カラオケマイクの説明
(私の持っているカラオケマイクです)

マイクロホンについて
マイクロホンは人間の声を忠実に再現するのが 理想です そのためには低域から高域までフラットで
なければならない コンデンサ−マイクはそれに近いです ですれど ひとはいろいろな声があります 
低域がでる人 出ない人 高域がでる人 出ない人 よって コンデンサ−マイクではものたりない人がでます
ダイナミックマイクは低域がでるマイク 高域がでるマイク があります 
よって 人によって どのマイクがいいか かわります 自分の声 の低域から高域までがどのように
なっているかを知ることが大事です それによって いい声になります
また カラオケ屋のアンプ<増幅機>(孫悟空とかDAMとかUカラオケとか) 部屋によっても 声は変わります
いい声を出すには
1.自分にあったマイク(ダイナミックマイク)
2.自分にあったアンプ<増幅機>(孫悟空とかDAMとかUカラオケとか)
3.自分にあった部屋(大きい部屋がよい)
4.自分にあったスピ−カ−
5.歌う曲(周波数帯による)
以上でマッチしたらよい声が聞こえます  1から5によって声は変化します
カラオケ屋で同じ店でマイクとスピ−カ−は同じでも部屋が変わったり アンプ<増幅機>
(孫悟空(会社名)とかDAM(会社名)とかU Kara(大阪有線」放送社)とかがかわると
声がちがうのが確認できます
アンプ<増幅機>(孫悟空(会社名)とかDAM2(会社名))とかU Kara(大阪有線」放送社)とか
HyperJOY(会社名) BEMAX’S(東京ビデオ) GIGA NETWOKS(ギガネットワ−クス)全部で6社ぐらいありますよ

声のいい(カラオケ)マイクロホンとは
自分にあった(周波数帯の低い音域 または周波数帯の高い音域を補正してくれる)マイクロホンが理想です

***************************************************************************************************

マイクロホン  ダイナミックマイク


Electro Voice    nd767 nd767aが新しいマイクロホンです 旧タイプを持ってます
エレクトロボイスはアメリカのマイクロホン・スピーカの製造メーカーです。
リードヴォーカリスト用として最適なダイナミックマイクロホンです。
ライブパフォーマンスおよびレコーディング双方を念頭においてデザインされたN/D767は、スタジオコンデンサーマイクロホンに見られるような
繊細さとヴォーカル明瞭度を兼ね備えています。中音域から緩やかに上昇するスムーズで広い周波数特性は、
アーティストの声を暖かく豊かにします。近接効果を利用して低域を増強できる一方、ブーミーな低域には、
それを取り除くための低域ロールオフスイッチも装備して

私の評価 (100点中75点)

中低音がよくでる 女性が男性用の歌を歌うのによい 男性の中低音が出る人はききずらい 
男性の中低音が出ない人はよい
テクニックその1
だから 低音を出さずにすのには マイクからはなす声を出すこと

中島みゆきがライブで使用かも
テレビで確認のため 間違ってるかも

私の評価 (100点中?点)私が旧タイプをもってる

***************************************************************************************************

マイクロホン  ダイナミックマイク

SHURE         Beta 58Aスーパーカーディオイド・ダイナミック型。
全周波数帯域に渡る均一なスーパーカーディオイド特性により、広いフィードバック・マージンの確保、他の音源からの最大のセパレーション、
収音軸を外れた時のカラーレーションの抑止を実現するBeta 58A 。SM58譲りのホットなサウンドと洗練された高域のレスポンスにさらに磨きをかけた
Beta 58Aは、プロフェッショナル・ボーカル・マイクのニュー・スタンダードです。

平井堅が2008/12/26日ミュージクステーションで使用している
テレビで確認のため 間違ってるかも

平井堅みたいに高音が出る人はBeta 58Aみたいに高音が出ない方がいいです

私の評価 (100点中60点) 私がもって

高音が弱い 物足りない エコ−がかかる エコ−装置がないところはよい

***************************************************************************************************

マイクロホン  ダイナミックマイク

SHURE         SM58単一指向性ダイナミック型。
ダイナミック・マイクロフォンのワールドスタンダードSM58は全てのミュージック・シーンにおいて未だに凌駕されることのない、
”ザ・ベスト”ボーカル・マイクロフォンです

私の評価 (100点中50点)私がもってる

高音が弱い 物足りない 

***************************************************************************************************

マイクロホン その4 ダイナミックマイク

AKG          D 3800  旧タイプいまはない
AKG(Akustische und Kino-Gerate Gesellschaft m.b.H アコーステック・アンド・シネマ・エクイプメント・リミテット) オーストリア(ウィーン)の製造メーカーです。

三重-パワーのシリーズは、最も美しい称している、高い機能、およびパーフェクトな
建築のブレンドが可能性があることを革新的なテクノロジー、および新しい材料で作ったということです
D3800D3800SD3800WL (無線) : 自惚れている音楽家のための動的なトップの声のマイク優秀な音響学、およびパーフェクトな機械的な建築
 

●D3800は、D3700の上位機種として、さらに強靭な構造とトライパワースタイリング、ボーカル用にデザインされた
ソニック特性を誇るダイナミックマイクロフォンです。
●2kHzに緩やかなピークを持たせた周波数特性が特長です。
●カプセルには、最高出力のマックスフラックスネオディウム/アイアンボロンマグネットとハイパーカーディオイドパターンを
採用し、フィードバック特性に非常に優れています。
●AKGダイナミックマイク中、最大級のSPLを誇り、ロックボーカルにも十分耐えうるダイナミックレンジ設計がなされています。
●トライパワーデザインのダイキャストボディは、強度とハンドリングの良さを兼ね備えています。
●パテントのムービングマグネットサスペンションは、苛酷なプロフェッショナルツアーを対象にデザインされ、
どのような状況でも最高のパフォーマンスを約束します。
●ウィンドスクリーン/ポップフィルターは、取り外しが簡単でクリーニングも容易です。

私の評価 (100点中75点)私の評価 私がもってる

中高音がよく出る 男性が女性の曲を歌う時はよい 女性が中高音が出ない人はよい 
女性の中高音が出る人はききずらい高域すきっと音がクリヤ−
テクニックその1
だから 低音を出すのには マイクから1cmで声を出すこと

サザンオ−ルスタ−の女性がコンサ−トで使用されている時がある
テレビで確認のため 間違ってるかも

***************************************************************************************************

マイクロホン コンデンサ−マイク  電源が必要

SHURE         Bata87A  ライブ・ボーカルにスタジオ・クォリティのサウンドを実現するBeta 87Aは
、その伸びやかな高域特性 により、どんなボーカルでも正確にそしてハートウォームに再現します。
また、内蔵のショックマウントに より、ハンドリングノイズやステージ上のランブルノイズを劇的なまでに
抑制。Beta 87Aは、まさしく最高峰 のボーカル・マイクといっても過言ではありません



私の評価 (100点中80点)   電源が必要私の評価 私がもってない

低域が不足ぎみ  音量が少し不足ぎみ すこしエコ−が入りやすい
電源が入りますので マイク以外に電源を買わなくてはいけない

テクニックその1
だから 低音をだすのには マイクから近づけてで声を出すこと

電源がいる NHKの音楽の番組で使用されている時がある.フジTVのミュ−ジクフェアで使用されている時がある
テレビで確認のため 間違ってるかも

***************************************************************************************************

マイクロホン  ダイナミックマイク

audio−technica  ATM61HE 旧タイプ いまはない
ネオジウムマグネットをはじめとする最新技術素材と長年のノウハウを結集したハイエナジー・マイクロフォンです。
●近接ボーカルや大音圧の楽器収音に最適。Dレンジが広く、ハウリングやハンドリングノイズにも強い構造です。
繊細な高域の表現力に優れています。
●小型化された磁気回路により、高性能な3ポート音響抵抗回路の組み込みを達成。指向性が大幅に向上しています

私の評価 (100点中60点) 私の評価 私がもってる

高音がクリア−だが低域がすごく下がっているので カラオケには不向き
男性で低音がよくでる人はカラオケに使える 放送用でしゃべるのにはクリア−で聞きやすい
テクニックその1
だから 低音を出すのには マイクから1cmで声を出すこと

周波数特性はSHURE Beta 87Aによく似ている

注意  ホ−ムペ−ジに掲載してあるATM61HEの周波数特性とATM61HEについてくる周波数特性が違います注意してください

***************************************************************************************************

マイクロホン その7 ダイナミックマイク

SENNHEISER evolution                e855 旧タイプで日本のにはありません

855 The PROFESSIONAL STANDARD
トップレンジマイクロフォン
プロフェッショナルヴォーカルマイクとしての品質とパフォーマンスを具現化しました。
新しい基準と為り得る、最高のダイナミックマイクロフォンがここに誕生致しました。
炸裂音の様な音にも耐え、味わいのあるヴォーカルを表現します。
拡張されたダイナミックレンジと誇張されたプレゼンスから、とても滑らかな周波数レスポンスを実現しました。
これは,ヴォーカルの声質を最大限に引き出し、低歪率の高品質な信号を供給します。
優れた高域特性とスーパーカディオイドピックアップパターンの組み合わせは、フィードバックを発生させることなしで高出力が得られます。
フルメタル構造と精巧なシュックマウントサスペンションは、どんな激しい状況下でもカプセルを保護します。
妥協のない傑出の一品です。

私の評価 (100点中75点) 私がもってる

高音がより多く出ますので無理に高音を出すしつようがない 低域が下がっている 超高音がでない 
男性で低音がよくでる人はよい 女性の中高音が出る人はききずらい
テクニックその1
だから 低音を出すのには マイクから1cmで声を出すこと

***************************************************************************************************

マイクロホン  コンデンサ−マイク  電源が必要

SENNHEISER evolution       e865

e865Sは品質の新しい標準を達成して、そして鳴るためにコンデンサーマイクロホン技術で非常に最も良い(人・もの)を利用する完全にプロフェッショナルな超 cardioid のボーカルマイクロホンです。
マイクロホンカプセルは横隔膜を極端な音圧力レベルから保護するために特別な爆発 / ポップス protiction メッキ板を insorporates します。 音入口バスケット:精製されたスチール。

その1 頑丈な金属のボディー
その2 顕著なプレゼンスと声高に主張する「パンチ」でダイナミックな反応を延長しました
その3 優秀なフィードバック拒否
その4 取り扱い騒音の非常に良い拒絶
その5 非常に高い音圧力取り扱い能力

evolutionの会社のウイヤレスがコンサ−トホ−ルでよく使用されている

私の評価 (100点中78点)私がもってる

超高音が出ます 低域がよくでる 低域がこもる 
男性で低音がよくでる人はあまりよくない 
テクニックその1
だから 低音をすくなくするのには マイクからはなして声を出すこと
エコ−を弱くする マイクを45度ではなして声を出す
又 電源が入りますので マイク以外に電源を買わなくてはいけない

***************************************************************************************************

マイクロホン  ダイナミックマイク

SENNHEISER          MD 431 旧タイプ今はUタイプになっています

井上揚水がコンサ−トで使用いているのを見ました

私の評価 (100点中80点) 私がもってる 旧タイフ

低域が不足ぎみ  音量が少し不足ぎみ e865より高域がある

テクニックその1

だから 低音をだすのには マイクから近づけてで声を出すこと

***************************************************************************************************

マイクロホン  ダイナミックマイクです

AUDIX(オーディックス) om7




私の評価 (100点中?点)私がもっていない  私はほしいマイクです

***************************************************************************************************

マイクロホン  コンデンサ−マイク  電源が必要

rode s1




私の評価 (100点中?点)私がもっていない  私はほしいマイクです

***************************************************************************************************

マイクロホン  コンデンサ−マイク  電源が必要

NEUMANN 会社名

KMS 104

コンサートにおけるボーカル・マイクには幾つかの“定番"が存在しますが、耐久性や利便性からダイナミック・マイクを使用する機会が多いでしょう。
ボーカル"に焦点を当てたコンデンサー・マイクも数多く登場し、ダイナミック・マイクと同じ感覚で使うことができるのが特長です。
そんな中登場したのが今回紹介するNEUMANN KMS 104KMS105を踏襲し、さらにリファインされたのがこのモデルのようです。
NEUMANN KMS 104を実際に男性ヴォーカルで使用して最初に感じたのが、5kHz付近から上の帯城がスムーズに伸びている点です。
これによって空気感や存在感が増し、声の“つや"がしっかり表現されています。ハイファイ感を出すために、高城を無理にブーストしているという
印象も無く、あくまでもナチュラル。温かみがありシビランスも気になりません。
NEUMANN KMS 104は女性ボーカルでも、先ほどと同じく言葉のサ行の部分は鋭くなく、
卓上でEQ調整をしなくても女性歌手の高城が耳に痛くありません。またボーカルにとって重要な200~300Hz辺りの中低城も、
量感があってしっかり歌を下支えしているところが好印象。高城よりも低減~中城の方がよりフォーカスがはっきりしているので、
女性/男性問わず同じような音質バランスを保つことができるでしょう。しかも本番中も握りやすい形状からかマイクを握り直すしぐさも少なく、
ハンドリング・ノイズも特に目立ちませんでした。音質以外の部分では、まず“吹かれ"にとても強いということが挙げられます。
マイク・カプセルを唇にくっつけながら歌ってもポップ・ノイズは特に気にはなりません。
近接効果による低域の持ち上がりもほどよい感じです。またコンデンサー・マイク特有の感度の鋭さから来るハウリングもなく、
SM58などと同じように扱えます。ほとんどの場合ダイナミック・マイクと同じように
容易にハウリングを防ぐことができます。この辺りにステージでの使用に耐え得るボーカル・コンデンサー・マイクという
設計コンセプトが表れていると感じます。NEUMANN KMS 104を使用した印象としては声の音質に近いフルートや
クラリネットなどの木管楽器との相性も良いのではないかと思います。その意味でもNEUMANN KMS 104はコストパフォーマンスに優れ、
ダイナミック・マイクと同じように安心してコンサートで使用できるのは心強いです。何より“やはりNEUMANNだな"と思わずうなってしま
う説得力を持ち合わせているのはさすがです。よりハイクオリティで扱いやすいボーカル用コンデンサー・マイクを
探している人にはお薦めの一本です。

KMS 104 plus の特徴は、KMS 104 と比較して、より低域の周波数レスポンスが拡張されています。プロのミュージシャンとの緊密な協力により、広範な実用的なテストができたことでKMS 104 plus はロックやポップの分野での女性の声の必要条件を満たすべく、特別に最適化されました。

KMS 104 とKMS 104 plus は、マイクロフォンの背面からのサウンドに対して、最高の抑制を提供する***カーディオイド***指向特性をもつコンデンサー マイクロフォン カプセルを採用しています

***スーパーカーディオイド***特性のKMS105 は、特にマイクロフォン背面180°の半球からくるサウンドをよく抑制します。




2016-11-4pm10時56分 NHK BS プレミアム
あなたに贈る名曲セラクション 秋ソングスペシャルでKM104が105か104plusのどれかが使用されている

KMS 104とKMS105との違い
KMS 104 とKMS 104 plus は、マイクロフォンの背面からのサウンドに対して、最高の抑制を提供するカーディオイド指向特性をもつコンデンサー マイクロフォン カプセルを採用しています。対照的に、スーパーカーディオイド特性のKMS105 は、特にマイクロフォン背面180°の半球からくるサウンドをよく抑制します


私の評価 (100点中85点)高音がすこし出過ぎかなでもなかなかいいよ よく低音がでているよ 私の評価 私がもってる。。。 KMS 104 plus は持ってない つかいたいな
*************************************************************************************************************************
ワイヤレスハンドマイク
ワイヤレスがゼンハイザーで使用されてるみたい
NEUMANN KMS 104KMS105ケーブル用のマイクがワイヤレスがSENNHEISER ゼンハイザーで(会社名はNeumann ノイマンの製品です)
マイクヘッドNeumannKK 104 S/KK 105 Sと
ワイヤレスのボデ−Microphone HeadsSKM 5200 BK-J(SENNHEISER ゼンハイザーの製品です)販売してる

会社名はSENNHEISER ゼンハイザーの製品ですSENNHEISER ゼンハイザー ワイヤレスのボデ−Microphone HeadsSKM 5200 BK-J 
会社名はNeumann ノイマンの製品です Neumann ノイマンマイクヘッドNeumann KK105 ワイヤレスハンドマイク

■特徴 ・最大39ch同時運用可能 ・コンパンダー:Hidyn plus方式 ・シャークフィン・アンテナを有する優雅なデザイン ・ゲイン調整は、1dBステップで調整可能 ・ボディは、激しいステージングにも耐える頑丈な構造 ・本体を簡単に区別可能な色付きキャップ ・2パターンのローカットフィルター搭載 テレビやコンサート、ライブでよく見かけるシャークフィンマイクです。音響レンタルではなかなか見かけない最高級マイクをライズワンではレンタル開始いたしました。世界中のトップアーティストが愛用するゼンハイザーワイヤレスマイクにノイマKK105マイクヘッドの組み合わせです。 ]

KK 105 SカプセルヘッドとSennheiser SKM 5200/5000ワイヤレスシステムとの組み合わせのおかげで、Neumannサウンドはワイヤレス領域でも可能となりました。 これは、最も要求の厳しいライブパフォーマンスエンジニアリングのための、新しいサウンド局面を開きました。 ここで、プロユースのための妥協のない製品を製造するために、NeumannとSennheiserは、それぞれの専門知識の重要な領域で、前例のない方法で結束しました。既にSennheiser SKM 5200システムと組み合わされて使用されているNeumannカプセルは、過去10年間でサウンドと伝送の信頼性を高く求められる、世界の大きなステージやEurovision Song Contest のようなメガイベントで使用されてきました。 これらのシステムでは、特にSennheiserのIn-earモニターと組み合わせると、その強みが証明されます。 Sennheiserのハンドヘルド送信機のためのNeumannカプセルヘッドの設計は、非常に成功し、幾多の賞を受賞した有線ステージマイクKMS 105に基づいています。これらのマイクロフォンのカプセルヘッドは、優れた音響特性と技術仕様だけでなく、その堅牢な構造とポップ サウンドやハンドリング ノイズの効果的な抑制を取得しました。 サウンドは低域の過度な強調なしで、豊かで、透明で、自然に暖かく表現することができます。 “1つのポーラー パターン設計”によるポーラー パターンは、すべての周波数レンジにわたって均一なので、ハウリングの起こりにくい基本原理を提供しています。 カプセル、さらにもちろん送信機ユニットも、ニッケルと黒の両方を用意しています。カプセルヘッドには、カプセルだけでなく、ハンドヘルド送信機、バッテリー パック、そして追加のアクセサリーを収納できる、大きなナイロン製バッグが付属しています。

KK 105 S / KK 105 HD  指向特性:スーパーカーディオイド  ゼンハイザーSKM 5200/SKM 5000 ワイヤレスシステムで使用するための、KMS 105 ボーカルマイクロフォンの専用カプセル。カプセル ヘッドは大きい指向性があり、背面からのサウンドはなく正面から入射するサウンドを最大にします。  KK 105 S のワイヤー製ガーゼには、マルチレベルアコースティックフィルターがあります。“ヘビー- デューティ”バージョンのKK 105 HD には、ポップ音に対してさらに大きな耐性を持たせるために、KK 105 S のワイヤーガーゼの代わりに、フォーム製ポッププロテクションを内蔵しています。フォームの気孔が表面を大幅に増加させ、カプセルを湿気から防ぐことができます。

テクニカル データ KK 105 S (HD) (SKM 5200/SKM 5000 含む)
指向特性…………………..スーパーカーディオイド
周波数特性………….. 80 Hz…20 kHz
感度 1 kHz を1 kΩ負荷で……………..1.3 mV / Pa ± 1 dB
等価ノイズ レベル, CCIR1)…………………..44 dB
等価ノイズ レベル, A-weighted1)……. 33 dB-A
最大 SPL for 0.5% THD2)………..150 dB.
最大 SPL for 3% THD2)………….155 dB
ダイナミック レンジ (A-weighted)…………. 117 dB-A
周波数特性………………………. 450?960 MHz
スイッチング 帯域幅…………………… 24 MHz
送信機の周波数…………………….. 16
RF-出力…………………….50 mW (?3 dB) (日本仕様は10 mW)
ノイズ低減システム…………. Sennheiser “HiDynplus TM”
重量 (送信機 + バッテリーパック含む)…………..約325 g
寸法 (+ 送信機)……………..長さ: 257 mm, O 48 mm

会社名はSENNHEISER ゼンハイザーの製品です SKM 5200 BK-J

会社名はNeumann ノイマンの製品ですNEUMANN KMS 104KMS105

私の評価 (100点中?点)私がもっていない  私はほしいマイクです

***************************************************************************************************

KK 204 カプセル ヘッドとカプセル ヘッドKK 104 Sの違い
KK 204 カプセル ヘッドは、ゼンハイザーSKM 2000/SKM 9000 システムのために特別に開発されました。
カプセル ヘッドKK 104 Sは、特に、ゼンハイザーSKM 5200/SKM 5000 システム用として開発されました

***************************************************************************************************

マイクロホン  コンデンサ−マイク  電源が必要か わからない

NEUMANN 会社名

KMS 104 D bk デジタルバージョンです

マイクロフォンKMS104Dは、定評のあるKMS104アナログマイクロフォンのデジタルバージョンです
値段が高いです
KMS 104 D bk デジタル ハンドマイクロフォ ン 黒色 マイクロフォンKMS104Dは、
定評のあるKMS104アナログマイクロフォン(情報を電圧・電流などの 物理量(測定器で測定できる量)で表す)の
デジタル(数字で表す)バージョンです。
AES42基準に基づいた、これらのマイクロフォンは、ライブやオンステージでのアプリケーションに理想的な選択です。
それらは、アナログのKS105の全ての特色を提供します。その上、それらは、拡張されたダイナミックレンジ、
過酷なコントロール(EMCセーフ)や内蔵のピークリミッター/コンプレッサーにより、クリッピングを避けられるという、
デジタル回路技術の長所を提供します。デジタルマイクロフォン・インターフェースのひとつと、
リモートコントロールソフトウェア(RCS)を一緒に使うと、
予めプログラムしたセッティングをマイクロフォンに保存できます

Transducer Acoustic: Pressure gradient transducer
Directional Pattern Cardioid
Frequency Response 60 Hz to 20 kHz
Sensitivity Free-Field: -47 dBFS
Equivalent Noise Level CCIR: 27 dB
A-Weighted: 16 dB-A
Signal-to-Noise Ratio CCIR: 67 dB
A-Weighted: 78 dB
Maximum SPL At 0 dBFS: 141 dBSPL
Dynamic Range A-Weighted: 125 dB
Latency
Sample 44,1/48 kHz: 41
88,2/96 kHz: 49
176,4/192 kHz: 99
Preset Function
Sampling Rate 48 kHz
Gain 10 dB (variable with DMI-2), compressor on
Attack Time 100 ms
Release Time 0.5 sec
Threshold -10 dBFS
Ratio 2:1
Supply Voltage 6 to 10.5 V
Current Consumption Maximum 150 mA
Diameter 1.8" (48.0 mm)
Length 7.0" (180.0 mm)
Weight Approximately 10.5 oz (300.0 g)
Interface AES42
Remote Controller Functions:
Low-Cut: Flat, 40, 80, 160 Hz
Pre-Attenuation: 0 , -6, -12, -18 dB
Gain: 0 to 63 dB in 1 dB steps, clickless
Test Signal: 1 kHz, pink noise, white noise
Sampling Rates: 44.1, 48, 88.2, 96, 176.4, 192 kHz
Synchronization Asynchronous operation (free-running, AES42: Mode 1)
Basic Frequency Accuracy: ± 25 ppm
Synchronous operation (AES42: Mode 2)
Pulling Range: Minimum ± 100 ppm

Note:
All data with respect to 0 dB pre-attenuation and 0 dB gain. At 1 kHzre 94 dBSPL
According to IEC 60268-1; CCIR-weighting according to CCIR 468-3, quasi peak; A-weighting according to IEC 61672-1, RMS D-01 only


UD20151005


私の評価 (100点中?点)私がもっていない

***************************************************************************************************

マイクロホン  コンデンサ−マイク  電源が必要

SENNHEISER

e965 世界

e965ボーカルマイクロフォンは、エボリューション 900シリーズの新製品トップモデルです。真のコンデンサ設計である e 965は、大型のダイヤフラムを 2枚持つカプセルが付いており、ポーラーパターンをカーディオイドかスーパーカーディオイドのどちらにも切替えることができます。カプセルのショックマウントは、効果的にハンドリングノイズを防ぎ、また一体型のウインドシールドは、ウインドノイズやポップノイズからマイクロフォンを保護する素晴らしい働きをします。また、e 965には切替え可能なハイパスフィルターと切替え可能なプリアッテネーターも付いています


                               注意  スイッチが3個付いている 注 意 周波数特性はniereは後ろの音が行かない用スイッチを切り替えてる場合です

2008年12月31日NHK紅白で使用新しいです   発売予定時期は 2008年 10月を予定しておりますと書いてありました
テレビで確認のため 間違ってるかも

私の評価 (100点中?点)私がもっていない  私はほしいマイクです

***************************************************************************************************


マイクロホン コンデンサ−マイク  電源が必要

[SHURE(シュアー)/SM87A]
/SM87A

コンデンサーマイク
■指向性:超単一指向性
■周波数特性:50Hz〜20kHz
■電源:ファンタム DC11〜52V/1.0〜1.2mA
■コネクタ:XLR3ピン(オス)
■付属品:マイクホルダ、マイクポーチ
■寸法・重量:φ50.8×192mm、200g
■コンデンサ型特有の繊細な表現力で、自然な音質を再現。ライブシーンに最適なボーカル・マイクロホン。
■ハウリングに強いスーパーカーディオイド特性。なめらかな周波数特性は、近接効果を考慮して低域をロールオフ。
■タフなボディにポップフィルタやショックマウントを内蔵した頑丈設計

09-6/10NHKで放送高橋真梨子がNHKの録音スタジオで使用してます
テレビで確認のため 間違ってるかも

私の評価 (100点中?点)私がもっていない  私はほしいマイクです

***************************************************************************************************

マイクロホン 

SENNHEISER会社名

SKM 5200 BK-J
ワイヤレス マイクロホン 日本用
ワイヤレスハンドマイク
ワイヤレスがゼンハイザーで使用されてるみたい
NEUMANN KMS 104KMS105ケーブル用のマイクがワイヤレスがSENNHEISER ゼンハイザーで(会社名はNeumann ノイマンの製品です)
マイクヘッドNeumannKK 104 S/KK 105 Sと
ワイヤレスのボデ−Microphone HeadsSKM 5200 BK-J(SENNHEISER ゼンハイザーの製品です)販売してる

会社名はSENNHEISER ゼンハイザーの製品ですSENNHEISER ゼンハイザーワイヤレスのボデ−Microphone Heads SKM 5200 BK-J 
会社名はNeumann ノイマンの製品ですNeumann ノイマンマイクヘッドNeumann KK105 ワイヤレスハンドマイク

マイクロホンの仕様

会社名
SENNHEISER ゼンハイザー 会社名
ワイヤレスとボデーは会社名はSENNHEISER ゼンハイザーの製品です ヘッドマイク会社名はNeumann ノイマンの製品です
SENNHEISER ゼンハイザー SKM 5200 BK-J Neumann ノイマン KK105 ワイヤレスハンドマイク
2016.7.3フジテレビでイルカが使用してる 放送局で使用されてきたのかな 歌番組ではない 
ヘッドマイクにノイマンの製品のマークががるよ ワイヤレスとボデーはゼンハイザーの製品
**********************************************************************************************************************************

SENNHEISER  ゼンハイザー会社名

SENNHEISER ゼンハイザー SKM 5200 BK-J MD5235 ワイヤレスハンドマイク

会社名はSENNHEISER ゼンハイザーの製品です

SKM 5200 BK-J MD5235  

************************************************************************************************************************************

会社名はSENNHEISER ゼンハイザーの製品です 
SKM 5200-II BK-L-JP

ワイヤレスハンドマイク
ダイナミック型  

SENNHEISER  ゼンハイザー SKM 5200 BK-J MD5235

テレビやコンサート、ライブでよく見かけるシャークフィンマイクです。音響レンタルではなかなか見かけない最高級マイクをライズワンではレンタル開始いたしました。

■特徴 ・最大39ch同時運用可能 ・コンパンダー:Hidyn plus方式 ・シャークフィン・アンテナを有する優雅なデザイン ・ゲイン調整は、1dBステップで調整可能 ・ボディは、激しいステージングにも耐える頑丈な構造 ・本体を簡単に区別可能な色付きキャップ ・2パターンのローカットフィルター搭載

スペック

ハンドヘルド型ワイヤレスマイク   送信電力:10 mW コンパンダー:Hidyn plus方式 周波数特性:60 ? 20.000 Hz  電源:単三アルカリ電池×2 動作時間:約8時間  寸法:200 x 35,5 mm  重量:300g

■特徴 SKM 5200用のこのカプセルは、e 935マイクロフォンを ベースとして設計されました。ボーカルマイクとしての 高い音圧にも対応し、優れた音質を実現します。

ダイナミック型 指向性:カーディオイド 最大音圧:163 dB(A)

******************************************************************************************************************************************************************

ワイヤレスがゼンハイザーで使用されてるみたい
ワイヤレスのボデ−Microphone Heads (ゼンハイザー SKM 5200/5000 N)会社名はSENNHEISER ゼンハイザーの製品です
 マイクヘッドNeumann KK 104 S/KK 105 S 会社名はNeumann ノイマンの製品です

SKM 5200 BK-J

NEUMANN KMS 104KMS105会社名

サラブライトマンがシ〜ンフォニー〜ライブ。イン。ウィーン〜で使用されてるかも

旧A帯(770〜806Mhz)は 電波法の改正より販売を完了しましたので 本モデルは新A帯(470〜714Mhz)対応モデルとして 販売を行って居りま


SKM 5200-II BK-L-JP 506672 (470 - 638 MHz)
SKM 5200-II BK-N-JP 506673 (606 - 714 MHz)

私の評価 (100点中?点)私がもっていない  私はほしいマイクです
(私にはワイヤレスのため使用出来ない カラオケ店では赤外線コードレスマイクロホン)
***************************************************************************************************

マイクロホン ボーカル用ダイナミックマイク

SENNHEISER  e 945



2015年紅白歌合戦で高橋真梨子が使用してるかも
テレビで確認のため 間違ってるかも

私の評価 (100点中?点)私がもっていない  私はほしいマイクです

***************************************************************************************************





トップペ−ジへ

トップペ−ジ CD-Rテクノロジ Flash5(MX)
検索エンジン お気に入り写真
カラオケ用マイク パソコン相談室 お気に入りペ−ジ 私のパソコン リンクのペ−ジ