ペイントの使い方


1.ペイントについて
   「ペイント」を使うと、絵(ビットマップ画像)の作成、印刷、保存などの操作を行うことができます。

2.起動画面


3.ペイント用ツール

(1)鉛筆ツール
   通常は、鉛筆ツールがクリックされた状態で反転しています。この状態でマウスポインタをキャンバスに移すと、マウスポインタが鉛筆になります。キャンパス上でクリックすると、その場所に黒い点が表示されます。また、ドラッグすると、その道筋に沿って黒い線が描けます。カラーボックスの色をクリックすると、鉛筆の色を変えることが出来ます。鉛筆の太さは、変更できません。

(2)ブラシツール
   ブラシツールをクリックすると、マウスポインタの形状が+に変わります。「ブラシの太さボックス」でブラシの先を、もっとも小さい点に選べますし、ブラシの先を変更して、色を帯状に塗ることも出来ます。
   カラーボックスの色をクリックすると、色を変えることが出来ます。

(3)消しゴムツール
  消しゴムツールをクリックすると、マウスポインタの形状が白い四角形に変わります。マウスの左ボタンを押したままキャンパスを移動させると、この四角形の通過した部分が消えます。「線の太さボックス」で消しゴムの大きさを変えることが出来ます。
   消しゴムの色は、カラーパレットをマウスの右ボタンで選択したら、その色に変わります。

(4)テキストツール
  キャンバスに文字を張り付けるのに使います。文字は、まずマウスポインタを張り付ける場所の対角線にドラッグし、次に文字をキーボードから入力します。文字の色は、カラーボックスから選択します。また、文字のフォントや大きさの設定は、「表示」メニューの「書式バー」をクリックして行います。日本語入力をオンに切り替えると、日本語も入力できます。

(5)選択ツール(描いた絵や文字の移動&コピー)
  描いた絵や文字を画面上で移動することもできます。ペイントツールの上から1段目右側の「四角形選択」ツールを使います。四角形選択ツールをクリックすると、マウスポインタの形が+字線の形に変わります。移動したい絵の左上から右下にドラッグして、絵を点線の四角形で囲みます。この四角形の点線枠で囲まれた絵や文字をドラッグして、マウスの左ボタンを離す位置まで移動できます。

 「編集メニュー」の「コピー」や「張り付け」を使うと、選択した領域のコピーができます。また、「編集」メニューの「切り取り」を使うと、選択した領域の削除ができます。 

(6) 色の選択ツール

左図の説明中、右または左のボタンで、色を選ぶ対象の色は、《色の選択ボタン》が押されている状態なら、色パレットの中の色に限らない。

《色の選択ボタン》が押されている状態なら、キャンバスに描かれている画の中の色(どの色でも)でも、その色を採る。

註、色の選択ボタンは、色を選んだ後、自分ボタンを離れ、直前に押していた操作していたボタンに復帰してしまうので注意すること。

(7)塗りつぶしツール
   塗りつぶしツールを使うと、線で囲まれた内側全てを、そのときに選択されている色で塗りつぶします。そのとき、囲む線のどこかが、破れている、途切れているかすると、失敗して画面全体が塗りつぶされます。

(8)その他
  ペイントツールの他のツールを使うと、直線、曲線、円、楕円、四角形などを描いたり、色を塗ったりすることができます。

4.パレットに無い色を作成する

6.絵のファイルへの保存

 「ファイル」メニューの「名前を付けて保存」をクリックすると、画像をファイルとしてディスクに保存することができます。「ペイント」で描いた絵は、保存するとファイル名の後ろが.bmpとなります。このファイルは、すぐにフロッピーディスク1枚(1.4メガバイト)に入りきらない大きさになるので保存するときは注意しましょう。
 絵をフロッピー・ディスクに保存する手順は、以下の通りです。
  1. まず、メニュー・バーのファイル(F)をクリックします。

  2. 次に、上書き保存(S)、または、名前を付けて保存(A)、のどちらかをクリックします。

  3. すると、保存する場所とファイル名とを入力するためのウインドウが開くので、フロッピーディスクを探します。
     フロッピーディスクは、マイコンピュータの中にあるので、マイコンピュータをクリックします。

  4. フロッピーディスク(Aドライブ)が見つかれば、フロピイーディスクをクリックします。
     ただし、この前に実物のフロッピーディスクをパソコンに入れて置くことが必要です。

  5. 現在保存する場所がフロピイーディスクになったら、ファイル名のところをクリックしたあと、キーボードからファイル名を入力します。
     名前の後ろの.bmpはそのままにして、前の部分を無題から、別の名前にします。

 絵の一部を保存することもできます
 まず、ペイントツールの右の列の1番上の「四角形選択」ツールをクリックして、保存したい絵の四角形領域を選択しておきます。次に、「編集」メニューの「ファイルへのコピー」をクリックします。あとは、保存する場所とファイル名を指定して、「保存」ボタンをクリックすれば、「選択した領域」の保存ができます。