インプラント  

当院のインプラント治療に対するポリシー

インプラント治療は、現在ある歯をより長く機能させるため、または噛みあわせを回復させるために行うものと考えます。手術においては最小限のダメージを心がけています。局所麻酔下で行う手術は痛くありません。条件が良ければなるべく当日に仮歯を入れ、その日から噛めるようになる(イミディエートファンクション)手術を心がけており好評です。

最小限のダメージで手術を行うために

インプラント手術において、歯肉を剥離することが相当のダメージになります。また術後の痛み、腫れなどの原因になります。このことから当院では可能な限りフラップレス(歯肉を剥離しない)の手術を心がけています。しかし、これは術前の情報が十分にあることが前提になる手術です。そのために当院ではCTの画像解析ソフトを導入し、積極的にCTの撮影をお勧めしています。これによりこれまでほとんど通常のレントゲンのみで行われていた、言うなれば手探りと経験だけの手術から術前に骨の形から動脈、空洞などの状態を把握したテクニカルエラーのない手術が可能になります。もちろんこれにより骨の造成の必要な部分やソケットリフトなどの必要性が把握できますから準備も万全に行えることになります。

今般、高性能デジタルレントゲンシステム導入により、少数歯の手術にはトモグラフィーによる断層撮影が可能になりました。当院で撮影できるため費用もかからず時間も無駄になりません。最新のデジタルシステムにより画像も鮮明で、計測に耐える精度です。これにより術前の審査のみならず予後の観察にも威力を発揮することになります。

10年の保証と考えています

当院では、今までの症例を検討した結果、インプラント治療は決して脆弱なものとは考えておりません。入れ歯、ブリッジなどのデータと比較してもその生存率はひけをとりません。そういったことから当院のインプラント治療(インプラント体部分)は10年間のトラブルは無償で対応いたします。これは、患者様との術後のお約束、リコールをしっかり守っていただいた場合となりますが、どんな場合でもフォローはもちろんいたします。

患者様の体は家電製品とは違います。体調などいろいろな要素が関係していますのでその状態に合わせてさまざまな対応をとらせていただきたいと思います。

当院の特徴は、ワンピース型のインプラント

当院では、ワンピース、ツーピースを含めて4種類のインプラントを症例によって選択しております。特徴的なのは、ワンピースタイプ(埋入部分と土台の部分が一体型になったもの)を主に選択していることです。様々なホームページをご覧になる機会があると思いますが、ほとんど2回手術の2ピースタイプだと思います。ワンピースタイプは扱いが特殊ですが、NobelDirectに代表される時代を先取りした早期負荷など、手術も1回で済みますし非常に患者様にとって有利な方法です。フラップレス手術を基本としたこのシステムは、腫れもほとんどなく大変好評です。

ALL−ON−4コンセプト

当院では、ポルトガルのDrマロの提唱するALL−ON−4コンセプトによるインプラント治療が可能です。このシステムは、総入れ歯の状態をインプラント4本または6本の埋入によって固定式のフルブリッジにするシステムです。すべての患者様に対応と言うわけではありませんし、可能なら規定の本数(欠損の数に近い)を埋入することがベストとは思いますが、適応する状態の方にとっては、今まであきらめていた固定式の歯並びを獲得するまたとない方法です。

このシステムには、ブローネマルクシステムが有効です。術者は、NobelBiocare社主催のALL−ON−4認定コース、ブローネマルクシステム認定コースを修了しています。

石田歯科クリニックのインプラント治療

 術者

G.O.I.A.(Global Oral Implant Academy)Japan 認定医

日本口腔インプラント学会会員

ICOI(国際口腔インプラント学会)メンバー

DGZI Japan Section 認定医

 症例

当院では、週に2回から3回の手術を行い、年間100本前後のインプラントを埋入しております。この数字が多いかどうかはわかりませんが、一般診療の中でのニーズはかなりあるように感じます。一般診療、審美治療など行っておりますので、手術は(一時間半は確実にお時間をお取りします)基本的に週2、3回までと考えております。準備、シュミレーションを万全に手術を行うことをモットーにしております。

手術室

当院では、診療室全体を手術室と考えます。重要なのは、口腔内の特殊性です。他科(特に外科など)の手術で言う手術室レベルの空気清浄を考えます。しかし、ここに口腔の特殊性があり、術中一回咳でもすればそれは台無しになってしまいます。これを考え、各方面の方からご意見をいただきましたが、検討の結果現在のエアロサービス社の空気清浄システムを導入しており手術中に他の削りかすや空気を汚染するような治療を行うことはありません。診療室内はインプラント手術のみです。そこで、前述の空気清浄システムをフル稼働させてクリーンな環境を整えています。

専用の設備、ソフト

当院では、オペコーナーを設けています。手術はワゴン部の分離できる外科用のユニットを使用し、外科用の無影灯、W&H社のインプラント外科用のモーター、ボビーワゴン3台を駆使して手術を行っております。以下に述べます、CT解析、シュミレーシュンはプリントしシャーカステンにはオルソパントモグラフィーを配置します。モニターには、プロマックスデジタル画像のトモグラフィーとSim/Plantのシュミレーション画像がスイッチングで映し出されています。

←口腔外科専用無影灯術野が狭い口腔内はこの大きさがベスト。 ←インプラント外科キット

←W&H社のインプランター(専用モーター)
生体モニター

術中のお体の変化を常にモニターしています

SIM/Plantの画像→

←医科用MPR解析ソフトの画像(一部)

プランメカ プロマックスの画像
ペリオテスト・・・オッセオインテグレーションの確認や経過観察を数値化して示します。  →

滅菌について

当院では、インプラント関連の器具機材はもとより、抜歯などに用いる器具すべてをひとつずつ滅菌パックにつめてオートクレーブにて滅菌しております。外科キットなどもケースごと大型の滅菌パックに封入しての滅菌です。万全を期しているとお考えください。

インプラントの選択

当院では現在、さまざまな症例に対応できるように国内外の2つのメーカーの以下のようなインプラントを選択可能です。術前の審査によって使用するインプラントを決定していきます。

1ピース NobelDirect™
SOLシステム Replace Select Tapered®
Replace® Select Straight
Brånemark System®

home