みなさん、小学校一年生の頃を覚えてますか?

期待に胸膨らませていたあの頃。

真新しいランドセルを背負って、わくわくしながら学校へ。



その頃にこんな歌があったのを覚えてますか?

その名も「ドキドキドン! いちねんせい」


小学校一年生の希望に満ち溢れている歌です。

一度は聞いたことがあるんじゃないかと思います。

聞いたことがなかったら、ごめんなさい。

とりあえず、歌詞はこのようになっています。


ドキドキドン! 一年生
一度、保存をしてからお聞きください





「ドキドキドン! いちねんせい」

伊藤アキラ作詞・桜井順作曲



サクラさいたら いちねんせい
ひとりで いけるかな
となりにすわる子 いい子かな
ともだちに なれるかな
だれでもさいしょは いちねんせい
(いちねんせい)
ドキドキするけど ドンといけ
ドキドキドン! いちねんせい
ドキドキドン! いちねんせい

チョウチョとんだら いちねんせい
カバンは おもいかな
ねむたくなったら どうしよう
きゅうしょくは うまいかな
みんなもおんなじ いちねんせい
(いちねんせい)
ドキドキするけど ドンといけ
ドキドキドン! いちねんせい
ドキドキドン! いちねんせい

ヒバリないたら いちねんせい
ぼうしは にあうかな
あめの日かぜの日 へいきかな
べんきょうも するのかな
しんぞうおさえて いちねんせい
(いちねんせい)
ドキドキするけど ドンといけ
ドキドキドン! いちねんせい
ドキドキドン! いちねんせい





思い出しましたか?あの頃を。

無邪気だったあの頃。純真無垢だったあの頃。

懐かしいですね。



しかし、



いつまでもそんなに純粋なままでいられるわけではありません。

だんだん大人になっていくにつれて、社会のドロドロした部分が見えてきます。


つまり、何が言いたいのかというと・・・











ドキドキドン! 一年生(社会人編)




そんなの見たくない