飼えずに食べちゃった魚達の調理法を紹介いたします.

4・5の膳:シロウオの食べ方(2005.6.1)

試行錯誤をしながらいろいろな調理法を検討しています。出来たところからご紹介いたします。

4の膳: シロウオの刺身
春先になると、熊本港周辺にシロウオが寄ってきます。比較的目の小さな網を持って出かけましょう。群れになって回遊してきますからすかさず掬い上げましょう。どうしてもシロウオと別のものが一緒に捕まってしまいます。アミエビが余分な生物として捕まる事が多々あります。
まだまだ簡単にごみを取り除く方法が見つかりません。台所でシコシコと根気よくごみを取ります。
採れたてのシロウオをわさび醤油でいただくとこれがまた絶品!!ただ鮮度が急速に落ちるため、とったその日に食べるのが最善でしょう。

5の膳:シロウオのバター炒め
上のようによく洗ったシロウオを用意します.
フライパンにバターを落とし溶かします.そこへシロウオを入れ弱火で炒めます.塩と胡椒を加えます.白くなってきたら適量の白ワイン(日本酒でも可)を加え,ワイン蒸状態にします.
お酒がなくなってきたら,好みに応じて醤油を適量加えます.味がなじんできたら,オリーブ油を加え,表面をかりっとさせます.これで完成です.
 シロウオは淡白な魚だから,もう一味ほしいといったところからこの料理が生まれました.食感は,釜揚げされたばかりのシラスに似ていて絶品です.
 バリエイションとして,シロウオとヒイカをいっしょに炒めるやり方もあります.この場合は,ヒイカのイカ風味がシロウオに付け加わり更においしくなります.
 まさに熊本新港の初夏を満喫といった一品です.



1の膳: テナガダコの煮付け 2の膳: マアナゴの天ぷら 3の膳: 天然アサリづくし
4の膳: シロウオの刺身 5の膳: シロウオのバター炒め 6の膳: アシアカの塩焼き
7の膳: アシアカの刺身 8の膳: 天然車エビの刺身 9の膳: 天然車エビの塩焼き
10の膳: 天然車エビの味噌汁 11の膳: モンゴウイカの刺身 12の膳: モンゴウイカのバター炒め
13の膳: アシアカの煮付け 14の膳: クルマエビの煮付け 15の膳: 海老と大根の煮付け
16の膳: ヒイカの刺身 17の膳: ヒイカのバター炒め 18の膳: ヒイカの天ぷら
19の膳: ヒイカのナポリタン風 20の膳: スズキの刺身 21の膳: アコウの刺身
22の膳: ガラカブの煮付け 23の膳: マダイの煮付け 24の膳: アコウの煮付け
25の膳: キスの天ぷら 26の膳: ヒラメの刺身 27の膳: ヒラメの塩焼き
28の膳: 小あじの南蛮漬け
(アジゴ,豆アジ,アジ の南蛮漬け)
29の膳: 小あじの刺身 30の膳: 小あじのタタキ
31の膳:太刀魚の刺身