種名 マテガイ
File No.  229
サイズ:  8 cm +-
採集日:  2003.7
採集地: 熊本県宇土市網田海岸
備考:  有明海の干潟を再現する水槽を作りたくて、干潟の一部を切り取ってきたら、砂の中に入っていました。葉巻のような形をした貝です。干潟の比較的沖のほう生息していました。私はこちらに来てはじめてみたものですから、なんと気色の悪い貝だと思いました。スーパーで見かけることもなく、食べられるのかなと不安でした。
飼育記録
日付 記載 写真
2003.7 基。本的には、アサリが縦長になったようなものです
写真の上のほうが、水管になります。ゆくりと立ち上がってから、ずいずいともぐっていきます。
海でも、体を半分くらい出しているマテガイを良く見かけます。飼育期間は、2週間程度だったと思います。
天然の産状です。このように顔を出している貝をさっとつまみ出して採取します。ぐずぐずしていると碇のような形をした足でさっともぐってしまいます。まさに!”まて〜〜〜〜〜!!”この貝!!”

戻ります 最初のpageです 先に進みます