TOP 履歴 Zaurus [衣装部屋] 映画 Profile 日記 BBS Links

Zaurusの衣装部屋

     ◇シグマスタイルジャパン SL-C700ブックモデル レザーケース  2003.03.18 up
      ◇PRO工房&エクストリームリミット・SL-C700用コンパクトスーツ
      ◇丑や・SL-C700用革カバー
       ◇PRO工房&エクストリームリミット・SSTコンパクトスーツ(MI-E25DC version)
       ◇丑や・MI-E21革ケース(型押し赤)【限定色】
       ◇シグマスタイルジャパン・MI-E21横開き式ブックタイプ(イエロー)
ブックモデル・正面
 これが正対状態のケースです。シャープ公式のSSTのモノと違って、ステッチ(縫い糸)は赤色です。別に、白でもいいんですけど、やっぱり「黒・白」という組み合わせじゃ地味ですから、こっちの方が見た目が栄えますね。
 
 ちなみに、この赤ステッチ、「SST・E25DC限定版コンパクトスーツ」と同じ色です。ウチに掲載してる、普通の「E25DCコンパクトスーツ」の白い糸が赤くなってるヤツです。そういえば、限定色の方は載せてなかったっけ(^-^;
 
<C700ブックタイプレザーケース・ここから>
ブックモデル・正面
XIGMA刻印
 上の写真の右下隅に見える、お約束のXIGMAのロゴです。何もないより、こういうちょっとしたワンポイントがお洒落ですよね。できれば、追加サービスでもいいんで、スーツのネーム入れのように、自分の名前を刻印できれば、もっとイイんだけどなぁ。
XIGMA刻印
ブックモデル・背面
 こちらが裏側。表と同じく、スッキリしたデザインです。見た目では分かりにくいですが、触った感じは固くなく、ちょっとフワッとした弾力があります。
 SSTのモノは、中に鉄材が入っているので「ゴツゴツ」した感触ですが、こちらは、クッション材のような感覚があって握り心地はいいですね。また、右端にあるボタンホックがケース固定の秘密兵器です(笑)
 
 毎回ツッコまれるので、最初に断っておきます。写真に写っているストラップは、ケースを購入しても付いてきません。これは、僕が、個人的に購入/譲渡してもらったもです。ちなみに、コレは「スペシャルウィーク」という競走馬です(^-^;
ブックモデル・背面
上・蝶板側面/下・開閉側面
 真横から見ると、こんな感じ。
 
 本体の開閉側(写真下)にベルトがついていて、こちら側が開きます。蝶板側(写真上)の左に切れ込みがあって、ここから外部操作が可能な作りになっています。
上・蝶板側面/下・開閉側面
外部ボタン部
 その外部操作部分がコレ。といっても、「電源」「OK/Cansel」「スクロール」の3つですけどね。
 まあ、本体を閉じたままボタンを触るとすれば、音楽を聴いてる時の「MP3プレーヤー」ぐらいしか考えつきませんが、ボリューム調節と停止ぐらいできます。ただ、正直言って、「Cansel」は若干押しづらいですね(^-^;
 
 左下に見えてる、チョウチョ結びの『黒いヒモ』。これはストラップのヒモではなく、本体付属のヒモなんです。これが、このケースの最大の特徴になります。
外部ボタン部
上・左側面/下・右側面
 真横を、左右から見ると、こうなります。
 SSTの初期型コンパクトスーツでは、写真上にあるオプションポート(青い囲み)にケーブルを接続する際、ストッパーが邪魔になって差さらないという不具合が報告されていましたが、このケースではそんなことはありません。
現在、SSTでも改良型メタルスーツを準備中。既存の出荷品も、有償のバージョンアップが計画されています。(03.3.18現在)
 
 僕は、このヒモを切らない使い方をしているので、ちょっとヘッドホンを差す時に邪魔になるけど、シグマスタイルジャパンが説明している公式方法ではそんなことはありません
 ただ、ケース着脱の【着】だけを考えると切った方がいいんでしょうけど、【脱】の事を考えると、切らない方が便利だろうと思って、敢えて僕は切ってません。
上・左側面/下・右側面

前のページ 画像一覧へ 次のページ

Last updated: 2006/6/7