いくつかの音源がご試聴いただけます


- Chopin -
ショパン生誕200年
内藤 晃・話題の New Disc /ショパン≪24の前奏曲 作品28≫ 他

2010年12月01日発売

HERB-014 3,150円(税込)
ご購入はこちら (https://ssl.form-mailer.jp/fms/331fd0e267310)

収録曲目
ショパン Frédéric Chopin (1810-1849)
24の前奏曲 作品28 24 Préludes, op.28
 op.28-1(試聴あり)
 op.28-15(試聴あり)  
ワルツ 第5番 変イ長調 作品42 Waltz No.5 in A flat major, op.42 “Grande Valse”
夜想曲 第8番 変ニ長調 作品27-2 Nocturne No.8 in D flat major, op.27-2
即興曲 第3番 変ト長調 作品51 Impromptu No.3 in G flat major, op.51
幻想曲 ヘ短調 作品49 Fantasia in F minor, op.49


chopin

ショパン生誕200年。ピアノの抒情詩人・内藤晃が、往年の巨匠時代の銘器/1912年製ニューヨーク・スタインウェイ(CD368)で奏でる、ショパンの「祖国ポーランドへの愛歌」。2本のピュアなマイクロフォンのみによる究極のワンポイント録音で蘇る黄金の響きが、ショパンの魂の慟哭を見事に表現。

録音:2010年6月23日~25日 
群馬県みどり市笠懸野文化ホール[PAL]でのワンポイント録音
1912年製ヴィンテージ・ニューヨーク・スタインウェイ(CD368)使用

----
∮ レコード芸術準推薦盤

∮ 小さく美しい“気まぐれ”が集積されていく彼の音楽に、耳をそばだてずにはいられない。ふとした驚きやこみあげる懐かしさ、ほとんど傷つけられるような厳しさや、人知れず浮かぶ微笑。なんと人を集中させる音楽家なのだろうか。
(飯田有抄~ライナーノートより)

∮ 「24の前奏曲」では、徒に指だけが先走ることも、過剰に感情に流されることもなく、各曲のツボを的確に捉え、全体をサラリとスマートにまとめる手腕が光る。併録曲も方向性は変わらない。使用楽器は1912年製のヴィンテージ・ニューヨーク・スタインウェイ。その暖かな響きにも傾聴したい。
(CDジャーナル)





- Les Saisons
-

HERB-013 3,150円(税込)
ご購入はこちら (https://ssl.form-mailer.jp/fms/331fd0e267310)

収録曲目
ヤナーチェク:「霧の中で」
チャイコフスキー:「四季-12の性格的描写」
 06月:「舟歌」(試聴あり)
 12月:「クリスマス」(試聴あり)
吉松隆:4つの小さな夢の歌


lessaisons

音の叙情詩人・内藤 晃の溢れ出る優しさに満ちた四季の歌。極上の骨董家具のようなベヒシュタインの芳醇な響きで、瞬時に移りゆく季節の光と影を見事に表現した話題のディスク。
録音:2009年5月19〜21日
小出郷文化会館、新潟

----
∮ レコード芸術準推薦盤
2008年に出た内藤晃のデビューCDは、たいへんに好感の持てるものであった。そこには言うならば「心根の優しさ」とでも呼びたいものがにじみ出ている趣で、しみじみと傾聴させられた。デビュー作がスカルラッティもいればモンポウもいる、古今さまざまな作曲家の乗り合わせだったのに対し、この第2作は3人の作曲家の組曲的作品を併せた、至ってすっきりしたプログラム立てによっている。すなわちヤナーチェク《霧の中で》、チャイコフスキー《四季》、吉松隆《4つの小さな夢の歌》各全曲。初めのヤナーチェクは澄明なタッチとこまやかなニュアンスをもって弾かれ、作品の形も心もよく見えて、たいへんに素晴らしい。デビュー盤においても顕著に感じられたとおり、この人は「音符と音符のあいだにあるもの」の大切さをよく知っている。言い替えれば、楽曲の「余韻を香らせる術」を身につけているのである。この資質を今後彼が鈍らせることはよもやないであろうから、この後も私は彼に高い期待を寄せ続けるつもりだ。つづく当CDの主要曲目の《四季》。これもすでに言ったような意味で非常に好感度の高い演奏である。ただ、全体に多少すっきりと美しすぎるきらいはあるかもしれない。吉松の優しい作品にも、もとより、彼の美質はよく示されている。
(濱田滋郎)
(「レコード芸術」2009年11月号) ∮ 空気に馴染むようなピアノ・ソロ 自然で高密度な音像と静寂なホール感(田中伊佐資)
(「オーディオ・アクセサリー」2010年冬号)



- Primavera
-

XQDN1011
T-TOC RECORDS
2,800円(税込)

2008年3月26日発売
ご購入はこちら (https://ssl.form-mailer.jp/fms/331fd0e267310)

収録曲目
D.スカルラッティ
 01.ソナタ ロ短調 L.33
 02.ソナタ ホ長調 L.23
モーツァルト
 03-05.ピアノソナタ 第10番 ハ長調 K.330
モンポウ
 06.歌と踊り 第6番
フォーレ
 07.即興曲 第3番 変イ長調 Op.34(試聴あり)
 08.夜想曲 第5番 変ロ長調 Op.37
スクリャービン
 09.ピアノソナタ第4番 嬰ヘ長調 Op.30
メトネル
 10.春 Op.39-3「忘れられた調べ 第2集」より(試聴あり)
ショパン
 11.舟歌 嬰ヘ長調 Op.60


primavera

録音:2007年10月12-13日、東大和ハミングホール(01-10)2007年5月6日、杉並公会堂大ホール(ライヴ)(11)
ベヒシュタイン使用

----
∮ レコード芸術特選盤 記事はこちら
内藤晃というピアニストのことは、不束ながら、このCDをもって初めて知った。まだ23歳の彼は、現在も東京外語大学ドイツ語学科に籍を置くかたわら桐朋音大で指揮法を学んでいるとか。また、少年時代から毎年、老人ホーム、福祉施設を訪ねて演奏することをつづけており、その方面で賞を授けられてもいるという。念のため明記すれば、私はいつものとおりブックレット解説は二の次としてまずは奏楽そのものに耳を傾け、右のことはあくまで後に知ったのだが、あきらかにこの演奏には“人柄”の反映が濃い、と聴きながら感じた。すなわち、このCDには、コンクール目当てに腕ばかりを磨いてきたピアニストからは決して聴かれない、内から発する“言葉”がみなぎっているのである。選曲からして、これはあくまで、いま自分が弾きたい作品、自分なりに作曲家それぞれが込めた“声”を聴き届け得た作品ばかり選んだに違いない、と思わせるものがある。言い替えれば、ここに選ばれた18世紀から20世紀までの曲目は「詩的余韻の豊かさ」において共通している。だから、ほとんど脈絡なく並べられたように見えて、あるロジックを、ある”流れ”を感得させる。これにちなんで、ぜひ一筆せねばならないのは、ピアニストの選んだピアノがベヒシュタインであること。彼の音楽世界を創るために、このピアノの響きが必須であろうことは、理屈ぬきで伝わってくる。最後のショパン「舟歌」のみはライヴ録音となっているが、同じくピアノはベヒシュタイン。そして、”言葉”に満ちてはいても、けっして雄弁になりすぎない内藤晃の流儀は、たしかにこの名作の真髄に触れ得ている。
(濱田滋郎)

∮ 若い音楽家の台頭が目覚しい。内藤晃は1985年生まれだから、今年で23歳。栄光学園高校のときに、日本クラシック音楽コンクール高校の部の全国最高位を得て、現在東京外国語大学のドイツ語学科に通う傍ら、桐朋学園大学で指揮の研鑽を積んでいるという。スカルラッティ、モーツァルトからロマン派、近現代までを並べた、いわゆるリサイタル・プログラム。スカルラッティとモーツァルトのタッチはよく研磨され、粒立ちが揃っていてとても美しい。いや、それ以上にスピリットがあるのがいい。ピアニストの感じたものが、音や演奏からダイレクトに伝わってくるのだ。スカルラッティの《ソナタ》ロ短調L.33に込められた哀愁は色濃く、ホ長調L.23はメリハリの効いた鋭角的なリズムが楽しい。モーツァルトの《ソナタ》ハ長調K.330の第1楽章は引き締まったテンポ、熱気が籠もったパッセージと微妙に施されたアゴーギクが、演奏に生きた表情を与えている。隅々まで楽曲を理解した上での演奏であることを示唆する明晰さを持ちながら、同時に作品の内面と一体化した純粋な表現は聴き手を惹きつけてやまない。第2楽章では十分なテクスチュアの透明度を伴いつつ、余分なものをそぎ落としたシンプルな歌を聴かせ、終楽章は生き生きと弾む。モンポウの《歌と踊り》第6番の哀愁には胸に迫るものがあり、後半では若い情熱を思い切り解き放つ。フォーレの《即興曲》は歌に溢れ、スクリャービンの《ソナタ》第4番では繊細かつ詩的な感受性が認められる。メトネルの《春》の艶やかな色彩感と濃密な情念は、まさしく春の息吹そのものだ。これにより一層の洗練とスケールの大きさが加われば、インターナショナルな舞台で活躍するアーティストとなることは間違いない。
(那須田務)

∮ 内藤は85年生まれの新鋭。ワザやスタイルで突き抜けて耳目驚かせるような演奏家ではない。むしろ作品のヘソをさらり捕まえ、衒いなく音楽に耳を引きこんで魅せる。幅広い選曲はその才の証。ニュートラルで柔軟な特質が、メトネルなど近代モノでキラリ輝く。
(CDジャーナル)