File No. 223
種名  ハマグリ
採取当時のサイズ 10cm
採取日 2003.7
採取地 宇土市網田海岸
備考
干潟の観察に行って、ごそごそあさっていたら一個見つかりました。そのあともさんざん探したのですが、見つかりませんでした。結構立派なサイズだったのでびっくりしました。

飼育開始 説明
2003.8
砂を撒いた水槽にハマグリをおいて
しばらくすると先ず水管を出します。
そのあと、足をちょろちょろと出し始めます。
ちょろちょろと出した足が、砂をつかむ
と左右にゆすりながら、足をさらに奥へと
差し込んでいきます。
足が三センチほど砂に入ると、今度は殻
ごと下へ下へと進んでいきます。
ある程度からがもぐると、体制を調整し始
めます。最終的には、水管が真上を向く
ように、砂の中に5cm以上伸ばした足
を使って移動します。
水槽の壁面に足の部分が触れるときに、
足の状態が観察できます。かなり大きい、
結構良く動きます。
最後は、写真中央のように水管だけを
出して潜んでいます。排水する水管の
影響で、周囲はすり鉢状になります。
野外では、このようなすり鉢上の穴を見
つけれれば、貝にたどり着けるかも。
MPEGもありますのであわせて御覧ください。