秋田建築力士像(社寺彫刻): 薬師神社

  たった1人の秋田まちづくり委員会秋田建築力士像(社寺建築彫刻)>薬師神社

薬師神社
薬師神社
[付近地図:大仙市協和荒川]・[大仙市協和:荒川集落]
薬師神社 薬師神社 薬師神社 薬師神社
概要・観光・歴史・名所
薬師神社(大仙市協和荒川)概要: 薬師神社が何時頃から祭られているのかは不詳ですが寛文12年(1672)には薬師堂山の山頂に鎮座していました。江戸時代の紀行家で民俗学の祖ととも言われる菅江真澄も当地を訪れ、真澄著の「月の出羽路」の中で「薬師堂日照山大権現」として挿絵が記載されています。社号から察すると往時は神仏習合し、薬師如来を本地仏として祭っていたと思われますが明治時代初頭に発令された神仏分離令により仏教色が廃され、改めて少彦名神、菊理媛神が祭神として勧請され薬師神社に社号を改めています。荒川集落は荒川鉱山と淀川を結ぶ街道沿いにあって、比較的にその恩恵にあった集落だったのではないかと想像出来ます。その為、社殿もかなり手の込んだ建物になっています。現在の社殿は明治32年(1899)に改築されたもので拝殿は入母屋、銅板葺、平入、桁行3間、梁間3間、正面1間向拝付。本殿は三間社入母屋造り、平入、正面1間向拝付。拝殿屋根の四隅には精巧に彫り上げられた力士像が鎮座し、正面の龍や獅子なども見事な出来映えだと思います。一段高いところに本殿があり、細かい彫刻はありませんが、逆に組物の力強さを感じます。参道は国道が横切って雰囲気が壊されていますが、集落から3つの鳥居があり、境内に多くの境内社が鎮座するなど、周囲の信仰の対象になっていた事が窺えます。祭神:少彦名神、菊理媛神。
秋田まちづくり(ホーム)

秋田建築力士像
古四王神社吉沢神明社薬師神社田村神社玉ノ池八幡神社諏訪神社御嶽神社三上神社亀田・稲荷神社稲荷神社日吉神社
今木神社熊野神社日吉神社愛宕神社
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「秋田県WEB観光案内所」は「秋田の歴史」、「羽州街道をゆく」、「秋田市歴史地図」、「あきた滝300」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「秋田のお寺」、「秋田の神社と神々」、「歴史道路報告書」、「佐竹氏と久保田城」、「秋田の温泉」、「有限会社建築相談センター」、「たった1人の秋田まちづくり委員会」、「秋田羽州街道ひとり旅」、「秋田県の建物と街並み」、「小野小町」、「秋田フィールドワーク」を参考にさせていただいています。