兼六園−日本三名園

   ホーム>兼六園
石川県・名所・見所
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
兼六園・観光・歴史・名所
兼六園概要: 石川県金沢市にある兼六園は水戸の偕楽園、岡山の後楽園と並ぶ日本三名園の1つに数えられる池泉回遊式庭園の大名庭園です。兼六園の名称は宋代の詩人、李格非の洛陽名園記に記されている「宏大」、「幽邃」、「人力」、「蒼古」、「水泉」、「眺望」、の6つを兼ね備えている名園といことから、松平定信が名付けたと言われています。延宝4年(1676)、に加賀藩5代藩主、前田綱紀が金沢城内に蓮池御亭と称する別荘を建て、周辺を庭園として整備したのが始まりとされ、その後、11代藩主治脩、12代藩主齊広、13代藩主齊泰が主に作庭に力を注ぎ、齊泰の代になってようやく現在に近い形になったとされます。上の写真は徽軫灯籠といった兼六園を代表する景観の1つで、燈篭の足が琴柱に似ていることから名付けられ高さは2.67mあります。又、兼六園には霞ヶ池や鶺鴒島、根上松、瓢池、翠滝、黄門橋などの名所がありそのそれぞれが四季が変わるたび桜や新緑、紅葉、雪吊りなど多くの見所があり、特に高低差を利用して幽玄な雰囲気から広大に視野を広げさせるなどの演出も施されています。園内からの城下町への眺望も素晴らしく、庭園と遠望の対比も面白いかもしれません。兼六園は国特別名勝に指定されています。
  スポンサーリンク
 
兼六園
金沢:兼六園
[ 付近地図:石川県金沢市 ]・[ 兼六園:関係リンク ]
写真をクリックすると兼六園の詳細が見られます。
霞ヶ池
霞ヶ池
霞ヶ池
鶺鴒島
鶺鴒島
鶺鴒島
根上松
根上松
根上松
黄門橋
黄門橋
黄門橋
噴水
噴水
噴水
瓢池・翠滝
瓢池・翠滝
瓢池・翠滝
 
白
 
 
白
 
 
白
 
 
白
 
住宅設計

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県WEB観光案内所>ひがし茶屋街」は「郷土資料辞典 石川県」、「石川県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。