あじ
File No. 102
採取当時のサイズ  20,5cm +−
採取日 2001年11月;2003年 5月
採取地 大矢野島
備考
夏や秋に行なう我家の年中行事は,アジゴ(小アジの)のさびき釣りです.20cmを越えるアジと違って,子アジは魚臭さがほとんどなく,軽く塩をして,アラアゲすると,とんでもなくおいしい食べ物になります.数年前は,それこそバケツイッパイ釣れました.
 小鯵のカラアゲは,,釣たてでしか味わえない代物です.スーパーなどに,小鯵のパックがしばしば見受けられますが,味はまったくちがいます.やっぱ,釣たてでないとこの味は出せません.ここ数年,波止によってくる小鯵の数が激減しているように思います.釣ブームによる乱獲のほか,ISA.....WANの干拓がひびいいているのかなと,ふと考えたりもします.

飼育日誌
さびきにつれたアジ君を大事に持って帰ってきましたが,残念ながら生きつずける事が出来ませんでした.やっぱ,から揚げにして食べちゃえばよかったかもしれません.
2001/10/20 水温23℃..
サビキ釣りのアジゴ(アジの子供のこと)を何とか生かしたまま連れ帰ってきました。
なんとは,5匹は生きたままつれてこれました.単独で行動する事はなく,集団で泳いでいました.
2003.5
    
飼育後,10日がたちました.アジは基本的にプランクトン食なので,水槽で飼うことが大変難しいです.ある夜,水槽の蛍光灯を突然つけたら,一匹がパニック状態に陥り,そのまま帰らぬアジとなりました.結構神経質なようです.
    
    
他の魚とも,平和的に暮らしてくれます.ただ,餌の問題を解決することが先決ですが.
    






釣魚水槽