狙いで,チヌ,マダイ,キス.....を狙っているようです.内場波止には,小魚が群れていて,餌をかすめとっていきます.マダイは,台風で養殖筏から逃げだした魚が時折釣れる程度です.時合いによっては,カサゴも爆釣モードになります.養殖マダイの搬出がしばしば行われているため,昼間の内波止は極めて釣りづらい.



大多尾港 アジ (普通)
メジナ (普通)
バリ (普通)
アラカブ (普通)
メバル (普通)
カゴカキダイ (普通)
イシダイ (稀)
イッサキ (普通)
マダコ (普通)
マゴチ (稀)
カワハギ (普通)
アミメハギ (容易)
ヒイラギ (容易)
ゴンズイ (普通)
クロダイ (稀)
ネンブツダイ (普通)
クロホシイシモチ
クロイシモチ
ここも魚種が豊富な波止場です。アジゴ釣りのファミリーが休日ともなると押し寄せる、人気の波止場です。熊本からだと約2時間30分かかります。ちょっと熱帯魚チックなさかなが増えてきます。幾度となく、カゴカキダイやチョウチョウウオを狙ってみたのですが、なかなか敵もさるもので。。。。。。。。。



深海港 アジ (普通)
メジナ (普通)
クロダイ (普通)
べラ (普通)
ネンブツダイ (普通)
あまり、詳しく調べていないのでなんとも言えませんが、2年ほど前にメイタが爆釣したことがあり、わりとお気に入りの波止です。海水は、きわめて透明度が良く、数m下からメジナがわいてくるのが見えます。