秋田三十三観音札所
 
永源寺(22番札所) 
 
 たった1人の秋田まちづくり委員会秋田三十三観音札所>永源寺(22番札所)

永源寺


 
永源寺概要: 永源寺の創建は不明ですが弘治元年(1555)に補陀寺から9世草庵守端を招いて開山しています。本堂の建物は延宝年間の火災後建てられたもので、山門は昭和57年に建てられました。男鹿街道沿いの鵜木集落に建てられています。道路側の植栽と背後の山が一体化して様はとても奥ゆかしい感じを受けます。敷地はそれほど広くは有りませんが、開放的な雰囲気です。山門も威圧的なではなく暖かく迎えてくれ、境内はきちんと整備され清潔感が漂っています。
 
 
永源寺(22番札所)
[付近地図:男鹿市鵜木]


永源寺(22番札所) 永源寺(22番札所) 永源寺(22番札所) 永源寺(22番札所)


秋田近代洋風建築| 秋田県建築文化財| 秋田商家建築| 秋田神社山門| 秋田人形道祖神| 秋田藩12社探訪| 秋田県建物と街並み
秋田楼門建築| 秋田農家建築| 秋田信仰の山| 秋田建築力士像| 秋田県・集落| 秋田県・町並み| 秋田県・城郭| トップ|