TOP 履歴 Zaurus [衣装部屋] 映画 Profile 日記 BBS Links

Zaurusの衣装部屋

     ◇シグマスタイルジャパン SL-C700ブックモデル レザーケース  2003.03.18 up
      ◇PRO工房&エクストリームリミット・SL-C700用コンパクトスーツ
      ◇丑や・SL-C700用革カバー
       ◇PRO工房&エクストリームリミット・SSTコンパクトスーツ(MI-E25DC version)
       ◇丑や・MI-E21革ケース(型押し赤)【限定色】
       ◇シグマスタイルジャパン・MI-E21横開き式ブックタイプ(イエロー)
本体正面・見開き
 基本的なデザインは変わらないだろうと思っていただけに、開いたとき、本体が右側に来ているのには何だか不思議な感覚がしました。でも、この開き方は、シグマスタイルジャパンのブックタイプと同じ仕様なんで、慣れれば問題ないですね。
本体正面・見開き
本体液晶側
 キーボードを出して、手に持ったホールド感は、こんな感じです。
 このへんは、今までの仕様と何ら変わりないですね。
本体液晶側
本体カード入れ側
 上から、クレジット等カード入れ2つ、SD入れ2つ、CF入れ1つです。CF入れ部分には、シャープスペースタウンのロゴが刻印されています。このカード入れの裏側にも、メモ書き・名刺・カードなどを入れるスペースがあります。あと、左に飛び出しているのがペンホルダーです。
本体カード入れ側
本体背面・見開き
 開いた状態です。親指の長さと比べれば分かるように、ベルト部分はけっこう長いです。この時は真っ直ぐに伸びきらずに、やや画面奥方向に曲がっていたので、実際はもう少し長い感じがするはずです。ベルトの付け根部分に、デジカメ用の覗き穴があります。
本体背面・見開き
デジカメ撮影時(見開き)
 撮影時は、このようにしてデジカメ穴を開けて、カバー部分はベルトを使って逆向きに固定します。こうしておけば、多少のことではレンズを邪魔してしまうことはありません。先に述べましたが、おそらくこのためにベルトを長くする必要があったし、そのせいでボタンで留める方法を断念したんじゃないでしょうか。
デジカメ撮影時(見開き)
デジカメ撮影時(穴カバー位置)
 カバーを留めたときは、このようになります。浮いているように見えるのが、穴カバーです。
 また、他の部分に比べて、デジカメ穴の革を本体に固定している革は柔らかく、しかも薄いです。このため、強く引っ張ったりする衝撃には弱そうなので、注意が必要でしょう。
デジカメ撮影時(穴カバー位置)

前のページ 画像一覧へ 次のページ

Last updated: 2006/6/7