飼えずに食べちゃった魚達の調理法を紹介いたします.

31 の膳
(2006.9.28)

試行錯誤をしながらいろいろな調理法を検討しています。出来たところからご紹介いたします。

31の膳: 太刀魚のさばき方
ちょっと長いだけで、これといって特別なテクニックは必要ありません。普通の魚と同じように調理すれば出来上がります。
まずは、鰓の上の背骨から切り込みをいれ頭部を切り離します。
私は、この頭部の切り離しのときに内臓を壊さないように一緒に抜き取るようにしています。そのとき、包丁で腹側にある程度切込みを入れると簡単に抜き取れます。
切れ味のよいアジきり包丁を用意して、背骨に沿って三枚におろしていきます。指四本サイズの太刀魚なら難なくおろせると思います。うなぎやアナゴと違って平らなので目打ちは必要ありません。
一枚すき終ったら、裏返して二枚目をすきとります。このようにして比較的簡単に三枚おろしが完成します。
最後に内臓周りにあった骨(人間ならば肋骨に相当する部分の骨)をすきとってした処理が終わります。
皮は、そのままにして細切りすれば刺身の出来上がりです。取れたての太刀魚は、甘みもあって淡白な魚です。
また、フライパンにオリーブオイルとガーリックのスライスをいれ温め、ソテーするのもよいでしょう。そのとき、太刀魚には、塩コショウのほか生唐辛子のスライスを入れるとピリ辛味で食欲をそそります。
頭と内臓を取り短冊にした後、骨付きのままからから揚げにしても大変おいしくいただける魚です。

1の膳: テナガダコの煮付け 2の膳: マアナゴの天ぷら 3の膳: 天然アサリづくし
4の膳: シロウオの刺身 5の膳: シロウオのバター炒め 6の膳: アシアカの塩焼き
7の膳: アシアカの刺身 8の膳: 天然車エビの刺身 9の膳: 天然車エビの塩焼き
10の膳: 天然車エビの味噌汁 11の膳: モンゴウイカの刺身 12の膳: モンゴウイカのバター炒め
13の膳: アシアカの煮付け 14の膳: クルマエビの煮付け 15の膳: 海老と大根の煮付け
16の膳: ヒイカの刺身 17の膳: ヒイカのバター炒め 18の膳: ヒイカの天ぷら
19の膳: ヒイカのナポリタン風 20の膳: スズキの刺身 21の膳: アコウの刺身
22の膳: ガラカブの煮付け 23の膳: マダイの煮付け 24の膳: アコウの煮付け
25の膳: キスの天ぷら 26の膳: ヒラメの刺身 27の膳: ヒラメの塩焼き
28の膳: 小あじの南蛮漬け
(アジゴ,豆アジ,アジ の南蛮漬け)
29の膳: 小あじの刺身 30の膳: 小あじのタタキ
31の膳:太刀魚の刺身