秋田建築力士像(社寺彫刻): 玉ノ池八幡神社

  たった1人の秋田まちづくり委員会秋田建築力士像(社寺建築彫刻)>玉ノ池八幡神社

玉ノ池八幡神社
玉ノ池八幡神社
[付近地図:由利本荘市玉ノ池]・[由利本荘市:玉ノ池・宮内集落]
八幡神社 八幡神社:由利本荘市玉ノ池 八幡神社 八幡神社:由利本荘市玉ノ池
概要・観光・歴史・名所
玉ノ池八幡神社(由利本荘市玉ノ池)概要: 玉ノ池八幡神社は由利本荘市玉ノ池集落の中にひっそりとたたずんでいて決して目立ってなく境内も社殿に比べやや狭い印象を受けますが、社殿はかなり手が凝った造りになっています。案内板もなく由来や歴史はよく解らないのですが、江戸時代に入ると本荘藩主六郷家から崇敬庇護され、享保13年(1728)には4代藩主六郷政晴が社殿の造営を行っています。社殿自体は明治41年(1908)に火災により焼失し、翌、明治42年(1909)に秋田県秋田市下浜から移築されてきたようです。社殿は入母屋、桟瓦葺、平入、桁行4間、梁間3間、正面1間向拝付、向拝木鼻には獅子、欄間には龍、軒下四隅には力士像が屋根をしっかりと支えていて宮大工の技が光る彫刻美があります。祭神:誉田別乃命。
秋田まちづくり(ホーム)

秋田建築力士像
古四王神社吉沢神明社薬師神社田村神社玉ノ池八幡神社諏訪神社御嶽神社三上神社亀田・稲荷神社稲荷神社日吉神社
今木神社熊野神社日吉神社愛宕神社
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「秋田県WEB観光案内所」は「秋田の歴史」、「羽州街道をゆく」、「秋田市歴史地図」、「あきた滝300」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「秋田のお寺」、「秋田の神社と神々」、「歴史道路報告書」、「佐竹氏と久保田城」、「秋田の温泉」、「有限会社建築相談センター」、「たった1人の秋田まちづくり委員会」、「秋田羽州街道ひとり旅」、「秋田県の建物と街並み」、「小野小町」、「秋田フィールドワーク」を参考にさせていただいています。