1/144 デビルガンダム





長い沈黙を破って再びふぅ氏から新作のデビルガンダムが投稿されました!!
時間をかけてじっくり作り込んだだけあっていつもながら緻密に刻まれたディティールが映えていて素晴らしい仕上がりです。
パッと見「アレ?デビルガンダムってHGでリメイクされてたっけ?」と錯覚しちゃうかもだねw


信じられねぇだろ、コレ・・・・・・旧キットなんだぜ・・・・・
旧キットを持ってる人からしたら驚異的なまでに徹底回収しているのがよく分かる作品です。是非見比べてみて下さい!




















特に情報量の多い上半身は、ふぅ氏もアキラもリスペクトして止まないセイラマスオ風ディティールが散りばめられています。
今風な工作に加えてシンプルで奇麗な塗装とデカールワークも相まってFIXの完成品のような仕上がりを思わせますねーコレ欲しいわぁ〜w
贅沢を言うなら是非ともFIXゴッドガンダムとのツーショット写真も見てみたいね!同スケールのサイズ違いだから更にデビルが映えると思う。

もしくはふぅ氏が中学生の頃に作り直した1/144ゴッドガンダムでもイイよ?(ニヤニヤ)





















コチラは後ろからのアングル。背中から腰にかけてのパイピングと股関節のディティールアップに注目!!
大味のキットだけあって隙間の多い構造になってるのがある意味でこのキットを一番「おもちゃ臭く」している原因だと思ってるんですが、その空間の「間」を上手く持たせつつ実在する兵器っぽい「らしさ」を加える事で、このおもちゃ臭いキットをよりリアルに見立てていると思います。
こーゆー隙間にチラッと見えるメカメカしさ、大好きです。パイピングに関してはもう少し大胆に冒険してみても面白かったかも。勇気がいるケドね!w


あと特に注目して欲しいのが足!
キットは何と膝が可動しない大胆なパーツ構成なんですよ。旧キットのドムのボディみたくwしかも足首に至っては薄っぺらくてお粗末なショボさ!
ある意味でキットの一番出来の悪い部分だったその足を、この作品では徹底的に回収されています。膝関節をプラ板で新規に作り起こし、足首はキットのパーツを芯にしてプラ板やエポパテでガッツリとボリュームアップ!そして足全体にも大幅に幅増しをしているので貫禄のあるドッシリとした物に仕上がっています。


ふぅ氏曰く、「途中で投げ出したくなった最大の原因」と称する程にやっかいな部分だったとは思うが効果は絶大・・・と言うか、この工作無くしてこの出来映えは無かったと思うね。
いい仕事したよホント。








































同シリーズ中最も巨大なキットを更に大型化する事で出せるこの威圧感!
この雰囲気を出すことが出来るのもまた模型の一つの楽しみ方だと思うね。ホント毎度の事ながらふぅ氏は模型を楽しんでるなぁ〜って思う。
俺なんか最近プラモ作るのがなんか億劫になって来たよ・・・・・



・・・・・・しっかしホントカッコイイなぁ〜このデビルガンダムはよーッ!!チクショーーー!!w











































































はーい毎度お馴染み過ぎてもう挨拶も面倒臭い「ふぅ氏のうんちく」のコーナー。





そんじゃあ新婚ホヤホヤで「夫婦の時間が忙しくて模型に専念出来ない」とか言う泣き言を嬉しそうに自慢して止まないふぅ氏にこのキットを解説して頂きましょう。
リア充爆発しろ。





































〜ふぅ氏のコメント〜




なんとか隙を見て完成までこぎつけました!!自分なりに納得のいく作品となりました☆


思えば小学校5年生のころ、お誕生日会のときに若きひげなし氏にお誕生日プレゼントとしてもらったのがこのデビルガンダムでした☆
すぐ組んでガシガシとゴッドやシャイニングなどGファイターと戦わせて遊んだものです。
デビルはでかくて「明らかにボス!!」って感じで脳内ガンダムファイトのなかでも最強だったことを覚えています。ガシガシ遊んだものやから、パーツはよれよれになり、ポロリ事件が多発したので、タミヤセメントという呪縛の液をそれはもう、ぺったぺた塗りたくってさらに強固となったデビルで遊んだものです。


そいつを何を思ったか、当時26歳にして箱からサルベージし、なぜか「こいつをよみがえらせよう!」と思い立ったのでありました。
まぁ再販されたからほしくなったってのが正解wでも買わずに当時のキットを一生懸命ばらして、がったがたになったパーツを見てもあきらめず、今日の完成に至ったのであります!!


















作品解説

見てもらってわかるとおり(わからない人はバンダイのHPのデビルガンダムの写真をみてみようw)かなりいじってます。
まず、でかいが故にざっくりとしたモナカな脚は膝関節がないので・・・・なんてたっぷり楽しませてもらったキット。ポイントにまとめてみます。






【改造点】


・膝関節を新規デザインし、方眼紙で図面をひいて試作品をつくり、プラ板にて箱組。


・随所に敬愛するセイラマスオ氏っぽいデティールを追加。(何度も過去の作品を見返したのが時間かかった所以)


・画像では見えない、実際にも見えない、おしりアーマー裏にはいろいろデティール追加。


・MA状態でガンダムヘッドのサブカメラとなるおしりアーマーにはプラ板にてサブカメラを再現。


・MS状態ではおしりがすっかすかで、股がガリガリな印象を与えるので腰部分を新規デザイン。プラ板、プラ材、エポパテにてスクラッチ。


・胴体と腰をつなぐ黄色のパーツには背骨を連想させるデティールを追加。デビルってかんじでしょ?


・肩アーマーの黄色のダクト下の凸パーツをプラ板にて追加。


・肩のスイング機構を新造。引き出し式にすることででかい肩アーマーでもスイングできる・・・はず。塗膜がはがれそうでやりたくないw


・腕のデザインもちょっぴり変更。エッジをだしたり、デティールアップしたり、手首パーツを追加したりなど。


・脚のフィン?を脚の巨大化にともなってプラ板にて巨大化。黄色の放熱フィン?はエバーグリーンのプラ板を線の数だけはりつけました。


・脚を5ミリ幅増し。これが今回一番やりたかったこと。やっぱアシデブMS最高ッ!!


・足もだいたい5ミリ幅増し。一旦切り離して裏からプラ板にて張り付けたりパテをもったり試行錯誤で途中で投げ出したくなった最大の原因。なんとか形になってよかった。。。。ほぼプラ板の張りぼてw


・カラーリングは設定色な感じやけど一部変更。まさかおしりアーマーが黒だったとは。。。キット自体は白やのに。。。ま、白のがよかったので白を採用しました。







が、がんばった。。。。小五の俺、今はこんな技術があって、こんな楽しみ方がプラモにはあるんだぜ!!
















































以上、ふぅ氏の渾身の作品デビルガンダムでした!手間暇掛けて作っただけあって素晴らしい出来映えだね。
個人的な意見だが正直ダブルエックス以来の衝撃ですよこのクオリティは。いやホントにカッコイイ!!是非とも今度実物を拝見させて頂くとしようw



ところでふぅ氏よ・・・・・・コイツはMA形態には変形出来ないのかい?
それだけが気掛かりなんだケド。








コメントを寄せる




戻る