松本神社

  ホーム松本市:歴史・観光・見所>松本神

松本神社
松本神社
[ 付近地図: 長野県 ]・[ 松本市:歴史・観光・見所 ]
松本神社 松本神社 松本神社 松本神社
概要・歴史・観光・見所
松本神社概要: 松本神社は寛永13年(1636)に明石藩(兵庫県明石市)2代藩主松平丹波守光重が明石城の城内に叔父である松平孫六郎庸直の御霊を勧請し暘谷大神社として創建したのが始まりと伝えられています。先代、松平庸直は嗣子がいないまま死去した為、本来、戸田松平家は断絶となり明石藩は廃藩になるはずでしたが、末期養子として甥である光重が認められた為、宗家を相続出来た為、庸直を祭神として崇めたと思われます。その後は戸田松平家縁の神社として、当主が移封毎に随行を繰り返し享保11年(1726)の松平光慈の代で松本移封となり松本城内である現在地に遷座しました。その後、松本藩の第6代藩主松平光行が寛永9年(1797)に三河国田原(現在の愛知県田原市)から片宮八幡宮(祭神:一色義遠)、今宮八幡宮(祭神:戸田宗光)を勧請合祀、天保2年(1831)には7代藩主松平光年が共武大神社(祭神:松平康長)と淑慎大神社(祭神:松姫)を合祀して五社と称しました。昭和28年(1953)には松本城鎮守社であった若宮八幡宮(松本城を築いた島立貞永)を合祀して松本神社と改称しています。松本神社は特に縁結びの神として信仰され現在でも多くの参拝者が訪れています。神門(神社山門)は切妻、桟瓦葺、一間一戸。拝殿は切妻、桟瓦葺、平入、正面千鳥破風、桁行8間、梁間5間、正面1間向拝付。本殿は一間社流造、銅板葺。祭神:松平康長、松平永兼、一色義遠、戸田宗光、松姫、島立貞永。
住宅設計案内

 松本市観光・旅行見所ナビ:
大宮熱田神社馬場家住宅宝栄寺(松本城鬼門鎮護)四柱神社浄林寺金松寺女鳥羽川旧松本高等学校蔵シック館松本神社中町
中田家住宅縄手通り岡宮神社(松本城鬼門鎮護社)千鹿頭神社真光寺松本城松本市下町会館高橋家住宅旧開智学校筑摩神社
兎川寺牛伏寺若宮八幡神社(旧松本城鎮守社社殿)旧山辺学校山崎歯科医院松本市旧司祭館|沙田神社|
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県WEB観光案内所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。