File No. 240
種名  ツメタガイ
採取当時のサイズ 5cm
採取日 2003.7
採取地 宇土市網田海岸
備考
飼ったわけではありませんが、あまりに気色悪かったのでファイルに加えました。海水浴に行って、貝殻を拾うときれいに穴があいていて、首飾り用にでも空けたのかと勘違いしそうになる事ありませんか?穴おあけた張本人はこの貝です。がりがりと貝殻を噛み砕き穴お開けて中身をすすります。そのときに空けられた穴が、よく見かける穴です。生きたツメタガイは、外套膜が大きくしかも厚い。貝殻直径の三倍くらいはありました。全体的にどろどろねとねとで、とても飼えたしろものではありません。

飼育開始 説明
2003.7
図鑑でおなじみの砂茶碗。
そうです、ツメタガイの卵です。
初めて、干潟で見つけたときは
図鑑とそっくりなので感動すら
覚えました。