秋田県建築文化財
 
旦那門 
 
 たった1人の秋田まちづくり委員会秋田県建築文化財>旦那門

旦那門


 
旦那門概要: 横手市十文字にある「旦那門」案内板によると「この門は文化3年(1806)に建築され、1本の木からすべての材料をとったとの伝承がある。また口碑によれば飛騨の匠の作と伝えられる。小松家の先祖は与作村(現在の能平喜ほかの地域)を開き、役人に登用された者もあった。「旦那門」の名称はこうした歴史に由来する。  十文字教育委員会」とあります。この門は武家薬医門の形式に近いもので、本来農家建築では使用する事はできなかったことから小松家は豪農として、武家同等の地位があったと思われます。当時の豪農建築の遺構として大変貴重なものとして横手市指定文化財となっています。
 
 
旦那門
[付近地図:横手市十文字町鼎]



秋田近代洋風建築| 秋田県建築文化財| 秋田商家建築| 秋田神社山門| 秋田人形道祖神| 秋田藩12社探訪| 秋田県建物と街並み
秋田楼門建築| 秋田農家建築| 秋田信仰の山| 秋田建築力士像| 秋田県・集落| 秋田県・町並み| 秋田県・城郭| トップ|