WindowsXP 使い方解説

【壁紙の変更方法】

@「画面のプロパティ」を開く
 「スタート」→「コントロールパネル」→「画面」と選択する。
 または、「デスクトップ」の画面上で「右クリック」し「プロパティ」を選択(左クリック)

デスクトップでの右クリック画面 ←右クリックした画面

「画面のプロパティ」 ダイアログボックスが開く

 

A5つあるタブのうち‘デスクトップ’タブを選択

 ←‘デスクトップ’タブ

C 背景の中から好きな画像を選択して OKする。
C’または、「参照」 → 「ファイルを参照」ダイアログボックスが表示 → 自分のパソコン内に保存してある好きな画像を選択してOKする。


スクリーンセーバーの変更方法

@「画面のプロパティ」を開く
 「スタート」→「コントロールパネル」→「画面」と選択する。
 または、「デスクトップ」の画面上で「右クリック」し「プロパティ」を選択(左クリック)

A‘スクリーンセーバー’タブを選択


B [スクリーン セーバー] ボックスの一覧から(▼を押すとリストが表示される)
  好きなスクリーンセーバーを選択する。
 (どれかをえらんで「プレビュー」すれば、選択したスクリーン セーバーのモニタでの表示状況を確認できます。
 プレビューを終了したいときは、マウスを動かすかキーボードのキーのどれかを押します。)

C待ち時間を指定する。
 何分経ったらスクリーンセーバーを起動させるか指定して OKする。

個人の画像(マイピクチャに保存してある画像など)をスクリーン セーバーとして使用するには

「画面のプロパティ」から[スクリーン セーバー] タブを選択した後、Bの [スクリーン セーバー] ボックスの一覧から、[マイ ピクチャ スライドショー] を選択する。 [マイ ピクチャ スライドショー] では、フォルダ内のすべての画像(自分の保存している)をスクロールして表示します。
([設定] をクリックして、画像を含むフォルダの指定、画像サイズの定義、およびほかのオプションの設定を行えます。 )

・選択したスクリーン セーバーは、コンピュータのアイドル状態が [待ち時間] で指定された時間 (分単位) に達したときに、自動的に開始します。
・起動したスクリーン セーバーを終了するには、マウスを動かすか、または何かのキーを押します。

・ある一定時間アイドル状態が続くとモニタをオフにするには、‘スクリーンセーバー’タブの下方にある「電源」をクリックし「電源オプションのプロパティ」 で設定できます。


【スタートメニューの内容変更】

@「スタート」を右クリックし、「プロパティ」を選択する。→タスクバーと「スタートメニュー」のプロパティが開く。

←タスクバーと「スタートメニュー」のプロパティ

Aメニューのスタイルを選べます。

←タスクバーと「スタートメニュー」のプロパティ

 ・[スタート]メニュー (初期設定はこちら)にしておくと、Windows XPバージョンのスタイルになる。
 ・クラシック[スタート]メニューにすると、以前のWindowsのスタイルになる。

  +「カスタマイズ」をクリックし、スタートメニューに「最近使ったファイル」などの項目をプラスする事も出来る。
  ( XPでは通常スタートメニューに入っていませんが、使い慣れると「最近使ったファイル」はとても便利です。
     ↓


【ショートカットアイコン(絵)の変更方法】

<例>Windows Media Playerのアイコンを変更してみる。

@デスクトップ上の変更したいアイコンを右クリックする。

ショートカットアイコンを右クリック ← 右クリックした画面

A「プロパティ」を選択する。

B‘ショートカット’タブを選択する。



C「アイコンの変更」をクリックする。



D一覧の中に気に入ったアイコンがあれば、選択してOKする。

 個人のショートカットアイコン(知人にもらう、ネットでダウンロードするなどしたもの)に変更する場合

 「参照」をクリックし、任意のアイコンを指定する。
 

ファイルの場所を指定するボックスで、自分が保存しているフォルダを指定する。

ショートカットアイコンが変更されます。



【タスクバーの変更方法

@「スタート」を右クリックし、「プロパティ」を選択する。→タスクバーと「スタートメニュー」のプロパティが開く。
  ‘タスクバー’タブを選択する。
  (または、タスクバーを右クリック→プロパティ。)



タスクバーのデザイン等を変更する事が出来る。


【タスクトレイの変更方法】



【ポインタの変更方法】

@スタート → 設定 → コントロールパネルを開く。



A中の「マウス」をダブルクリック。

マウス

B‘ポインタ’のタブを開き、変更する矢印を選び (選択された部分は青色になる) 「参照」ボタンを押す。



Cポインタが保存されているフォルダが出てくるので、任意のポインタを選択してOKする。



 個人のポインタ(知人にもらう、ネットでダウンロードするなどしたもの)に変更する場合
  ↓
‘ポインタ’タブの右下 「参照」 をクリック。

ファイルの場所を指定するボックスで、自分が保存しているフォルダを指定する。

任意のポインタを選択してOKする。