赤ちゃんあるある!困った時の110番

パパが育児をするのは当たり前になりましたね。逆に育児をしないパパは白い目で見られたりする世の中になりました。
そんな私も少なからず育児を手伝っています。
もうすぐ1歳と4歳の娘を持つ38歳のシステムエンジニアの親父です。

 

このページは育児に協力するパパに向けたページにしたいと思います。
ママさんが見たらイライラすることがたくさん書いてあるかもしれません。見ないほうがいいかもしれません。
だってパパ目線の子育てページですから!

 

「当たり前だよ!」
「ふざけんな!」
等、思われちゃうかもしれませんが、これが現状のパパの子育てなのです。

 

それではトップページではパパの悩み事トップ3を紹介したいと思います。(私の悩み事でもありますが)

 

子供の自由・わがままが辛い

これは当たり前のことですが、子供の自由な行動、わがままな行動や仕草にイライラしてしまいます。
ご飯を食べる時間なのに食べなかったり、おやつばっかり食べたがってぐずったり。
そして寝る時間になっても寝なかったり。
1歳未満の場合は、ママがいなかったら泣いたり。
どうしてパパではだめなの?とイライラしてしまうことが多々あります。
子供の遊びはエンドレス。いつ終わるかわからない遊びに付き合うのも疲れてしまいます。

 

でも、それが普通の子供なのです。
そうはわかっていても、実際目の当たりにすると、怒ってしまったりして後で自己嫌悪に陥ります。

 

そーんーな時はーーー!!・・・イクメン親父の解決方法!

こんな時期はもう訪れないんだよ!あと数年したら、経験したくても経験できないんだよ!
今を大切に!この時を大切に!!!と思うようにする!

 

これにつきますね。本当にそう思います。あと10年もしたら自分にかまってくれなくなる。欲しいのはお金。そんな時期が来るかもしれません。
今だけですよ。遊んでくれるのは。泣いてわがまま言って接してくれるのは。
共にがんばりましょう!

 

育児に協力してもママに怒られる

1位とちょっと似ていますが、育児に協力してもママに怒られます。
そもそも自分の親の世代は、育児にほとんど協力していなかったと聞きます。一家の主はテーブルの真ん中にドーンとすわって構えている!ってやつです。
でも、今は違います!
会社から帰ってきて子供をお風呂に入れたり、ご飯を食べさせたり、一緒に遊びに行ったり、寝かしつけをしたり、歯磨きの仕上げをしたり。
赤ちゃんになると、おむつを替えたり、抱っこひもで出かけたり。さらに離乳食をあげたり。
これが普通のことになっています。
逆にやらない人は本当に少なくなってきたと思います。(私の会社の先輩はやっていないようですが・・・)

 

でも、これだけやってもママに怒られます。
あと一歩が足りないようです。

 

例えば、
家族みんなでデパートに行き、ママの一人の時間も必要!と思い、
「買い物してきいよ。娘と水遊びをしてるから。着替えもあるし」
と気遣って、子供と遊んで、子供が濡れたので着替えて、ママと合流。
家について、しばらくたってから
「なんで着替え濡れているのに洗濯してくれないの!カビ生えちゃうじゃん!」
と怒られました。

 

これ、何がいけなかったのか。いや悪かったのはわかります。確かにカビ生えちゃうから。
でも、「俺だけが原因?ママも濡れたこと知ってて着替えたことも知ってたのに・・・」
と思うけど言えません。火に油を注ぐことになりますから。

 

そーんーな時はーーー!!・・・イクメン親父の解決方法!

とにかくママがすることを想定して先に動く!休む暇なんてないと思え!

これにつきます。自分を犠牲にしてなんぼです。自分を犠牲にするのも今のうちだけです!
もっと妻の方が自分を犠牲にしているわけですから、それ以上自分を犠牲にしないと・・・

 

っとそれは次の話に持っていきますね!

 

妻のイライラに気を遣う

赤ちゃんの子育てで実際ママはストレスがたまっています。少しのことでイライラしてしまいます。
イライラしない人もいることでしょう。でも大抵の人はイライラします。仕事ができる人ほどイライラするかもしれません。
子供が思うように動いてくれなかったり、パパが思うように手伝ってくれなかったり。
そして一番のママのストレスの原因は、自分の時間が自由にとれないこと!です。
だからパパにあたりたくなるわけです。そんなママのイライラに気を遣って過ごすことがとてもつらいです。
イライラさせないように・・・これをこうして・・・とか。
気を遣いすぎて疲れちゃいますよね。でも妻の方がもっと疲れているのです。

 

ママの言い分はこうです。

 

「あなたはいいわよね。仕事に行けば一人の時間もあるわけだし。私なんてトイレに行くのだって自分のペースでいけない。常に娘たちがいる。一人の時間が欲しい」

 

言っていることはわかります。
でもパパも遊び感覚で仕事に行っているわけではないのです!上司に怒られ、部下は仕事ができず、自分の仕事もうまくいかずお客さんに怒られ。
色々ストレスがたまっているのです。
でも、そのこともママはわかっているのです。でもイライラしちゃってあたります。

 

そーんーな時はーーー!!・・・イクメン親父の解決方法!

ママと張り合ってはいけない!

 

これにつきます。自分の方が有利に立ちたい!自分の方が疲れている!自分の方が休みたいのに!とか自分自分になってはダメです。
子育て時期はどんなに自分が辛くても妻の方が辛いと思って行動しなければいけないと思います。
実際、私ができているかというと、できていません。すぐ喧嘩になります!
言っていることがコロコロ変わって、ロジカルじゃないので。
でも折れるのは私です。やっぱりイライラして過ごすのはつまらないですしね。

 

 

 

どうでしたでしょうか?
あなたにも当てはまることはたくさんあったのではないでしょうか?
本サイトでは他にも私の経験して身についたことを紹介していきたいと思います。
是非、参考にしていってください!

更新履歴