秋田楼門建築(寺院建築): 正乗寺

  たった1人の秋田まちづくり委員会秋田楼門建築(寺院建築)>正乗寺

正乗寺
正乗寺
[付近地図:由利本荘市尾崎]・ [由利本荘市社寺フィールドワーク]
正乗寺 正乗寺:由利本荘市藤崎 正乗寺 正乗寺:由利本荘市藤崎
正乗寺概要: 正乗寺の創建は貞観8年(866)に開基しました。その後、由利十二頭の1人、子吉氏の菩提寺となりますが江戸時代初頭に支配から離れると衰退し、六郷氏が本荘に入り再び開山しました。現在の正乗寺本堂は寛政12年(1800)に建てられたもので、昇降龍図と泣き竜天井が由利本荘市指定文化財になっていて有名です。昇降龍図は1851年に六郷藩お抱え絵師増田松洞が書いたもので秋田県で1番大きいそうです。楼門形式の山門は大正10年に建立したもので、天井の天女や絵馬などの雰囲気から由利本荘市の幕末から明治の文化に影響されているような感じがしました。
住宅設計案内
|秋田近代洋風建築| 秋田県建築文化財| 秋田商家建築| 秋田神社山門| 人形道祖神| 秋田藩12社探訪| 秋田県建物と街並み| 秋田楼門建築|
|秋田農家建築| 秋田信仰の山| 秋田建築力士像| 秋田県・集落| 秋田県・町並み| 秋田県・城郭| 秋田・三十三観音霊場| トップ|
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「秋田県WEB観光案内所」は「秋田の歴史」、「羽州街道をゆく」、「秋田市歴史地図」、「あきた滝300」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「秋田のお寺」、「秋田の神社と神々」、「歴史道路報告書」、「佐竹氏と久保田城」、「秋田の温泉」、「有限会社建築相談センター」、「たった1人の秋田まちづくり委員会」、「秋田羽州街道ひとり旅」、「秋田県の建物と街並み」、「小野小町」、「秋田フィールドワーク」を参考にさせていただいています。