Last Updated: 2004.10.16 Sat.

TOP 履歴 [Zaurus] 衣装部屋 映画 Profile 日記 BBS Links

Love! Linux Zaurus

ウチのウェブ管理ソフト(HomePageMix)では、文字にリンクを貼れない
仕様なので面倒ですが、各URLをコピペしてジャンプして下さいm(_ _)m


 22   <HOW TO> アプリ起動設定ツール解説 (MI−E1の場合)
 

「アプリ起動設定ツール」の画面

 E1を長く使っていると、スタイラスで触れることなく思いのアプリケーション(以下、アプリ)を起動させたい、自分好みにカスタマイズしたいという衝動にかられる方も多いでしょう。そんな方にオススメしたいのが、とめらさんが開発されています「アプリ起動設定ツール」というMOREソフトです。コレを使えば、任意のボタンを押すだけで思いのアプリを一発起動することができます。
 先日、開発者のヘルプやマニュアルが素人には分かりにくいというご相談を受け、そのお返事に用いたコメントを引用するかたちではありますが、恐縮ながら使い方や注意点を掲載したいと思います。
 
 
アプリ起動設定ツール(とめらさん作)
【http://plaza3.mbn.or.jp/~tomera/moresoft/systpref/index.htm】
 
 
 まず、画面の説明からしたいと思います。(この説明は、とめらさんのサイトからお借りした上記掲載サンプル画面を見ながら読んで下さい)
このソフト画面は、大きく分けて上半分と下半分とに分かれます。
 
 上半分は、電源を立ち上げたときに起動させるソフトを設定するための、左にある窓(画面上半分の左側にある【電源ON時起動アプリ】欄)と、その右側にあるザウルスに展開されている全ソフトの一覧表です。(右側の【4文字のアルファベット・アプリケーション名・赤いCの文字】が入っている白い表のこと)
 ここにある4文字のアルファベットは、ザウルスがそのアプリを認識するためのMORE 認識コードらしいのですが、私は開発者ではないので詳しいことは知りません(^-^; そういうものがあるということだけ知っておいて下さい。各アプリの名前については説明はいらないかと思いますので省略します。その横の赤い“C”の文字は、そのアプリがメモリカード側に保存されていることを示しています。
 
 次に下半分ですが、この部分がどのボタンになんのアプリを割り付けてやるかを設定する表になっています。表の中の一番左「ZAURUS本体キー」は【割り付け先のボタン名】のことで、真ん中の「通常起動」とは【普通に一回押すと起動】という意味。一番右の「機能キー併用」というのは【機能キーを押してから次に押したキーで起動】ということになります。
 ここでややこしいのが、このサンプルの画面がE1の画面ではなく以前のザウルスのものであるということです。つまり、この画面にある「アドレス帳」「スケジュール」「ツール」という【3つのボタン】は、もともとE1に存在しないということです。
 
 通常、E1にアプリ起動設定ツールを展開すると、初期画面ではこの下半分の欄には、「戻る」「スクロール上」「スクロール下」「スクロール左」「スクロール右」という表示が出ているはずです。これを下に進めていくと、「メールチェック」「逆送り」「順送り」「ホームインデックス」「操作メニュー」「中断」などのE1の表面に並んでいる7つのボタンの名前が出てくると思います。この欄に起動するアプリを割り付けるわけです。
 
 ここから、ようやく設定の方法です。先の説明したアプリ名を表示してある右上の欄のまわりに、緑色とピンク色の矢印が対になって、3つあると思います。それぞれ「緑」が【オン】で、「ピンク」が【オフ】の役目です。左向きのは、電源ON時に起動して欲しいアプリを設定する場所でここはもっとも頻繁に立ち上げるアプリなどをお好みでどうぞ。下向きの2つが、さんざんお話ししている割り付け設定です。一覧表の中から自分が一発起動させたいアプリを選択して、設定させたいボタンの「通常起動」欄か「機能キー併用」欄に、緑矢印でほりこんでやるわけです。
 
ここで、私の設定を簡易の【表】で説明すると・・・
 
ZAURUS本体キー  |  通常起動  | 機能キー併用
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
メールチェック    | 月の予定表V | お金持ち倶楽部
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
逆送り         |          |
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
順送り         |          |
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ホームインデックス |          |
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
操作メニュー     |          |
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
中断          |          | スリープ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
・・・となっています。
 
 これらの設定をすべて終えたら、右上にある「設定終了」というボタンを押して下さい。すべての割付を完了して、自動的にリセットを掛けて再起動してくれます。その後、今ここで割り付けたボタンを押すだけで、希望のアプリが一発起動するようになりますよ。これでホームインデックスに一度戻って・・・なんて、面倒なことをしなくてもよくなりますよ。
 
 あくまでも自己責任の域ですが、やってみる価値はあると思います。実行される場合は、必ずバックアップを取ってから行って下さい。
 また、現在作者のとめらさんはMORE開発を休止されていますので、質問メール等を送られても、迅速なサポートはされていない可能性があります。ご注意下さい。なお、今回の掲載に当たってはMORE作者であるとめらさんに、転載の許可を頂きました。この場を借りて、あらためて感謝いたします。

 23   <OPTIONS> スタイラスペン「ざうQ」到着
 

「ざうQ」(左)と「球セット」(右)

 アイ・ツーで頼んであった、E1用のスタイラスペン「ざうQ」が今日届いていた。帰宅と同時に早速開封することに・・・。
 
 持った感じ、スタイラス自身は付属品とほぼ同じ長さと太さだが、重さが決定的に違っている。わずか数グラムの差だろうが、明らかにざうQの方が軽くて負担が少ないように思う。本体との着脱感もグッド。出すときは純正より掴みやすいので楽だし、納めるときもカチッと奥まで入って、窮屈感もなくちゃんとはまってくれます。(ちなみに、スタイラス側面には赤い文字で【www.simplecom.co.jp】というURLが記されています)
 
 ボールペン側は、さほど違和感なく筆記には耐えうるレベルにはなっているが、芯の密着度が弱いので、ときどき「スポッ」と抜け落ちる危険性がある。あまり屋外で使用するには不向きなのではないだろうか?と感じた。同封の説明書(白い台紙)によると、「こういうときは替え芯であるボールペン先を3%ほど曲げればよい」と書いてあるので、まあそんな事をする人はいないだろうなぁと思いつつやってしまいました。コレが結構安定して抜けなくなるんですよ(笑) まあ、騙されたと思ってお試しあれ(^-^)v
 
 あと、替えQもグッド。コンパクトスーツを身にまとっているときは、シックな黒球がバッチリ合うし、クレードルに装着しているときは本体カラーのシルバーがハマッている。あとはホントに気分次第でコロコロ変えられる所が素晴らしい。ちょっと「球」自体が持ち運びや保管に少々難があるので「クセモノ」ではあるが、そろそろ純正品に飽きてきた人にはオススメの商品かも?

 24   <OPTIONS> やっと出た!「バッテリー充電キット CE-BCK1」レビュー
 
バッテリー充電キット一式
 4月25日、リチウムイオン充電池のみを充電できるチャージャーが、ようやくシャープから純正品で発売された。今までは交換用のバッテリーを持っていても、単体で充電できなかった為にいちいちMI-E1本体側で【充電の為だけ】に、コンセントにつないでおく必要があったが、これからはそんな面倒な事をしなくても済むようになった。
 
 写真は、梱包されていた物の一式。左から充電器(中央)に接続するACアダプタ(EA-65)、バッテリー充電器本体(CE-BC1)。まず、製品の第一印象としては「こんなに小さくて軽いの?」である。手に取ってみるとお解り頂けると思うが、ホントおもちゃの様な感覚すらするのである。
 
 本製品のACアダプタは、これ単体で MI-E1 のアダプタとしても使用できるようになっている。純正品のアダプタとしては最小・最軽量と言っていいのではないだろうか。筆者は今まで、ダイヤテック社の「FILCO MICRO POWER」というACアダプタを携帯アダプタとして使用していたのだが、今後そちらは勤務先に置きっぱなしになると思う(^-^;
 
 コンセント差込部は、携帯電話の充電器で主に採用されている「折り畳み式」。ケーブルの長さは、前出の「MICRO POWER」が約1.5mであるのに対し、本機の「EA-65」は50cmほど長い、約2mである。卓上までコンセントの差込口が来ていればどちらも問題ないが、床面・壁面にしかない場合は本充電キット付属「EA-65」の方が使い勝手がいいだろう。
 肝心の充電器本体は、MI-E1の本体で使用している状態と同様で、約3時間でリチウムイオン充電池を満タンまで充電できます。ムービープレーヤーやMP3プレーヤーをよく利用される方は、まさかの事態に備えて、交換用の充電池と本充電キットは手元に置いておかれる事をオススメします。



前のページ コラム一覧へ 次のページ