Last Updated: 2004.10.16 Sat.

TOP 履歴 [Zaurus] 衣装部屋 映画 Profile 日記 BBS Links

Love! Linux Zaurus

ウチのウェブ管理ソフト(HomePageMix)では、文字にリンクを貼れない
仕様なので面倒ですが、各URLをコピペしてジャンプして下さいm(_ _)m


 13   <ケースレビュー> XIGMA STYLE JAPAN 「横開き式ブックタイプ・イエロー」
 

XIGMA JAPANへリンクします

 お待たせしましましたぁm(_ _)m やっとこさ仕事の方が落ち着いたんで、すでに撮影済みだったE21の新しいケース、シグマスタイルジャパンの「横開き式ブックタイプ」のレビューを掲載しました。
 私が購入したのは「イエロー」ですが、全部で9種類販売されています。「レッドオレンジイエローグリーンブルーベージュブラウン・ブラック」の8色で、ブラックは一枚革かツートンの2種類があります。また、この横開き式の他に、エクストリームリミットのような縦型もありました。配色は横と全く同じです。
 詳しくは、写真からジャンプできるシグマジャパン【 http://www.xigma.jp/showcase/pda/zaurus_e21/index.html 】のページでどうぞ。
 
 さて、使い心地はというと結構いい感じです。シャープスペースタウン(以下SST)のPRO工房が出している、コンパクトスーツももっていますが、向こうは「キッチリ、革!」って感じがするのに対して、シグマのケースは表側のベルト部分と背表紙部分、あと中のカードホルダー部分が「革」なんですが、外側の大半とE21をホールドする部分の背中が「マトンスウェード」と呼ばれる起毛になっているんです。手でなでると一番分かるんですけど、なでる方向によって見た目の色が若干変化するように出来てるんですよ。
 
 写真は、完全に収納してしまっている状態で正面から撮っています。また、ブラウザのバージョンによるかも知れませんが、マウスを上に当てると、中のキーボードを開いた状態になるよう2重画面になってます。
 あと、例によって、このページは1コラムにたくさんの画像を張り込めないので、気まぐれ写真館改め「Zaurusの衣装部屋」の方に多めに画像をアップしてあります。どうぞそちらをご覧下さい。
 
>このページの最上部と最下部にあるメニューバーの
  「Zaurusの衣装部屋」にmore画像を掲載
   ※ 現在は、30万画素デジカメのバージョンを掲載しています。
     そのうち、新しいデジカメで撮影した分に差し替えます(笑)
 
 装着感は、とにかく手触りが良いです(*^-^*) 頬をスリスリ・・・とまではいかないモノの、そうしたくなるぐらい触った感じが何とも言えません。ホールド感はキチンと液晶を囲むようにして、革の部分が本体を挟み込んで落ちるような事はありません。ちょっとギュウギュウな感じがするぐらい、しっかりと革がフィットしています。
 キーボードを打ち込む際は、表紙になっている部分を開く訳ですが、SSTのヤツは革がしっかりしている分、開閉が馴染んでくるまでパタンッと開ききるまでに時間がかかりましたが、このシグマのケースは付けたその日から背中側に開ききる事が可能です。ちょうど、背表紙の部分の革だけ遊びが出来るようになっているんです。現在、裸でE21を使っている人にとってはケースがつく事によって、キーボード入力がやりにくいように感じるかも知れませんが、そんな事はありません。どちらかというと私はケースを付ける事によって入力がやりやすくなりましたね。これは、人それぞれの印象によるものが強いと思いますが・・・。
 
 装着したまま充電も出来るし、P-in m@sterで通信も出来る。しかも、カードホルダーに至っては合計6箇所も入れるところがあるなんて・・・もはや、このケースに弱点らしい弱点なんてないんじゃないかと思っていたんですが、唯一、改善すべき点を見つけました(^-^;
 
 それは「ヘッドホンジャック」の部分です。別に、ヘッドホンジャックがケースの革に直接問題がある訳じゃなくて、本体が収まっているスペースの位置と、ホンジャックに差した純正ヘッドホンのL字接合部から伸びるコードの部分がせまり過ぎているんです。詳しくは写真を見て頂かないと分かりませんが、革の余りがちょっとだけ長い分、差し込んである状態では、すぐ後ろや左側にコードを向ける事が出来ないんです。(衣装部屋の写真・赤い矢印参照)
 なので、少々邪魔なのですが、差し込んだホンジャックのコードは、いったん本体右側に流したあと、下か後ろの方向へおろすしかないんです。で、ここでスタイラスのざうQをつかっていると、その球の部分を「回転の支え」にしてまわす事が出来るんですが、それだと抜き差しする時にまたじゃまになるんですよねぇ・・・。
 もう、コレだけです。ココさえ改善されればシグマの横開き式ブックタイプは完璧なんじゃないでしょうか。
 
 あと、バックライトを点けないと、画面の左上の方が見にくいところがありますが、それは光の加減で何とかなります。
 私は今のところ、SSTのコンパクトスーツは別売りで買った「アメダスのスプレー」と「革製品クリーム」でメンテナンスして保管しています。メインとして、シグマの方を使ってます。さらに付け加えると、シグマは買った時に同梱で保守スプレーが入ってました。このへんの心遣いにも憎いところを感じましたね(^-^)v

 14   <ケースレビュー> 丑や 「ZaurusMI-E21用革ケース」装着所見&画像紹介
 

丑や革ケース(赤)…定価プラス3000円

 ついに、購入以来ずっと裸だったE21に着せるサードパーティのボディースーツが我が家に届きました(^-^)v 思ったより早く物が届いたんで、ちょっと喜んでます。私が購入したのは上の写真で見てもらえば分かるように、9月10日あたりから注文を受け付けだした「COW SHOP 丑や」さんの特別注文色のボディスーツです。皮自体に光沢があり、スベスベしていて触り心地はいい感じです(*^-^*)
 写真は、完全に収納してしまっている状態です。このページは、1コラムのレイアウト上、たくさんの画像を張り込めないので、今回は気まぐれ写真館の方に多めに画像をアップしておきました。ちょっと見ておきたいという方は、どうぞそちらも参考になさって下さい。
 
>ページ上下のメニューバーにある
  「Zaurusの衣装部屋」にmore画像を掲載
 
 さて、装着した感じはというと、まだ皮が新品のせいなのか、はち切れんばかりにけっこうキチキチです(笑) ちょうど、キーボードの真上あたりでポッチ式の留め具がついてるんですけど、それを留めるとCFスロット側とオプションポート側の遊びが全くない状態になり、スーツとざう本体が密着します。で、スーツと本体の接合方法は、純正品には必ず付いているプラスティックカバーにゴムの留め具2本をとおして固定します。さらに、ざう本体下側に取り付けられるストラップ口あたりに穴が空いており、そこからストラップを取り付けると貧弱ながらも脱落防止に利用できます。
 
 手に持った感触としては、本体だけの場合に比べても、厚みや幅などで無駄な部分が少ないんで、割としっくりきます。キーボード側を押し上げるようにふたを開けると、半自動のように最大角度まで開きます。そのまま片手でざうを持ってスタイラスで入力したり液晶をタップするのも、両手で掴んでキーボードを使って文字を打つのも、どちらも苦にはなりませんでしたよ。
 
 しかし、このスーツはざう本体としっかり固定されていないというところに、大きな弱点があります。丑やさんも使用にあたっては、水性の瞬間接着剤やマジックテープなどで完全固定することを推奨しています。つまり、外側のスーツだけを持ってしまうと、ざう本体が脱落してしまう危険性があるということです。(これは写真館の画像の中にも2点ほどお解り頂けるモノを掲載しておきました)
 
 エクストリーム社がE1/E21で出した縦型は、スーツを着たまま充電ができませんでしたが、丑やさんの縦型(本製品)はボタンさえ開けてやればAC接続は可能です。しかし、すべてのボディスーツと同じように装着したままではクレードルには乗りませんあしからずm(_ _)m
 
 また、私にとってはこれが一番痛いんですけど、残念ながら製品の構造上、スーツを装着した状態ではP-in comp@ctやP-in m@sterは使えません。もちろん、CFスロット側がふさがったような状態ですので、カード交換もいちいちスーツから外してやらないといけません。しかも、脱落防止としてストラップを付けている人は簡単にスーツを外すことができません。と、これがちょっと予想外で、惜しいなぁと思う点です(^-^;
 
 よって、選択の楽しみを増やすというか、実用性の向上を目指してというか、PRO工房とエクストリーム社製作によるSST限定コンパクトスーツも発注することにしました(笑)

 15   <First Impression> MI-E25DC・メールの使い勝手が良くなったのね(^-^;
 
私のインデックス画面 (背景は、さとう珠緒)
 
 発売日から、ぞくぞくと各サイトで紹介されている今回のデジカメ付きの「MI-E25DC」ですが、その他にも細かいところで使い勝手が良くなったり、仕様変更があるようです。なかなか面白いカメラのことについては別な方に任せるとして、当サイトの売り“ざうケース”や、個人的に“あっ、便利なったなぁ”と思うことを書きます。
 
 SST・E25DCのMOREコーナーで触れられているように、純正アプリ類の一部のモノはそのまま動くようです。(最後にある、動作確認済みアプリ参照)
 ですので、本当に元はE21のまま(笑) それに、同社が携帯向けに積んでいるカメラを乗せたんでしょうね。それは、CFスロット部分のすぐ下にカメラを入れた分の厚みができていることからも伺えます。でも、こちらの方が背面の頼りなさが消えて、印象はいいです。
 
 ただ、そのお陰でちょっとだけ弊害が。カメラの保護分の厚みが増えたんで、それに伴ってCF部分にも同じような厚みがついて全体的に厚みが増したのと、平らなところに本体を直接置いたときに「レンズ」を守るために、背面上部の両側に2mm程のデッパリが2つできたんです。これが、E21用のケースに入れる際に邪魔になるし、けっこうキツいんですよ。
 
 SSTのコンパクトスーツは、ホールドを保つために液晶枠を囲むような革と底面の滑り落ち防止ストッパーがあるため、何とか普通に押し込んで包み込む事ができます。通常使用する分には何とかいけます。
 しかし、シグマスタイルジャパンのブックタイプは、ストッパーなどはなくホールドするために液晶まわりの革の遊びを無くしてあります。このため、無理に押し込んでホールドする事はできても、取り出す際に縫製部や裏地のスウェード部分を傷つけてしまいそうです。
 さらに、丑やの革ケースに至っては、もともと液晶保護用のハードカバーとゴムで繋がるだけの仕様のため、本当にキッチリ閉まるように革の長さが計算されています。これに本体を無理矢理巻き込んで、引っ張ったりしてボタンを留める事はできても、革が傷みそうなぐらいハチ切れんばかりになるし、この圧迫感は本体にいい影響を与えるとは思えないんですよ。
 
 残念ながら、今のところ、革部分に遊びのないケースはE25DCには向かないと思うので、早く専用のケースが発売されないか、街の状態です。ま、どうせなら、カメラ部分が隠れてしまう従来のモノより、フタなぞがついていて、そこから簡単に写真が撮れるようなケースの方がいいですしね(^-^; >PRO工房さん、待ってますよ〜。
 ・・・と、愚痴はこのぐらいにしておいて。
 
 上の画像は、私のホームインデックス画面です。(マウスをあわすと、別の画像になるようにしています) アイコンの数や配置には、特に変更点は見られません。しかし、メモリ整理で確認できる内蔵OSは「バージョン22」まで上がっています。E21ではアップデートして「12」だったので、この分だけ何かしらの変更点が加えられたものと思います。
 
 私は、ビジネス系のメールについては、自宅のPCから行っていますが、プライベートメールに関しては、かなりの頻度でザウルスから送受信しています。といっても、PC側に残らないのは都合が悪いので、CC/BCCを併用してPCにもメールが残るようにしています。で、メールに何か添付する事もあるんですが、今まではザウルスの中にあるデータでも、何かしらのアプリ側からしか添付する機能がありませんでした。インクワープロや表計算、フォトメモリーなどですね。これが結構不便だったんです。
 
 しかし!今回のE25DCからメール側で添付ファイルを選ぶという機能が追加されたんです。メールの「作る」画面にはいると、一番上の「保存・中止」ボタンの行に、「添付」という新しいボタンが増えています。これを押すと、たとえ停止させていても「メール添付」というMOREが自動的に起動して、新たに画面が開きます。(上のホームインデックス画像の下に隠れてる画面です) ここで本体かカード側を選択して、何のデータを添付するのか選べるんです。右の白い部分には、jpeg・gif・bmpなど画像データならプレビューが表示されます。
 
 これで、いちいち添付データ先のアプリを起動させにいって、新規/作成済みメールに添付したりする手間が無くなりました。しかも、今までは無理だったテキストデータやアプリでケアされていなかった拡張子のデータまで添付できるようになっています。まだ、すべての形式を試していませんが、単純なテキストソースのデータなら大丈夫でしょう。ただし、ザウルス用に変換してしまったワープロや表計算のデータはこれまでどおりアプリ側でしか添付できないんですよねぇ。どうも、やることが中途半端だなぁ、ホント(^-^;
 
 あと、マニュアルを読まずに使っているヘビーユーザーだと気付きにくいですが、メール詳細画面での文字の大きさも5段階に変更できるようになっています。まあ、最大文字で読む人はいないと思いますがね(笑)
 
 さらに、リセット操作すると必ずさっきの「メール添付」と「メールクリップ」というMOREが自動的に起動していて、何だろうなぁと思っていたら、こっちにも新しい機能がありました。文字列をなぞった瞬間に画面に自動起動して、メールからメケジュールかアクションリストに登録できるというものです。ただし、あくまでも「メールのあるメディア側のデータを同じメディア側に登録する」んで、メールは本体で受けるけど、スケジュールとかアクションリストのデータがカード側にしてある私にとっては、いまいち使いにくいアプリではあります。これを切り替えたりできると嬉しいんだけどなぁ。あ、この機能はMORE管理でアプリを停止させていると使えませんので、ご注意下さい。
 
 最後に、私が使用している環境で動作しているMOREを掲載しておきます。
2002.3.19 会長さん
 
 
<動作OK>
 
 月の予定表V   ver7.1        まいらんち
 予定EditorV    ver3.6        カードキー   ver3.3
 ZaSch 2.11                LfMoreUtil   ver1.03
 944予定表    ver1.53       ZacChecker  ver1.00
 予定表+β版   ver1.0        ClipLink     ver1.3.2
 お金持ち倶楽部 ver3.32        Tree! Explorer ver1.85
 X年日記      ver1.5
 
 mabEditorV    ver3.6         どこでもHtmlV ver4.1
 顔文字EDIT!    ver1.0        顔文字IT!    ver1.1
 944BASIC                 Code!Fusion  ver1.20β3
 
 スリープ                  電源切るぞ ver1.10
 ざうきゃぷちゃ   ver2.01       かべこん ver1.21
 起動画面チェンジャー ver0.12β    拡張メモリ操作 ver1.50
 LHA for Zaurus             ZGZ
 
 乗換案内 for Zaurus           Train Schedule Viewer ver1.73
 ZaZilla ver1.11              TVジャンキー  ver3.10
 MOREインターネット設定 ver1.60   WWW天気予報 ver2.11
 
<条件付きOK>
 
 ワープロ  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ E25DCより標準搭載
 表計算/レポート&自由帳 ・・・・・・ E21用が動作可能(シャープ公認)
 表計算変換/ワープロ変換ver1.0・・ E21に引き続き、動作中
 アプリ起動設定ツールver0.80・・・・・  E21と同じく、[MIE2]で動作可能
 
<ゲーム・動作OK>
 
 四川省     ver1.6          南 京     ver1.5
 ゼビウス                  スペースインベーダー
 パックマン                 ペンゴ
 テトリス                   クルクルランド
  名作シリーズは、条件付きOK → E21にバージョンアップ版のみ、動作中



前のページ コラム一覧へ 次のページ