TOP 履歴 Zaurus [衣装部屋] 映画 Profile 日記 BBS Links

Zaurusの衣装部屋

     ◇シグマスタイルジャパン SL-C700ブックモデル レザーケース  2003.03.18 up
      ◇PRO工房&エクストリームリミット・SL-C700用コンパクトスーツ
      ◇丑や・SL-C700用革カバー
       ◇PRO工房&エクストリームリミット・SSTコンパクトスーツ(MI-E25DC version)
       ◇丑や・MI-E21革ケース(型押し赤)【限定色】
       ◇シグマスタイルジャパン・MI-E21横開き式ブックタイプ(イエロー)
スーツ見開き時 (外側)
 ベルトの留め具は、ボタンです。個人的には、シグマのマグネットが好きなんですけどね(^-^;
スーツ見開き時 (外側)
C700装着時・見開き (内側)
 このように、スーツは右側へ開きます。で、本体は、この状態から左側へ開くことになります。まあ、タテに持つとすると、スーツは下側へ、本体は上側へ開くということですね。
 
 この白い囲みは、メガネケースに入っている柔らかい布できた「間仕切り」です。この裏にクレジットや銀行のカード、SDメモリをさせるホルダがありますが、これらで本体を傷つけるのを防ぐ役割があります。 また、この素材の緑シール面で、液晶を拭くことも可能です。う〜ん、芸が細かい!
C700装着時・見開き (内側)
C700未装着時・見開き (内側)
 中央には、例によって、スタイラス(タッチペン)ホルダがあります。僕は、本体にはぺんとぴあ製品を差しているので、ココに純正品を差してます。
 
 開閉部には、SDメモリのホルダが2つあります。その上には、名刺やカード入れが2箇所。さらに、この裏側にもメモやカードを入れることができます。画像にはないですが、付属品で、メモ帳もあります。
C700未装着時・見開き (内側)
本体ホールド部分
 今回、PRO工房のゆきひろさんが、設計の段階から最も苦労したというのが、この写真、本体をホールドする部分です。上の画像の左側に当たるわけですが、C700の下半分だけを挟み込んでホールド(=固定)できるように、上下左右、4箇所にデッパリのパーツがあります。
 ただ、それでも心配な人の為にマジックテープも用意してくれています。
本体ホールド部分
補強用マジックテープ(上)と接合部(下)
 上の丸い物体が、付属として入っていたマジックテープです。白い方を剥がして、本体に貼り付けるタイプのようですが、僕は使っていません。4箇所で挟み込む方式だけで、十分使用に耐えると判断しました。また、長期間使ったり、着脱を何度も繰り返して、ホールド感が弱まったら考えます。
補強用マジックテープ(上)と接合部(下)
仕切り布とSDホルダー
 何とかして、間仕切りの素材の質感をお伝えしようとしてみましたが、ダメですね。もともと「テカリ」具合なら、光の反射で何とかなるけど、「ふんわり感」は写真では伝えられないや(^-^; 要は「メガネ拭き」なんですけどね。
仕切り布とSDホルダー

前のページ 画像一覧へ 次のページ

Last updated: 2006/6/7