島根県に提出した無人ヘリ散布に関する要望書
 

農薬空中散布

2009年度 雲南市と隠岐の島町に提出した陳情書と島根県に提出した要望書
島根県の2009年度の農薬空中散布の情報
島根県に提出した無人ヘリ散布に関する要望書


島根県に提出した無人ヘリ散布に関する要望書

「農薬空中散布」に戻る

 6月22日、知り合いから「『出雲市の鳶巣地区で無人ヘリコプターによる水田一斉防除を行う』のチラシが入っていた」と相談を受けた倉塚香織から「明日チラシ記載の問い合わせ先のNOSAI出雲広域農産課に行く。会合が入ったので、代わりに周知と安全対策について情報収集して」と頼まれ、NOSAI出雲と島根県農林水産部の担当課に電話しました。知り合いは部活で早朝登校する子どもさんを心配しておられました。鳶巣地区では初めての散布で、チラシによると、6月26日の早朝5時半から無人ヘリで地上3mから殺虫剤のトレボンエアーを40ha散布します。NOSAI出雲担当課は倉塚香織の問い合わせに、連絡した教育福祉施設は出雲市教委と北陽小学校のみと答えたそうです。
 NOSAI出雲広域農産課の上代課長さんは「倉塚さんの依頼を受け、周知について検討中。散布については、県東部農林振興センターに届け出済」と、県東部農林振興センターの小山さんは「届け出の担当課はこちらだが、安全対策の担当課は農畜産振興課。農畜産振興課への報告は実施後なので、今年度の届け出についてはまだ報告していない。」と、県農畜産振興課食糧安全推進室の渡邊民雄さんは「有人へリ散布同様の安全対策を取れるよう、できるだけのことをしてみる。」の答えでした。反農薬東京グループの掲載によると、島根県の2008年度の無人へリの農薬散布予定面積は5970haでした。

 6月25日、15時半島根県庁県民室集合で倉塚香織と待ち合わせして、無人へリ農薬空散の安全対策の担当課の農畜産振興課食糧安全推進室農産物安全グループの渡邊民雄さんと伊藤泰隆さんに島根県の無人へリ農薬空散の周知と安全対策について伺いました。22日に出雲市の鳶巣地区の散布について電話を入れた段階では今年度の散布については把握してないとのことでしたが、東部農林振興センターからの資料が届いていました。西部農林振興センターや隠岐農林振興センターの資料はありませんでしたが、隠岐では無人ヘリ散布はないそうです。無人へリの散布幅は7.5mで、農薬の飛散を防ぐために、人家の近くでは人家に向う飛行はせず、3〜4回(20〜30m)は人家と平行に飛んで撒きます。今回の水田一斉防除はヒメトビウンカ殺虫のためで、今後、水田では、カメムシやいもち病対策のために7月下旬から8月上旬まで散布があります。雲南や斐川や出雲では大豆畑で7月〜8月下旬まで散布があり、斐川では麦畑で4月散布があります。無人ヘリでも有人ヘリ同様の周知と安全対策を取って欲しい、せめていつどこで散布が予定されているかだけでもできるだけ早く県のホームページに掲載して欲しいとお願いして帰りました。

 検索でみつけた無人ヘリ農薬空散に関するホームページの掲載は、群馬県佐波郡玉村町の新潟県佐渡市のがあり、後者には「防除中の立ち入り禁止」「干し物をださない」「窓を閉める」「子どもを戸外で遊ばせない」「養魚地・養蜂箱のビニールシート」「車の迂回」「駐車は離れたところで」などの注意事項も掲載されています。同様の注意事項が、千葉県香取郡神崎町新潟県胎内市千葉県匝瑳市鹿児島県志布志市宮城県東松島市新潟県刈羽村の広報にも掲載されていますが、新潟県胎内市では「散布中はなるべく外にでない」、50m以内では「ラジオ体操をしない」「洗濯物を干さない」とあり、水田には千葉県匝瑳市では散布後1週間、新潟県刈羽村では散布後3日入らないようにとあります。倉塚香織の知り合いは、鳶巣地区の散布に関しての学校からのチラシには「立ち止まってみてはいけない」などの注意事項があったと言っていたそうです。

 6月27日、倉塚香織から「北陽小学校の保護者に配布されたプリントによると、鳶巣地区の無人へリ水田空散は登校時間帯も作業が行われ」、「化学物質過敏症の市民から『当日の午後3時ごろ、田んぼの中の大きい道を車で通ったら、鼻と喉が痛くなって、急いでクーラーを消して家に帰って洗い流した』の連絡があった」のメールが届いたので、要望書を提出することにしました。また、倉塚香織のホームページに掲載の島根県東部の無人ヘリ水田農薬空中散布の実施計画書を整理し直して、わたしのホームページのトップページに掲載しましたが、行こうと思っていたチャイルドラインしまねの斎藤俊作さんと白川英代さんの公開講座がある7月25日は、会場のアクティー斐川に近い荘原地区で早朝から散布があることがわかったので、事情を説明して欠席するのメールを倉塚香織と須田チャイルドラインしまね事務局長に送りました。

 7月9日、16時から島根県職員会館で島根県知事宛の「無人ヘリ農薬空中散布の周知と安全対策を求める要望書」を提出しました。小塚昭郎農林水産部農畜産振興課課長に要望書を渡し、内容を説明しました。伊藤泰隆同課食料安全推進室農産物安全グループ主任がわたしがメールで送ったネット上の無人ヘリ農薬空中散布実施市町村のホームページや広報の実施や安全対策に関する掲載をプリントアウトして用意して下さっていたので、「このような周知が欲しい。個々の市町村についてチェックするのは大変なので、有人ヘリ散布同様に県内のすべての無人ヘリ農薬空中散布の実施に関して、県のホームページにまとめて掲載して欲しい」と依頼しました。「散布の依頼主が個人の場合もあるため、依頼主の了承を取るのが大変なことと、散布の実施については散布実施の2週間前までの届け出制であることから、有人へリと同様にできるかどうか、回答に時間がかかる」の返事でしたが、「今年度は前もって水田散布の予定がわかったおかげで、7月25日のチャイルドラインしまねの公開講座に行くのを止めて、会場のアクティー斐川に近い荘原地区の散布による薬剤被曝を避けることができた。依頼主に化学物質過敏症から要望があったと伝えて欲しい」とお願いして帰りました。
 目次
    倉塚香織のホームページに掲載の島根県東部の無人ヘリ水田農薬空中散布の実施計画書から
    わたしがホームページに掲載した島根県東部の無人ヘリ水田農薬空中散布
    島根県に提出した要望書



倉塚香織のホームページに掲載の島根県東部の無人ヘリ水田農薬空中散布の実施計画書から

空中散布(散播)実施計画書

1.実施予定日    6月23日〜8月26日
2.実施予定区域   出雲市・斐川町
3.実施予定作業名  空中防除<無人ヘリコプター>
4.対象作物(品種)名、病害虫名及び面積
  対象作物名  水稲
  病害虫名   いもち病、紋枯病、ウンカ類、ツマグロヨコバイ、カメムシ類他
  防除面積   延べ面積(斐川町)  25274.2アール
           延べ面積(出雲市)195447.2アール
           延べ面積合計   220721.4アール
5.散布農薬
   1)農薬名及び希釈率
      トレボンエアー             8倍
      ロムダンエアー             16倍
      ビームエイトスタークルゾル       8倍
      バリダシンエアー            8倍
      ビームエイトトレボンゾル        5倍
      ビームエイトゾル            8倍
      MR.ジョーカーEW           16倍
   2)剤型           液剤
   3)散布量(リットル/10a) 0.8リットル/10a
6.危被害防止対策
    学校、病院、警察、中国電力、NTT、出雲空港及び、
    実施区域に係る居住者等〜
       事前連絡(文書、口頭)
7.防除委託先業者名及び操作要員氏名(作業を委託する場合)
   1)業者名、出雲地域無人ヘリコプター作業受託組合
   2)使用機種名、散布装置
     使用機種  ヤマハ R  MAX
     散布装置  ノズル  L15A

園地区    7/3 8/10 8/20
荒茅地区   7/1 7/10 8/10 8/20
高松地区   6/25 8/7
出雲農林高校 6/25 8/7
高浜地区   6/25 8/7 8/8 8/26
鳶巣地区   6/26 
窪田地区   7/26 8/8
西須佐地区  7/26 8/3
江南地区   7/5 7/20 7/26 8/3
荒木地区   7/8 8/9
遥堪地区   7/3 7/6 7/28 8/8 8/12 8/20
上津地区   8/17
神門地区   7/5 8/22
神西地区   6/27 8/9
灘分地区   7/1 7/10 8/4 8/10 8/19 8/20 8/25
平田地区   6/26 8/5
国富地区   6/28 7/22 8/4 8/18
東地区    6/27 7/2 7/19 8/2 8/7
久多美地区  7/19 8/2
桧山地区   6/23 7/19 8/12 8/20
西田地区   6/30 7/23 8/5
伊野地区   7/11 7/25 7/26
荘原地区   7/25 8/20
伊波野地区  6/26 6/30 7/10 7/23 8/5 8/21
出東地区   7/22 7/23 8/1 8/3 8/12 8/25

目次に戻る

わたしがホームページに掲載した島根県東部の無人ヘリ水田農薬空中散布

島根県東部の無人ヘリ水田農薬空中散布
 わたしたちは、農薬空中散布の問題について長年取り組み、健康被害発生の危険性を訴え続けてきた市民グループです。昨年の出雲市の散布後の多人数の健康被害の発生を受け、有人へリの散布の散布実施に関する周知や緊急医療対策は被害発生防止や健康被害の訴えへの速やかな対応のために改善されていますが、無人ヘリの散布に関しては不十分です。
 予定通り実施された場合、鳶巣地区では6月26日の早朝5時半から無人ヘリで地上3mから殺虫剤のトレボンエアーを40ha散布していますが、わたしたちには化学物質過敏症の市民から「当日の午後3時ごろ、田んぼの中の大きい道を車で通ったら、鼻と喉が痛くなって、急いでクーラーを消して家に帰って洗い流した」という健康被害の訴えが届いています。みなさま、お気をつけ下さい。

 また、無人ヘリ農薬空中散布は、実施の2週間前の届け出制なので日時は未定ですが、斐川町で、例年、7〜9月に大豆畑で、冬季に麦畑で散布があります。

わたしたちのこれまでの農薬空中散布反対の取り組みはこちらから

  1. 実施予定日   6月23日〜8月26日
  2. 実施予定区域  出雲市・斐川町
  3. 延べ面積    計220721.4a(斐川町/25274.2a 出雲市/195447.2a)
  4. 散布農薬    0.8リットル/10a
      トレボンエアー(8倍) ロムダンエアー(16倍)
      ビームエイトスタークルゾル(8倍) バリダシンエアー(8倍)
      ビームエイトトレボンゾル(5倍) ビームエイトゾル(8倍)
      MR.ジョーカーEW(16倍)
6/23桧山地区
6/25高松地区 出雲農林高校 高浜地区
6/26鳶巣地区 平田地区 伊波野地区
6/27神西地区 東地区
6/28国富地区
6/30西田地区 伊波野地区
7/1荒茅地区 灘分地区
7/2東地区
7/3園地区 遥堪地区
7/5江南地区 神門地区
7/6遥堪地区
7/8荒木地区
7/10荒茅地区 灘分地区 伊波野地区
7/11伊野地区
7/19東地区 久多美地区 桧山地区
7/20江南地区
7/22国富地区 出東地区
7/23西田地区 伊波野地区 出東地区
7/25伊野地区 荘原地区
7/26窪田地区 西須佐地区 江南地区 伊野地区
7/28遥堪地区
8/1出東地区
8/2東地区 久多美地区
8/3西須佐地区 江南地区 出東地区
8/4灘分地区 国富地区
8/5平田地区 西田地区 伊波野地区
8/7高松地区 出雲農林高校 高浜地区 東地区
8/8高浜地区 窪田地区 遥堪地区
8/9荒木地区 神西地区
8/10園地区 荒茅地区 灘分地区
8/12遥堪地区 桧山地区 出東地区
8/17上津地区
8/18国富地区
8/19灘分地区
8/20園地区 荒茅地区 遥堪地区 灘分地区 桧山地区 荘原地区
8/21伊波野地区
8/22神門地区
8/25灘分地区 出東地区
8/26高浜地区

問い合わせ先
出雲市の松枯れ対策の農薬空中散布後に
訴えられた健康被害
(健康被害調査委員会資料のアンケート結果から)
NOSAI 出雲広域 農産課
TEL 0853-22-1478
目の充血・かゆみ・痛み・目やに・涙が多い
鼻水 のどの痛み・かゆみ 咳 痰
吐き気 むかつき 腹痛 下痢
食欲不振 頭が痛い・重い
めまい 体がふらふらする 体がだるい
せき・たんが出る ぜんそく 食欲不振


目次に戻る

島根県に提出した要望書

2009年7月9日

島根県知事
 溝口善兵衛様                 

島根くらしといのちのネットワーク  
代表  倉塚  香織
子どもの人権オンブズパーソン  
  代表 木村 衣月子

                      
無人ヘリ農薬空中散布の周知と安全対策を求める要望書

 わたしたちは、農薬空中散布の問題について長年取り組み、健康被害発生の危険性を訴え続けてきた市民グループです。昨年の出雲市の散布後の多人数の健康被害の発生を受け、有人へリの散布の散布実施に関する周知や緊急医療対策は被害発生防止や健康被害の訴えへの速やかな対応のために改善されていますが、無人ヘリの散布に関しては不十分です。
 わたしたちは、反農薬東京グループのホームページの掲載(http://home.e06.itscom.net/chemiweb/ladybugs/jimu/matu08.htm)から、島根県の2008年度の無人へリの農薬散布予定面積は5970haだったことは知っていましたが、先月20日に近隣の住民から「『出雲市の鳶巣地区で無人ヘリコプターによる水田一斉防除を行う』のチラシが入っていた」と相談を受けるまでは、どこでいつ散布が行われるかさえ、知りませんでした。
 予定通り実施された場合、鳶巣地区では6月26日の早朝5時半から無人ヘリで地上3mから殺虫剤のトレボンエアーを40ha散布していますが、わたしたちには化学物質過敏症の市民から「当日の午後3時ごろ、田んぼの中の大きい道を車で通ったら、鼻と喉が痛くなって、急いでクーラーを消して家に帰って洗い流した」という健康被害の訴えが届いています。被害発生防止や健康被害の訴えへの速やかな対応のために、以下のように要望します。

  1. 無人ヘリの散布に関しても、有人ヘリ同様の周知を行って下さい。
  2. 無人ヘリの散布に関しても、有人ヘリ同様の安全対策を取って下さい。


目次に戻る
トップに戻る