アレルギー性皮膚炎の治療は、原因となっているアレルゲンを特定し、生活環境から取り除く必要があります。

アレルギー性皮膚炎は、体内に入ったアレルゲン(アレルギーの原因物質)に対して体の免疫機能が過剰に反応してしまうために起こるアレルギー疾患です。
アレルギー性皮膚炎の原因となるアレルゲンには、ノミやダニ、花粉や草花、金属やプラスチック、ハウスダストなど、様々なものが挙げられます。



人にも猫にも安心安全な光触媒ミスト

猫のアレルギーに
猫のアレルギーに


猫のアレルギー疾患の治療

 

猫はアレルギーなどから体に痒みを感じると、我慢できずに体のいたる所を掻き続けるようになります。

 

最初はほんのわずかな痒みであっても、何度も体を掻く事で脱毛を起こしたり、皮膚が傷付き、その傷口から細菌が進入すると、二次感染を起こしてさらに症状を悪化させてしまいます。

 

このような痒みを止める薬物治療のほとんどは、ステロイド剤や抗ヒスタミン剤などが用いられます。

 

しかし、このような薬物治療は、長期間服用をおこなうと体に蓄積して、様々な副作用を引き起こす原因になります。

 

薬の副作用によって肝臓や膵臓がダメージを受けると、免疫力が極端に弱くなるため、薬を止めると途端に症状が悪化するようになります。

 

そのため、目に見える症状を抑えるだけの薬物治療は、根本的な解決には至らず、かえって自然治癒力(体質改善)の働きを低下させてしまう事になります。

 

そのため、アレルギー疾患の治療は、アレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)を特定し、生活環境から少しでも取り除く事が何よりも重要だと言えます。

 

猫のアレルギー疾患、アレルギー性皮膚炎に
光の力で微細な細菌やウイルスを安全に分解する光触媒ミスト

アトピー性皮膚炎をはじめとするアレルギー疾患の薬物治療には、ステロイド剤(副腎皮質ステロイド)がよく処方されます。
このステロイド剤には、抗炎症作用や免疫抑制作用などの効果が期待されていますが、アレルギーを引き起こしている原因を取り除く薬ではありませんし副作用も強いため、薬の量を減らしていくと、症状がどんどんひどく悪化してしまう心配があります。
そのため、最近では食事療法を中心に生活環境の見直しや衛生管理をおこなう、ステロイドを使わない治療法が体質改善にも安心だと薦められるケースも増えてきています。
ステロイド剤の投与に疑問や不安がある場合には、獣医師にしっかり相談して、正しい知識を持つ事が大切です。