種名 バリ(アイゴ)
File No.  124
サイズ:  3 cm から 10 cmほどに成長
採集日:  2001年7月
採集地:  熊本新港
備考: 危険な魚の一つですが,夏になると波止に大発生する事がよくあります.8月から11月までは生存していましたが,冬の到来とともに死んでしまいました.水温の低下に伴って,食が細くなり,へろへろの状態となっていた矢先.水槽の汚れを気にするばかりに,水温のかなり低い海水を交換してしまいました(22℃から一気に12℃に低下).メジナやクロダイは持ち応えた(といってもクロダイは,一瞬活動停止状態に陥りました)のですが,バリは一時間ほど活動停止状態になりました.その後遺症のせいでしょう,あてどなくただよう状態が3日間つずいた後,帰らぬ魚となりました.夏場あれだけ群れていたバリが一斉に姿を消したのが頷けました.この魚は,水温変化にかなり敏感なようです.
飼育記録
日付 記載 写真
2001
SEP.
夏にスズキの餌として採取されたバリの子.
毒の背鰭のせいか,スズキは見向きもしませんでした.
2001
SEP.
最初は,5匹ほどいたのですが,一ヶ月以内に一ッぴきになりました.

戻ります 最初のpageです 先に進みます