医療ライター秋定啓文のホームページ

鹿樹プランニング
秋定啓文

取材・原稿執筆

自費出版

保険アドバイス
プロフィール

会社概要・地図

03-3321-6179
メールはこちら E-Mail
関連リンク

Counter
鹿樹(ろくじゅ)プランニングは、ノンフィクション作家 秋定啓文の企画・製作プロダクションです。


ついに発売!「中国13億人がこれから買う・使うモノとサービス」 (生活情報センター刊、1400円」)人民元切り上げで、変貌激しい中国だが、実態を知り、本質を忘れなければ、大きなビジネスチャンスがある!!書籍の詳細はこちら
スーパー広報術 「新刊本の健康度チェック」[2005/08/25配信]  

認知症を支える家族の会翠の会の会合は9月9日、 1時半〜3時半梅丘総合福祉センターであります。場所は小田急線梅丘駅下車5分、北沢総合福祉センター3階。 時間は1時半からの予定です。私も家族の話を少しさせていただきます。

ホームページを作りました。市川葉子さんのおかげでホームページができまし た。変化の大きい毎日ですので、新着情報も充実させたいと考えています。

2006年3月発売予定「最新、よく分かる在宅介護」(NCコミュニケーションズ)  厚生労働省の検討会に通いつづけ傍聴すると、これまでの常識がくつがえります。  介護保険の改変についても、現状はもとより、介護を組み込んだ生活の視点からよ く分かり利用のしかたも分かりやすく書きました。  ステージ別に介護生活が書かれているため、予測ができ、その分介護が楽になりま す。

5月発売「著者デビューノート、弱点克服レッスン付き」(生活情報セン ター) デビューしたものの、あとが続かず、生涯1冊で終わってしまう人がたいへん多いの です。弱点を克服し、年間数冊出せる著者になる本です。


自費出版 本当に美しい本を作ります。箱入り(金泊使用)上製本350万円から(一周忌用100部)簡易製本10万円(紙代別)まで。  詳細はこちら
執筆のみ データと、インタビューで一冊の本に仕上げます。 詳細はこちら
リライト お書きになったものを読み応えのある本に仕上げます。 
取材 執筆。目録、社史、健康、医療、介護、中国、台湾、経済、法律など。 詳細はこちら
朗読テープ
作成
宮沢賢治、日本昔話から、憲法、会社案内、オリジナル短歌、古文もおまかせください。読み聞かせもやっています。
講演・講師 各種セミナー・後援会・子育てセミナー・生き方アドバイスなど

全国学校図書館協議会選定図書
おやこ自転車街を行く / 秋野恵子/著 文園社  価格: 1,200円(税別)
Yahoo!ブックスショッピング

ぶきっちょ母さんは、毎日自転車に、子供を乗せて街を走り回る。子供は街の中にも自然を発見してゆたかに育っていく。働くお母さんのちょっと風変わりなイキイキ子育て・自転車エッセイ。
人材ビジネス会社情報 / 高橋 昌 ・ リンク総研 編 定価:1,700円
編集・執筆協力 秋定啓子
詳細はこちら 紀伊国屋書店のサイト

21世紀型人材立国へ!拡大する業界徹底ガイド
適材適所ー人材派遣・紹介・育成・開発
再就職支援・求人情報等々の現状と方向。
声に出して読みたい万葉の恋歌 / 松永 暢史 監修
河出書房新社 定価:1300円(税別)
詳細はこちら 河出書房のサイト

声に出して読む。できたら大きな声で読んでみる。そして若とはそもそも一音一音切って読むもの。宮中歌会始めに同じ。平仮名一字一字を切って大きな声ではっきりと読んでみることだ。
すると、ああ日本語は美しい。日本人であって本当によかった。それに日本人はなんて素敵なびを心掛けることか。
痴呆デイホーム 〜お年寄りと一緒に〜 山田 忍編 かみさぎデイホーム著
NCコミュニケーションズ 定価1,600円

詳細はこちら 紀伊国屋書店のサイト

この本は東京都中野区にある「かみさぎデイホーム」が毎月発行している「デイホーム便り」の「お年寄りと一緒に」というコラムを元に構成しています。
介護のポイント、他のサービスの使い方などの情報を載せ、家族は、心が軽くなり、痴呆をもったお年寄りと一緒の生活と介護に新たな力を得られることでしょう。
「人生の勝敗は週末で決まる」 西山昭彦著 2004年6月刊行 四六判208頁 価格1,365円(税込) 
生活情報センター発行 ISBN4-86126-128-7
はじめての著者デビューノート アスカビジネス
児玉 進 (著), 吉田 浩 (著) 価格:¥1,470

第1章 どんな人が本を書けるのか?―すぐ著者になれる11のタイプ
第2章 本を書く前にこれだけは準備しよう!
第3章 作家になるためのマル秘執筆テクニック(実践編)
第4章 著者デビューするための営業テクニック
第5章 作家デビューのためのQ&A
第6章 知っておきたい出版常識
第7章 著者デビューのための東京ライターズバンク活用術
第8章 進化し続ける編集プロダクション天才工場
第9章 児玉進×吉田浩 対談