Last Updated: 2005/1/12

TOP 履歴 Zaurus 衣装部屋 映画 Profile [日記] BBS Links
私的日々記録

2004年06月下旬〜 ここは不定期更新中(笑)
「はてな日記」↓の方が、更新頻度は高いです(^-^;
http://d.hatena.ne.jp/kaichosan/

 平成14年5月26日(日)   W杯・日本の対戦相手、チュニジア代表はどうよ?
両チーム選手入場(E25DCにて撮影)
 地元・紀三井寺競技場がたくさんのサッカーファンで埋まって感激した。たしか収容人数はおよそ2万人。スタンドは、芝生席も含めて満員だった。デンマークvsチュニジアの国際Aマッチ。メインスタンド中央のおいしい席でたっぷり観戦(*^-^*) 久々に至福の時間を過ごせた気がする・・・
 
 16時のキックオフに合わせて、1時間前には席に着けるように自宅を出た。周辺に駐車場はないことが分かっていたので、車は使わず裏道を抜けられる原付で、いざ紀三井寺競技場へ向かう。会場に近づくにつれ、道路は渋滞。警察が出動して整理に当たっていたが、白バイの多さに驚いた。赤色灯をまわした白バイが20台近く国道に並んでいた。
 
 誘導に従って国道でエンジンを切り、駐輪場まで手押しで進む。思ったより空いていた。スタンドへ向かう前に、各テレビ局の取材体制をチェック。生放送や素材伝送用の中継車を用意していたのは3社。あとは大阪までバイク便で運ぶ体制のようだった。
 ゲートに向かう途中、若い青年に「チケット余ってませんか?」と尋ねられた。新聞ではチケットが売れずに困っていると聞いていたが、当日用意した分も早々に売り切れて満員御礼になったそうだ。マスコミのW杯アオリの力はスゴイ。興味がなくても、高いチケット代を払って観戦に来る人がこんなに多いだなんて、にわかに信じられなかった。
 
 長居や神戸ではさんざん問題になっていた入場。意外にも混乱はなく、スムーズに・・・と思いきや、ナップザックに入れていたペットボトル数本を紙コップに移し替えるよう言われていた兄ちゃんが「両手で持てへんぐらいになんのに、どうすんねん!」と係員に食ってかかっていた。それは一理あるが、もってくる方が悪い。実は、僕も試しにハンドバックに缶コーヒーを隠して持ち込もうとしたけど見つかってしまった(^-^; でも、ボディチェックの方は非常に甘く、金属探知器などを使用していなかったので、デジカメケースに入れいていた危険物は持ち込めてしまった。う〜ん、やはりこの程度の認識では本番が非常に怖いがする・・・。
 
 さて、ここからは試合編。※5/28一部修正
 
 チュニジアの攻撃は8と6を起点に、中央からワンツーで右サイドへ抜けるパターンばかり使っていた。本当に、攻めの7〜8割はこればっかり。で、最後にボールをキープするのは必ず11か5。他の選手は、ゴール前のイイ位置でボールをもっても決してミドルシュートなど打ってこない。コレがかえって不気味。日本でいう、森島や中田ヒデのポジションに重心を低く抑えたシュートの巧い選手がいるとしたら、かなり注意しておかないといけない。
 あと、一番危険だと感じたのは、2列目からの半端じゃなく速い飛び出し。ワンツーからの早いパス回しに翻弄されたあと、この飛び出しに合わせられると、ゴール前をカバーする前にシュートが飛んでくる。
 
 そのいい例が、後半16分の同点ゴール。中盤の選手から浮かせたボールが右サイドの6に出て、それを足と頭でワンツー。たった3タッチで最前列にボールを運んで、あとは抜け出した6の個人技。DFを一人交わしてグラウンダーのセンタリング、これを5がキッチリ押し込んだ。
 同じような形の攻めが前半にも何度かあったが、ほとんどが最後のパスに精度を欠いて決められなかった。唯一、惜しかったのは、デンマークの最終ラインが上がりすぎて出来た左サイドのスペースに5が走り込んで1対1になりながら、GKにシュートコースをふさがれた場面だけ。
 
 事前情報で「ジャジリに気を付けろ」と各マスコミが言っているが、そんなに決定力があるとは思えなかった。左右の揺さぶりもほとんどなく、パスのスピードもヨーロッパサッカーのように速くはない。日本のディフェンスラインが普通に仕事をやってれば、問題ないように思える。それよりも怖いのは、後半に少しだけ見せた左サイドからのクロスボールを使った、高さを活かした攻めだろう。デンマークも、足技よりむしろ空中戦を守る方が苦労しているようだった。
 
 一方、デンマークの攻撃の起点は2と7のスキンヘッドコンビから。こちらも左サイドはあまり使わず、右サイドを多く使っていた。ボールをキープしたら、いったん8を経由させてから右サイドの19へ。そこからドリブルで中へ切れ込むか、右サイドを駆け上がるか。もしくは、8と19がワンツーを使ってDFを交わすのか、だいたいこの3つの内のどれかを使って攻めていた。左サイドなら19の代わりに11を使う。前半の先制点はこの形。
 
 逆に、後半は急に右サイドから左サイド使っての攻撃に変えた。相手によってパターンは使い分けてくると思うが、19の右サイドの突破より、8と11が左サイドで動き回る攻撃の方が安定していた。疲れからかやや動きにキレはなかったけど。この試合は、両監督の意向で何人でも選手交代が可能だったんで、参考になるかどうかは分からないが、デンマークは中盤を入れ替えて後半の左サイドを使った攻撃の方が鋭かった気がする。
 
 4日後にワールドカップ開幕を控えての、一国の代表同士の対決。出場選手全員がトップレベルのプレイヤーとまではいかないまでも、そこは国の威信を背負っての代表たち。随所に世界レベルのプレイが飛び出し、どちらのチームにも温かい拍手が送られるなどファンの応援のマナーも良く、大満足のサッカー観戦となった。

 平成14年5月25日(土)   寝過ぎで、腰が痛い(>_<)
 目が覚めては微睡んでゴロゴロ…結局、きのうは14,5時間も寝てしまった(笑) 生活のサイクルが突然乱れると、こうも簡単に反応するものだと感心する。
 東京時代は、一週間おきに23〜24時から翌昼まで仕事をしていたのが当然のような日々だったんで、何の違和感も体調の変化もなかったが、平凡な日常からいきなり16時から深夜までの仕事を続けると、体内の生活時計がおかしくなるという象徴だろうか。せっかくの休みも無駄になった。
 
 今、朝の5時だが、全く眠くない。それでも無理をして横になって、昼過ぎには起きてやる。というのも、今日16時から、チュニジア代表とデンマーク代表との調整試合を兼ねた国際Aマッチを地元で観戦、この目で世界レベルのサッカーを見、肌で感じるためだ。好きなことをするための苦労なら何でもするさ・・・どうせ、明日も仕事は夕方からだし(^-^;

 平成14年5月22日(水)   泡姫からの便り
 あ〜、ビックリしたー!突然、とある風俗嬢からメールが届いた。念のためだが、別に、僕の“夜の遊び”が盛んなわけではない(*^o^*) 私的記録(日記)で、ある所の風俗について触れた日があるんだが、その風俗嬢は、自分のお店をウェブで検索してたそうで、たまたまページ検索でヒットして、たどり着いた所がウチのサイトだったそうだ。
 
 ふつう、そこで「へぇ〜」って終わるところなのに、この方はなぜかわざわざメールを送ってくれた。立地条件や僕の生活圏から考えるに、また、その文面から察するに、明らかに来店の誘いの類ではなかった。もちろん、むげに扱えるはずもなく、キチンと返事を返しておいた。
 
 些細な繋がりではあったが、やはりあの手の業界の女性って、人恋しい人が多いんだろうか?・・・などと感じる出来事であった。

 平成14年5月20日(月)   優駿牝馬 6・8・10の馬券握りしめ(^-^;
 ちょっと週末に飲み過ぎちゃって、予想を掲載するのをコロッと忘れてました、スイマセン。(そんなに害はないだろうけど(^-^;)
 
 実は、桜花賞の結果の回で触れた「目に焼き付いた一頭」ってのは、オークスを制したスマイルトゥモローの事でした。(・・・レースを見てから読んだ人には分かったと思うけど)
 直線、後方からうまく伸びてきたときには、まだユウキャラットが粘ってくれてたけど脚色は一杯気味。まさか、追い比べでチャペルコンサートなんかに足元をすくわれるとは・・・さすが追い切りで皐月賞馬ノーリーズンを軽くあしらっただけはある。
 
 いやぁ〜、それにしてもホント惜しかったなぁ(^-^; 今回は「総流し」をかけておくほど、手を広げなかったんで、久々の万馬券を逃してしまいました。次週、ダービーで挽回です。

 平成14年5月16日(木)   「予選突破」が、ホスト国としての最大の責任
 深夜までかかった仕事の合間に、ノルウェー戦を覗き観て本当にガッカリした。相手に研究されると、あそこまでモロイなんて…しかも、翌日の番組で「トルシエJAPANに課題…」などとほざいていたキャスターたちにも、そんな原稿を書いた記者にも正直驚いた。もう今頃になって、課題がどうのこうのいう問題じゃないだろう。ダメなモノはダメ、変に期待をあおるだけの報道をすべきではない。メディアって、中継権を持ってる試合前はアオリまくるクセに、ホント、いつまで経っても目先の自己利益優先で成長がない。
 
 別に、決勝トーナメントに残って快進撃をして欲しいなどとは思っていない。サッカー通や評論家でさえ、アルゼンチンとイタリアの決勝だとか、フランスが決勝に進めるか、といった話しかしていない。メディアにしても、どれだけ「期待だけ」かという事が世間に流れていないだけだ。
 ただ未だかつて、W杯開催国の本大会未出場というのはない。この汚名の記録だけは残して欲しくないというのが、僕の本音だ。

 平成14年5月12日(日)   今月は、あと何本観れるかな?
 珍しく、今日も出掛ける用事があったんで、帰りがけ気になっていた映画を観る事にした。ここ一年、二日続けて劇場に足を運んだ事はなく、久しぶりに非常に有意義に使えた休みだった。といっても、映画を観に行くぐらいしか、地元じゃ出掛けないんだけど(^-^;
 
 もういつ買ったのか、正確には忘れてしまったが、おそらく10年ほど履いていた靴に暇をやる事にした。別に、2,3足しかない靴に対して愛着がある訳ではないが、若い世代にしては稀な方(だと思う)で、何度も修理して履いてただけに、よくぞ保ったものだと誉めてやりたい。

 平成14年5月7日(火)   ヨーロッパ遠征初戦 日本代表vsスーパーヒーロー軍団
 いよいよ今晩、レアル・マドリードと国際親善試合です!
 といっても、実際には衛星生中継のため、早朝4時から朝6時半までというサラリーマンファンにとっては、とても都合の悪い時間帯に試合があるんですよねぇ。8日は、午前中、眠たい目をした人が多いだろうなぁ(笑)
 
 何でも、フランスじゃあ、本大会の試合は時差の関係で仕事中の昼間に当たり、ズル休みや早退して会社をサボる人が激増するとの予測が早くに出たそうです。すると、さすがサッカーに関して進んでる国ですね。仕事を休まれるよりは、仕事するべき時間をずらしてしまって、みんなで応援しよう!という動きが広まり、ティータイムを挟んで、2〜3時間はサッカー観戦タイムとする企業が、かなり出ているそうです。朝ちょっと早くても、夜ちょっと残っても、観たいものを観ないよりか、精神衛生上イイですからね(^-^;

 平成14年5月6日(月)   GW・・・どこへも出掛けず仕事三昧で終わり(>_<)
 GWも今日で終わりですね。私は今日から2日間連休ですが(^-^;
 
 みなさん、ウィルス被害は出てませんか? ウチのサイトでも、連休突入前に警告記事のニュースを掲載しておきましたが、日付が変わって6日になった途端、下のショートニュースでも触れてる「W32.Klez.gen@mm」付きのメールが2通も来ました。定義ファイルの更新、駆除ツールでの対策等、お気を付け下さい。

 平成14年5月3日(金)   今月はサッカー漬け! いよいよ目前、日韓ワールドカップ!
 最近、サッカーのテレビ観戦に明け暮れている。ヨーロッパの「チャンピオンズリーグ」と、ワールドカップに向け最終調整の進む日本戦だ。(ちなみに月末、デンマークvsチュニジアの国際Aマッチを“生”観戦予定(^-^;)
 
 特に、マンチェスターとレバークーゼンの2試合は見応え満点だった! 2試合とも引き分けだったとはいえ、攻守の切り替えの早さ、オフェンスの能力、ディフェンスの正確さ、中盤の組み立て…どれを取ってみても、深夜(早朝?)に無理して観ていて決して損はしない内容の濃さだった。
 
 また、バルセロナとレアルマドリッドの試合は、バスケットボールで言う“オールコートプレス”のような狭いゾーンディフェンスで、いつどこにボールが出るか分からないスリリングな展開で、こちらも十分楽しめる試合だった。
 
 しかし、昨日のホンジュラス戦はどうだったろう…?
 
 たしかに今年負け無しでヨーロッパ遠征に向かう日本だが、明らかにディフェンスの機能がおかしくなっている今、自信を失う無様な試合だけはして欲しくないと願う。

ページ戻る日記一覧へページ進む