TOP 履歴 Zaurus [衣装部屋] 映画 Profile 日記 BBS Links

Zaurusの衣装部屋

     ◇シグマスタイルジャパン SL-C700ブックモデル レザーケース  2003.03.18 up
      ◇PRO工房&エクストリームリミット・SL-C700用コンパクトスーツ
      ◇丑や・SL-C700用革カバー
       ◇PRO工房&エクストリームリミット・SSTコンパクトスーツ(MI-E25DC version)
       ◇丑や・MI-E21革ケース(型押し赤)【限定色】
       ◇シグマスタイルジャパン・MI-E21横開き式ブックタイプ(イエロー)
オープン時(外側)
 開いたところを、後ろから見た図。本体と革のズレは、切れ込みから見えている、↓この程度になる。
オープン時(外側)
外部ボタン類
 カバーをとじた状態でも、OKやCanselが選択できるように。また、MP3再生時の音量調節などができるように、ジョグダイヤルを操作できる切れ込みがある。
外部ボタン類
ストッパー
 非常に確認しづらいが、台座部分の革に滑り落ち防止用のストッパーがついている。C700の足がうまくココに引っ掛かってくれれば、ちょっとは安定して手で持つことが可能になる。
ストッパー
マジックテープ接合部分
 ココがこの製品の命綱。両面テープが貼ってあるマジックテープを、本体の裏側に貼ってカバー側と接合する方式をとっている。
 
 使用説明によると、もう一箇所、バッテリーカバーにも貼るよう解説されているが、着脱を荒っぽくやったり頻度が増すようであれば、最悪の場合、バッテリーカバーを損傷する恐れがあるそうなんで、私は付けない事にした。その代わり、シリアルナンバーを隠すほど大きく切ったマジックテープを貼ってある。
「丑や」での公式見解。ただ普通に使ってる
だけなら、もちろん壊れることはまずない。
マジックテープ接合部分
粘着テスト・その1
 2cm×3cm程度のマジックテープだと、どれぐらいの力で接合しているのか、「本体部分」だけをつまんで持って調べてみた。この状態で1分ほど待ってみたが、剥がれて落ちてしまうことはなかった(^-^;
粘着テスト・その1
粘着テスト・その2
 今度は、本体ではなく同様の実験を「革部分」をつまんでやってみた。さすがにだんだんと接合している力がなくなっていくのが判る。
 今回は、揺すったり余計なことをしなかったので、脱落せずに済んだが、この状態で妙な方向に力を掛けると、きっとすぐにマジックテープが剥がれてしまうと思う。あまりマネはしないようにお薦めする(笑)
粘着テスト・その2

前のページ 画像一覧へ 次のページ

Last updated: 2006/6/7