Last Updated: 2005/1/12

TOP 履歴 Zaurus 衣装部屋 映画 Profile [日記] BBS Links
私的日々記録

2004年06月下旬〜 ここは不定期更新中(笑)
「はてな日記」↓の方が、更新頻度は高いです(^-^;
http://d.hatena.ne.jp/kaichosan/

 平成14年10月27日(日)   いよいよもって、日本政府の外交手腕が問われる
 おととい、FNN系列で独占放送された「キム・ヘギョンさん」の独占インタビュー特番が、家族会やマスコミで議論を呼んでいる。記者からの容赦のない質問、15歳の少女がたった一人で取材を受けた状況、その涙する映像を流し続けた倫理観・・・。
 
 北朝鮮の外交策略に踊らされる形で実現した独占インタビューだったかもしれないが、新聞2社テレビ1社で横田さん夫婦をあそこまで苦しめていいものなのか? 激しい反発を生んだ。家族が、対抗してNHKに渡した政府撮影ビデオの内容も明らかになって、だんだんと「すべてが行き過ぎ」てきている。
 
 個人的な考えとして、拉致事件の真相解明と、被害者家族の救済は別問題。国交正常化への道を開いたのは良かったかもしれないが、この問題が解決に向かわないのであれば、何も国交を回復する必要はない。「NO」と言える勇気が日本政府にあるのかないのか・・・。そして、この問題を報じるマスコミの誰かがどこかで歯止めをかけないと、“報道”と“人権”のバランスが取れなくなってしまうんじゃないかという気がしてならない。

 平成14年10月19日(土)   Yahoo!BB 12M&BB Phone 開通!
 いやぁ〜、地方都市では「1M」の壁は遠かったなぁ・・・ウチは、回線総延長が3000m越、回線損失が58dbで、8M契約でも「1M」を越えることがなかったんですよ。
 
 それが、新しく始まった12Mへダメ元で乗り換えたら、土曜の夕方と深夜で、1.8〜2Mも出てるじゃないですか! パンパカパーン! 思えばADSL導入から、早一年・・・やっと我が家も世間並みのブロードバンドになりました(^-^)v
 
 回線総延長が2kmを越えてる方、12Mオススメです。
 (ちなみに、ウチは悪名高きYahoo!BBですけどね(^-^;)

 平成14年10月17日(木)   拉致問題に思う
 先週の土曜からずっと体調が思わしくないです(>_<) 熱はないけど、ノドとハナが痛かったりしてます・・・
 
 拉致被害者の地元では、マスコミの報道合戦がヒートアップしています。ちょっと見ていて?がつく。いくら何でもやりすぎじゃないのってぐらい・・・他人の自宅に上がり込んでまで、生中継するかふつう? そりゃ、気ぃ悪いと思うで。
 
 「伝えなければならない」って使命感に燃えているのは分からないではないけど、個別取材とか代表取材の枠を度外視しても、ちょっと行き過ぎているんじゃないのか、プライバシーへの配慮はどうなったのか、って感じがする。

 平成14年10月9日(水)   ついに我が家も、12M・ADSLへ
 CATSINさんトコのプレゼントで、一番人気のヘッドホンが当たってしまった。最近、こういうメデタイ事に飢えていたので、何かとても嬉しい\(*^o^*)/ TK21、職場では「そんなの、もう着メロじゃない!!」なんて馬鹿にされてますが、歌詞無しの音楽を手軽に楽しめるんで、たまに電車で聴いてます。もちろん、僕も声を出さずにカラオケも楽しんでますよ!(笑) 届くの、楽しみです。
 
 ようやく、Yahoo!BB既存ユーザーの「8M→12M」切替え受付が始まった。今、8M契約の回線距離が2.98kmで、実効速度「950kbps」が平均的な最高値。週末の未明〜早朝で何とか1M出るか出ないかというあたり。これが、12Mになってどうなるか分かんないけど、とりあえず申し込んでみた。
 
BBフォンも同時に申し込まないといけないなんて、ちょっとセコイ気もするけど、プラス月額400円で速くなってくれれば、それにこしたことはない。あと、今度届くモデムは無線の機能も持ってるらしい。別途契約しなくても、既存自宅LANを何とか組み込めないもんかなぁ(^-^;

 平成14年10月5日(土)   「非日常」から「日常」への帰還
 これだけの期間仕事から離れてると、週明けの復帰が怖い。あのいつものバタバタの中に、すんなり帰れるんだろうか・・・
 
 今日は、旅の疲れを取りに「全身あんま」に行ってきた。首筋から肩・腰・足を揉んでもらって、リラックスリラックス(*^-^*) そうだ、日記のページに旅の写真数点と、E25DCのビデオカメラで撮った開陽台の「動画」を載せてみました。うまく見れるかな?
 
 秋のG1シーズン到来にあわせて振り込んだ、JRA専用口座の軍資金「10万円」が、ここのところ微妙に目減りしてきた。
やはり、「いつでもどこでも買える」というのが頭にあると何でもない条件戦や特別戦でも、ついつい手を出してしまう。当ててマイナス・・・この悪循環を何とか脱しなければ!(笑)

 平成14年10月4日(金)   まだまだ もうちょっとだけ20代(笑)
 北海道から戻って2日経つが、まだ夏休み中なのだ。もうダルダル状態で、ゴロゴロしている(笑)
 
 自分のHPソフトをチェックしていて、ひとつ発見。どうやら、HTMLファイルを作成してアップロードしているわけではなさそうだ。独自ファイルをサーバーに転送した後、アップロード済みのファイルとして、HTMLファイルを残しているようだ。実にややこしい仕組みなっている。サーバーも10MB以上については、有料で使ってるし。本当に引っ越しを考えようかなぁ(^-^;
 
 非常に有り難いことなのだが、朝からチョコチョコ届く「HappyBirthdayメール」がけっこう煩わしかったりする・・・なんてワガママな悩みだろ。

 平成14年10月3日(木)   丸一日たって、ようやく落ち着いてきた
 きのう、北海道の気ままな一人旅から帰ってきました。総走行距離707km。なかなか楽しめた旅でした。自分に関係ある台風のことしかチェックしてなかったんで、この5日間、世間で何があったか全く知りません。おととい、きのうと、何やら掲示板でにぎやかだったのは、リナざうの第2弾が発表されてたんですね?(^-^;
 
 とりあえず、Geocitiesの方にリアルタイムでつけてた日記を、本来のページに移しましたので、よろしければm(_ _)m・・・微妙に間違いを修正し続けてますけど(笑)
 
 ざうで画像系は見るのが面倒なんで、リンクを覗いてなかったんですけど、何で横型なんでしょ? もう、MI系はこれ以上発展しないって事かなぁ。ニューざうは、一応キーボードは付いてるけど、両手で持って・・・ってのは、ちょっとヤリずらそうだな。SL-A300からの乗換えはいけそうだけど、MI系からはどうだろ?

 平成14年10月2日(水)   道東一人旅・5日目 美幌峠〜釧路湿原〜関空へ
美幌峠から見た屈斜路湖(中央は中島)
◇ 8:05
   きのうは寝付けなくて、深夜2時半ごろまで記憶がある。で、また目覚ましより5分早く起きてしまった。果たして健康的と考えていいのか、それともオジン化してきてるのか?(笑) 朝みたニュースでは、台風は午前6時頃、苫小牧に上陸したようだ。時速70キロ以上の速度でどんどん北上してる。このまま過ぎてくれれば、飛行機への影響はなさそうだ。
 
◇ 8:35
   朝食は、予想以上に豪華な洋食だった。ベーコンエッグ、パン3種、サラダ、フルーツ盛合せ、ドリンク、ヨーグルトに食後のティーまで。一泊8500円にしては、こんなちゃんとした朝飯がそれもバイキングじゃなくて個別テーブルで出るなんて、すごく得した気分。などと言ってるうちに、外はすごい日差しが差してきたぞ?(^-^;
 
◇ 9:45
   台風一過、メッチャ晴れ(笑) フェーン現象の影響で、網走の今日の最高気温は27度にも達するらしい。Tシャツだけでもすごせる陽気だ。それにしても出発を2時間遅らせて大正解。通るはずだった道の通行止めも解除されたようだし。さて、じゃあそろそろ帰りますかな。
 
◇11:00
   半ば諦めていたが、台風の通り過ぎるのが早まったんで、美幌峠を越えるルートで帰ることにした。途中、自衛隊の一団のせいで渋滞したが、出発後1時間ちょっとで峠についた。台風の吹き戻しの風が20mぐらいはあるだろうか。髪の毛がガビガビになってしまうほどで、屈斜路湖から美幌市街の方へ猛烈な風が吹いていた。あ〜あ、景色を眺めながら、あとは釧路に戻って帰るだけだと思うとなんだか切ないなぁ(^-^;
 
◇13:30
   腹が減った。道中、車両を追い越しを掛けられない下手くそなドライバーがいて、国道391号線が大渋滞。思ったより釧路に戻るのが遅くなった。本当は、釧路湿原の細岡展望台によるつもりだったのに、右折する道を見落としてそのまま釧路に着いてしまったよ(^-^;
   でも、ここまで遅くなったら、もうちょっと寄り道してからでもいい。釧路市内に戻って、まず米町公園へ。ここには石川啄木碑なるものがって、釧路港を一望できる展望台がある。湾内の波はドス茶色く、海岸の波は非常に高い。きのうから今朝にかけての台風の影響か? このあと、釧路駅からこの米町にかかっている幣舞橋(ぬさまいばし)を歩いてみる。両側に4体の女性像があって、それぞれ春夏秋冬を表現しているようだった。もちろん、美術や造形にうとい僕には何の事やらサッパリだけど(笑)
 
◇14:00
   幣舞橋のすぐ隣にあるフィッシャーマンズワーフMOOで、ようやく北海道での初ラーメン「釧路浜塩ラーメン(600円)」にありつけた。コッテリはつらかったんで「塩」にしてしまって、ちょっと邪道っぽいけど。でも、おつゆまで全部飲めるほどすっきりしてて美味かった。フライパンで一気に沸騰させて、ダシか何かを混ぜているようだった。これで考えてたことは一通り全部やったんじゃないかな。
 
◇16:20
   東側の方が実際の湿原に近いんで、マイナーな細岡展望台へ寄りたかったが、気づかず通り過ぎてしまったんで、西側のメジャーな釧路湿原展望台へ最後に寄ることにした。見てみて何ともはや。う〜ん、単なる原っぱが遠くに見えるだけ(笑) 40分ほどで廻れる遊歩道もあるが、さすがにもう歩く元気はない。
   さて、飛行機の時間まであと1時間ほど。今回の旅の相棒、ヴィッツ君を返しに行くかな。
 
◇16:55
   空港への向かうとき、進路が真西へ・・・つまり、まっすぐ夕陽に向かって走るところがあった。FMではここ数日で何度聴いただろう、「♪し・あ〜わ〜せ〜で あるように〜」というフレーズが印象的なヒップホップ系のナンバーが流れていた。幻想的なと表現するべきか、非日常の極みというべきか。「ああ、本当にこれでこの旅が終わるんだなぁ」と思い知った瞬間だった。
 
◇17:10
   レンタカーを精算して、ついに釧路空港へ戻ってきた。心配していたが、どうやら道内の空の便は、多少の遅れはあるものの平常どおり運行していた。何でも10月に北海道へ台風が上陸したのは23年ぶりなんだと、FMのパーソナリティが話してた。併せて、台風のせいで学校が休校になるって事も記憶に無いとも言ってたな。
 
◇17:35
   空港で待ってて、ようやく気付いた。今日からJALとJASがグループとして統合したんだ。それで、搭乗口変更案内やら妙なアナウンスが色々流れてたのか。
   機内で暇つぶしに目を通していた、北海道新聞の朝刊に詳しく載ってた。記事によると、これでパックツアーは安くなっても、価格競争が落ち着いて路線ごとの棲み分けが済んでしまうと、航空チケットそのものが高くなる可能性が出てくると指摘していた。
 
◇18:40
   行きでも貰ったバースデーカードをまたくれた。今度のメッセージは「It's a Special day only for you」だそうだ。帰ったらもう夜だよ、スッチーさん?
   ちゃんと文面も日付も手書きで好感をもてるもので、行きと同じようになぜか一番若い乗務員が持ってきてくれた(*^o^*) こんなところでも気配りなんだろうか(笑) ちなみに、ある有名女優がプリントされているんだが、それはご自身で誕生日の前後一週間に乗ってみて確認してはいかが?
 
◇20:45
   関空脱出。搭乗前には「10分程遅れる」が、機内では「さらに20分程の遅れ」になり、結局、着陸態勢に入る直前の機長説明で「定刻」になった。一体何やったんやろ?
   いろいろ問題が起こりそうになったけど最終的には何事も無く、レンタカーで707kmを激走した、4泊5日の道東の旅も終焉を迎えた。一人でこれほど計画も無くウロウロしたのは、いつ以来だろうか? 何にせよ、いい精神のリフレッシュにはなったかな(^o^)v

 平成14年10月1日(火)   道東一人旅・4日目 知床〜斜里〜天都山〜網走市内
◇ 9:00
   朝から、知床八景のひとつ「フレペの滝」まで、またもヒグマに注意の遊歩道を歩く。万が一、ヒグマに出会ったときの対処として、「大きな声を出さない・背中を見せて逃げない・目線をそらさない」これだけは覚えておいて下さいと、昨日のネイチャーガイドさんが言ってたっけ。
   ウトロ灯台のたもと、切り立った断崖絶壁から幾すじもの滝が流れ落ちていた。でも、そこに川はない。地表に降り注いだ雨水が地下に染み込み流れ出ているそうだ。その水量の少なさから、地元では別名「乙女の涙」と呼ばれている。・・・それにしても、風が強い。長袖Tシャツとデニムシャツを着て、その上にジャケットを羽織っていたのに、時折鼻をすするぐらい寒かった。なのに、しっかり汗もかく。行きは下りでいいけど、帰りは上り。足腰に自信がない人は、ゆっくり歩かれることをオススメします。往復するだけで40分、朝からくたびれました(^-^;
 
◇10:00
   トンネルを抜けた国道わきに、オシンコシンの滝がある。こちらも知床八景のひとつだ。水量は、さっきのフレペの滝と比較にならない。岩肌を伝って注ぎ落ち、そのまま海へ流れ込んでいた。ただ、ツアー観光客を乗せた大型バスがひっきりなしに停まり、団体さんでゴミゴミしている。ほんの一瞬は数人だけの時間はあるが、観光的な有り難みは非常に薄い。さて、これで知床半島に別れを告げて、今回旅の最後の目的地、網走へ向かう。
 
◇11:40
   小腹が空いてきたんで、本物の列車の駅・浜小清水駅に隣接した、道の駅「はなやか小清水」で 昼飯。数日掛けてじっくり煮込んでるらしい「海賊カレーうどん(800円)」を食す。普段、職場の社食でも、おにぎりorいなりにカレーうどんの組合せをよく食べるのだ。
   ここのは、太めでコシのある麺の上に、ホタテ・エビ・イカリング・貝などが乗っていた。ダシは濃い味噌ラーメンのように濃厚で、なかなかいける。全部飲み干すと、かなり満腹になった。(*^o^*)
 
◇12:50
   網走に入って、最初に名勝・天都山を訪れる。知床岬からオホーツク海一帯を見渡すことができる。今の時期は春とともに最も清々しい空気なんだろう。銀杏は黄色に、ほかの木々も赤く色付いていた。不思議なことに、山のてっぺんなのに風がほとんどない。知床半島を出ようとした小清水の平原では、車が横に揺られるほど強かったのに・・・。どうせなんで、頂上にあった「オホーツク流氷館」にも520円出して入ることにした。マイナス16度、流氷世界の体験とハイビジョン映像で流氷物語を楽しむことができるところだ。各階に同じ衣装に身を包んだ、お姉さん達(・・・としておこう(^-^;)が控えていて案内してくれる。
   流氷体験では濡れタオルを持ち込み、グルグル振り回していると固まってしまうサービスがある。返却用の棚に「しばれタオルはこちら」と書いてあって、突っ込まずにはいられない(笑)
   流氷物語は、電通の関連会社製作。約15分ほどだったが、映像については専門家の僕が見ても、素直に「へぇ〜」と思える作り。効果音もうまく付けられていて、いいデキだったと思う。まあ、ナレーションが蟹江啓三の語りだから見れるんだろうな、きっと。
 
◇14:20
   北海道で「刑務所」と言えば網走だ!ってことで「博物館 網走監獄」へ。オホーツク流氷館からは目と鼻の先、入場券は最大割引のクーポンを購入済みで、お堀のような小橋を渡って窓口で引き換える。
   中へ入ると真正面に赤い煉瓦造りの門がそびえている。両側には、誰がモチーフなのか、微妙なデザインの服役囚と看守の人形が立っている。順路を行くと人形のデキがどんどん悪くなるんだ、これが(笑) 掘っ建て小屋で雑魚寝していた一団は最も酷かった。
   一人旅なのだが、ここはそうもいかない。団体さんがワンサカいて、とにかくうるさい。特に、東京からの修学旅行がきて、どうしようもなくうるさい。とりあえず、静かそうなご老体の後につくことにした。ここでひとつ知恵を。距離を保ちながら着いていくと、一生懸命しゃべっているガイドの声が聞こえてきて、ある種個人ツアーのようだった(^-^;
   誰もが、入り口を入ると有無を言わさず女性に激写されるのだが、お約束どおり「記念の写真です!」と出口で待ち構えていた。写真だけならいらないか、と思ったが、同じプリントに網走監獄出獄許可証(入場証明書)がついていた(笑) 1000円は高いと感じたが、もう二度と来ないと思うと、つい買ってしまった。
 
◇15:45
   網走まできて、ようやくP-inが復活!! 久しぶりに「接続中」が出て、ちょっと感動した。
   結局、一日目の釧路以外の、阿寒湖〜摩周湖〜川湯温泉〜標津〜羅臼〜宇登呂の方面では一度もPHSがつながることはなかった。もし、道東へ行かれる方がいらっしゃれば、携帯から接続できるようにご当地のアクセスポイントチェックをお忘れなく。
 
◇16:20
   今度は、現在の網走刑務所へ。当然だが、本物は中で人が動いていた(笑) 入り口前での記念撮影までが観光客に許されていて、博物館で見たのと同じ赤い煉瓦造りの門構えが確かにあった。受刑者作の物産品も即売されていた。
   そうそう、観光客はこの施設への橋を車で渡ることはできない。どこかに停めないといけないわけが、有料もアホらしく、もちろん路駐(ホントはいけませんよ(^-^;)。こんなんで捕まったら洒落にもならんから、パッと見てサッサと戻った。
 
◇18:55
   北海道最後の夜ぐらい「やっぱりラーメンでしょう?!」という目論みも空しく、宿「網走セントラルホテル」近くにあるお目当てのラーメン屋が閉っていた。残念。仕方なく、札幌ビール園ならぬ、網走ビール館で晩飯にした。
   メニューによると、ピルスナー・ヴァイツェン・アルトからなるご当地限定ビールがあるそうだ。要は原料が若干違うだけだが。全部飲んでみたが、たしかにそれぞれ微妙に苦みの度合いや味に違いがある。さらに、一昔前流行った「海洋深層水」を使った発泡酒まであって、ビール好きなら一度飲んでみて損はないんじゃないか。なるべく土地のモノを、と思ったがそういうメニューをおいてなかった。まあ、食べた中では「牛肉のサガリ」がどこの部分なのかが気になったぐらいかな(笑)
 
◇23:30
   戦後最大級という台風が、刻一刻と北海道に近づいている。現在、網走にも各警報が出ているが、そんなに警戒するほど酷い天気じゃない。霧雨程度だった雨粒が、今はしっかりしているぐらいか。
   だんだん移動速度が早まってきているようで、この分でいくと、僕が帰る夕方以降の便は飛んでくれそうだ。ただ機体の調整がつかずに欠航ということも十分考えられる。台風の中、170kmを南下しないといけないって心配もあるけど、今はもう、飛行機が飛ぶのか飛ばないのか、明日午後の台風の行方が気になるよ・・・もし、本当に飛ばんかったらどないしょ?(^-^;

博物館網走監獄のロウ人形(笑)


ページ戻る日記一覧へページ進む